2011年08月24日

草津熱帯圏その3

草津熱帯圏その3

11-8-20-9-22.JPG

草津熱帯圏の何処が凄いかと言いますと、
旭山動物園のように生物たちの特性を生かして飼っているところです。

で、もっと凄いところは、全ての生物たちが有機的に繋がっているんですね。
私が見学してたとき、子供が熱帯の鳥にちょっかい出した。
すると、鳥は大声で叫びだした。
で、何が起きたかと言いますと、園内すべての生き物たちが、叫びだして大合唱し始めた。
ワニたちも盛んに動き回ったんです。

ここでは、生き物全てが何かによって繋がっている。
そう思いましたね。

11-8-20-9-01.JPG

11-8-20-9-02.JPG

11-8-20-9-03.JPG

11-8-20-9-04.JPG

11-8-20-9-05.JPG

11-8-20-9-06.JPG

11-8-20-9-07.JPG

11-8-20-9-08.JPG

11-8-20-9-09.JPG

11-8-20-9-10.JPG

11-8-20-9-11.JPG

11-8-20-9-12.JPG

11-8-20-9-13.JPG

手に触れたりするんだよなあ。

11-8-20-9-14.JPG

11-8-20-9-15.JPG

11-8-20-9-16.JPG

ラマが、かなり身近でみられます。

11-8-20-9-17.JPG

11-8-20-9-18.JPG

11-8-20-9-19.JPG

ニホンザルは母系社会。
子供が生まれると雄は、群れから出て行きます。
雌は残ります。
つまり、雌を何頭産んだかによって、母親の政治力が決定します。

11-8-20-9-20.JPG

ウーパールーパー
昭和の遺物ですね

11-8-20-9-21.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







ラベル:草津熱帯圏
posted by マネージャー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする