2011年09月02日

3キロ圏内、愛犬生きてた=福島

3キロ圏内、愛犬生きてた=福島

http://www.jiji.com/jc/p?id=20110901211911-1311352

福島第1原発から半径3キロ圏内の一時帰宅で、愛犬のジョンと再会した岡田紀子さん。ジョンは庭の井戸水を飲み、空き巣がこじ開けた玄関から中に入って、お菓子などを食べて生き延びたらしい=1日、福島県大熊町 【時事通信社】


すごいですね!
奇跡ですね!


しかし、ペットたちは可哀想ですね。
ちなみに政府がペット保護検討したのが4.21
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042123490057-n1.htm

しかし実際に活動したのは7月中旬のたった2日間
犬5猫15しか保護できなかった

住人と動物の避難は同時に行われるのが望ましいのに
国の対応が遅すぎたらしい
保護活動してる人たちは怒っていたとか





【原発10キロ圏内取材】消えた飼い主を探してさまよう犬



せつないですねえ。
かわいそうですね。
そして、こんなレポートも

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110819/dms1108190939000-n1.htm

 防護服に身を固めてはいるが「人の匂いが分からないと犬が怖がるから」と、簡易マスクと素手のまま、さまよう犬たちを探し求め、彼は原発至近へと向かった。原発周辺にいる犬たちは、全て飼い主が置きざりにしたのではない。

 「バスには乗せられない。避難先の体育館にも連れて行けない、すぐに戻れるんだから」

と、置いてきた動物たちも多い。

(略)

 行政は獣医師たちに暫定通行証を発行し、取り残されたペット対策を行ってはいるが、捕獲作戦が行われたのは、警戒区域への通行が禁止されてから、3カ月もたってからだった。

 給餌給水を義務づけ、遺棄と虐待を禁じた動物愛護管理法に、明らかに違反した行為ではないか。大熊町で餌をあげたシバイヌの群れ、飼い主のいない家を守って私たちに牙を剥き、捕獲できなかった犬たちの運命。それを思うと、やり場のない怒りで胸が激しく痛む。

 牙を剥きながらも、私たちの車をいつまでも追いかけ続けた、あの番犬。私の頬がまた涙でぬれた。










つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特設 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする