2012年08月27日

魔法の言葉

夏になるとファミリー客が多くなるのですが、
そのファミリー客の不思議な現象について、
長い期間、分らなかったことが、先日、
ようやく理解できました。

たとえば、3連泊するファミリー客がいたとします。
そういう御客様のほとんどが、最終日に、
お子さんが、一番喜ぶことをしているんですね。

たとえば幼児のお子さんがいたら、
おもちゃ王国は最終日にもっていく。
なぜだろう?と、毎年、思っていたら、
すごいシンプルな理由だった。

 最終日に大イベントがあると、お子さんが、言うことを良くきくということだった。つ
まり、最終日のおもちゃ王国は、よい子にしている御褒美的なものになっているらしい。
これは、クリスマスでも一緒で、クリスマス1ヶ月前は、サンタクロースのプレゼントの
関係で、お子さんが、とても聞き分けが良くなるらしい。つまり「クリスマス」も「おも
ちゃ王国」も魔法の言葉ということらしい。

 うーん、これは盲点だったなあ。
 そういうことだったのか!
 うちには、子供がいないから、分らなかった。
 なるほどなあ。
 どうりで、最終日におもちゃ王国を控えているお子さんは、
 やけに行儀が良いわけですね。

 それにしても、お父さん、お母さんは、いろいろ工夫しているんだなあ。
 とっても感心しました。
 子育てというのは、奥が深いと思いました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする