2013年12月19日

私は、赤信号の間に、コンビニ弁当を全て平らげてしまう特技がある

今日は、大雪でした。

 1日、雪かきにおわれ、息子と一緒に登山できなかった。もっとも小浅間山は、スノーシューがないと登れないレベルの積雪なので、赤ちゃん用の冬山用ゴアテックスを買わないと上れない。
 しかし、探してみてわかったのですが、赤ちゃん用の冬装備なんか売ってないんですよね。
 こうなったら自作するしかないか!
 
 それはともかく、うちの息子が離乳食をはじめて1ヶ月経過。
 最近、なぜか嫁さんが食べさせる離乳食を嫌ってワンワン泣いている。
 で、様子をみてみると
「アチャー」
 と頭をかかえてしまった。
 
 嫁さんは、一度に3種類の離乳食を食べさせている。
 おかゆ・野菜煮・肉(または豆腐)である。
 そのうちの、おかゆを息子が嫌がるのだ。
 しかも床には、いろんな食べこぼしが。 
 
 むりもない。おかゆには、味が無い。野菜煮には、昆布出汁がはいっている。なのにお粥だけを食べさせて、その後に野菜煮・豆腐と進んでいるから赤ちゃんが怒り出したのだろう。もちろん私だって、そういう食べさせられかたをしたら怒るかもしれない。
 仕方が無いので、めんどくさいけれど私が食べさせることにした。
 
 まず、私の左膝に赤ちゃんを乗せ、
 自分一人で、自分の食事をむしゃむしゃ食べる。
 自分がおいそうに食べているのを見せると、
 赤ちゃんの食欲がますからである。
 これは弟で実験ずみであったから、
 息子の前でもやったら、息子はじーっと私を見ている。
 
 そして、その後にお粥を赤ちゃんに一さじ。
 その後は、私が自分の食事。
 そして、野菜煮を赤ちゃんに一さじ。
 そして自分。
 そして、豆腐を赤ちゃんに一さじ。
 そして自分。
 赤ちゃんには、ひたすら
 
 お粥→野菜煮→豆腐→
 
 のローテーションで食べさせて、その合間には、自分の食事もする。こうすると、赤ちゃんは、そのうち口を開けて待っているようになる。すると嫁さんが感心して
「食べさせ方が上手だね」
 とびっくりしていた。
 
「いや、上手とか言う問題では無いんだよ」
「どういうこと?」
「赤ちゃんだって、おかず無しで御飯ばかり食べるのはつらいんだよ。おかずと御飯は交互に食べておいしいんだから」
「でも、最初は、お粥を嫌がってなかったよ」
「それはお粥だけしか作ってなかったからさ。昆布から出汁をとった煮物を食べさせてなかったでしょ? 出汁の味を覚えた今、お粥だけ食べるという後戻りはできないんだ」
「なるほどねえ」

 というわけで、離乳食も私が食べさせるようになったが、おかげで私の食事スピードがおちてしまい、その結果、私の満腹中枢が刺激されてしまい、私の過食傾向は、なくなりつつある。
 なにせ、私は吉野家の牛丼を10秒で食べてしまう人間である。
 赤信号の間に、コンビニ弁当を全て平らげてしまう特技があるくらいだ。
 どうしても過食して太ってしまうのだが、
 最近、赤ちゃんのせいで、その特技は封印されつつある。
 
 なので、ちょっといらついている。
 
 

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:26| Comment(5) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする