2014年04月12日

大往生

また、一つ星が流れた。
私の伯父で92歳の大往生だった。
最近、こういう事が多い。
相変わらず私の息子は、生命力をもっている。
1歳2週間の生命力は眩しいくらいだ。

話は変わるが、うちの息子は、自他共に母親(嫁さん)似である。
どうみても嫁さんにそっくりだ。
私には似てない。

しかし、わずかに父親(つまり私のことです)に似ていると言う人が居る。
それが私の親である。
どういうわけか、息子のタケルが、父親の私に似ていると言っている。
おそらく現在の私の顔との比較では無く
幼児期の頃の私の顔との比較をしているのだろう。

私の子供の頃の写真と比較した画像をメールで送ってきた。
はたして、似ているのだろうか?

fcd2ad02.jpg

どっちが、どっちなのかは、伏せておきます。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする