2015年08月11日

外食される御客様に御盆時期の外食事情について説明しておきたいと思います。

 いよいよ御盆突入ですが、今回は、御盆に外食される御客様に、御盆時期の外食事情について説明しておきたいと思います。北軽井沢の8月1日から15日頃までは、どの店でも外食がとりずらくなっています。特に人気店だと、なおさらです。なので、御予約をすることをお勧めして言います。特に、ザンガラ・パンカーラ・清徳といった人気店は、当日でもいいですから御予約の電話をかけると良いと思います。

IMG_3339.JPG

 また、寿寿・マーズガーデンなどの他のお店でも混雑で、食事がとりずらくなっております。特に御家族での素泊まりの御客様が、外食に苦労されています。なので、外食されるかたは御予約されるか、早めにお店に行かれることをお勧めしております。

IMG_3346.JPG

 ちなみに北軽井沢ブルーベリーYGHの近辺で外食が出来るお店を紹介しておきます。電話番号を書いておきますので、御参考にしてください。なお、どのお店もラストオーダーが早いので、気をつけてください。

ラ・ルミエール(洋食)0279-84-3333
ママーズガーデン(洋食)0279ー84-3130
浅間牧場茶屋(洋食)0279-84-3698
フィガロ・クラシクゥ(洋食)0279-84-6553
星の子(お好み焼き)0279-84-1138
パンカーラ(南米料理)0279-84-3848
すみや(和食)0279-84-2886
広瀬(和食)0279-84-6822
寿寿(じゅじゅ・定食屋)0279-84-4324
ソニアン(洋食)0279-84-6565
古瀧庵(蕎麦)0279-84-2887
ザンガラ(洋食)0279-84-5263
清徳(中華)0279-86-2557

私のおすすめは、

パンカーラ(南米料理)・寿寿(じゅじゅ・定食屋)・ソニアン(洋食)・清徳(中華)あたりです。

IMG_3352.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ御盆突入ですが、御盆時期における軽井沢の交通状態について説明しておきたいと思います

 いよいよ御盆突入ですが、御盆やゴールデンウィーク時期における軽井沢の交通状態について説明しておきたいと思います。これから北軽井沢に来られる方は、よく考えてルートを選んで下さい。

IMG_3344.JPG


1.軽井沢は檄混みである

 当然のことですが、軽井沢は檄混みです。2時間、3時間の渋滞はあたりまえだと考えた方がよさそうです。では、どうすればよいか? 軽井沢を通過せずに北軽井沢に来た方が無難です。東京からなら藤岡インターまたは前橋インターから国道406を使って、二度上峠を経由してくることです。

 東京からだと下道の最短距離になります。道を知っている人なら高崎から80分で北軽井沢に到着できますし、私どももよく使う道です。しかも、いつも空いているために、抜け道としても有効です。ただし、冬は使用をあきらめた方が無難です。路面が凍結して大変危険だからです。そういう場合は、国道146号をおすすめします。国道146なら凍結しても、なんとかかわす事ができるからです。

 それから、この道は、30kmにわたって、タヌキやキツネ、カモシカ、猿等の住まいしかありません。途中携帯が使えないところもあります。入場無料のサファリパークのような秘境であり、コンビニも少ないです。 ですから夜間の利用は、よく考えてお使いください。ただし、この道にも、各所に温泉や見所があり、寄り道がてらなら、悪くない道です。

 その他に、渋川方面からくる方法があります。バイパスができているので悪くない選択です。もっとも渋滞の少ない道です。渋川インターから、国道353号を草津・嬬恋方面に向かって走ってください。国道353は、途中から国道145−国道144と変わりますが、とにかく草津・嬬恋方面に向かって走ってください。そして、大津の信号に達したら国道146に曲がって、北軽井をめざしてください。そして北軽井沢の交差点を通りすぎたらコンビニ(セーブオン)がありますから、その脇道(県道235号線)を右折してください。右折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

 菅平面からくる方は、国道144号を草津・嬬恋方面に向かって走ってください。鳥居峠を越えてから、しばらく走りますと大笹の信号に到着します。そこから県道235号線を右折して、ず〜っと走ってください。途中、有料道路を横切り、さらに走るとT字路にぶつかります。そこまでくれぎ北軽井沢ブルーベリーYGHは、目の前です。北陸・新潟下越地区からくる人にとって、最短距離のコースになります。

IMG_3346.JPG


2.どうしても軽井沢を経由する場合は

 どうしても軽井沢を経由する場合は、はやめに移動することです。軽井沢の渋滞を甘く見ない方が良いです。特に10時頃と、15時から18時にかけては、大渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃はガラガラですし、12時から15時までは、比較的にすいています。だから、15時前に北軽井沢に着くようにしていけば、大渋滞にまきこまれるおそれはありません。

 それではルートを説明します。軽井沢方面からくる方は、中軽井沢駅前から入る国道146号を20分くらい北上してください。渋滞してなければ、30分ほど走ると北軽井沢の交差点があります。その交差点の手前のコンビニ(セーブオン)の手前の道(県道235号線)を左折してください。左折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

IMG_3362.JPG


3.渋滞をさけるには?

 渋滞をさけるポイントは、はやめに到着することです。北軽井沢ブルーベリーYGHのチェックインは、15時からですが、御盆の渋滞の時期に限って、多少はやめに着いても、チェックインを受け付けますので、軽井沢経由してこられる方は、はやめのチェックインをおすすめいたします。冷たい麦茶をご用意してお待ちしています。

IMG_3337.JPG


4.渋滞がおきやすい道路

 軽井沢インターから碓井バイパスの交差点あたり。
 スーパーツルヤのある通り。
 国道18号。
 アウトレット付近。
 中軽井沢にあるハルニレテラス付近。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする