2015年08月27日

「群馬プレミアム宿泊券」第2期販売に関するおしらせ、こんどは全て抽選になります

まだ「群馬プレミアム宿泊券」知らないと言う方に説明しますと、これを買うと、うちの宿が半額で泊まれるという恐ろしいチケットです。5000円券を2500円で買えるので、うちの宿を半額で泊まれるのです! もし、うちの宿に泊まる予定があるならば、これを買わない手はありません!

15-7-19-01.JPG

 ただし、7月10日(金)から第1期販売を開始した「群馬プレミアム宿泊券」については、発券端末へのアクセス集中や大行列が発生したことは、すでにご承知のことと思います。そこで群馬県では、第1期販売の状況を踏まえ、9月25日(金)から販売する予定であった第2期販売分についてコンビニ販売等を中止することになりました。つまり、第2期販売では、ハガキ及び専用ホームページからご応募いただく「抽選」と、宿泊予約サイトで発行する「割引クーポン」に限定することになりました。

 また、インターネットオークションサイトでの転売を防ぐために、第2期販売では宿泊券に氏名が印字される仕組みになっており、宿泊料等の清算時には、「当選通知」をご確認させていただくこととなります。つまり転売は、事実上不可能になりました。ただし、「当選通知」を捨てないで、それを持参してしていただく必要があるので、少し面倒と言えば面倒です。

(第1期販売の場合は、これまでとうり「当選通知」の書類は必要ではありません)

 なので、今回は、前回よりも「群馬プレミアム宿泊券」を入手しやすくなっていると思います。葉書にしろ、インターネットでの購入にしろ、チャンスはありますので、ぜひ申し込んでみてください。詳しくは、下記サイトを御覧下さい。


http://gunma-dc.net/shukuhakuken2015/faq/


◆第2期は何枚販売されますか?

 紙宿泊券の額面金額である5,000円換算で合計147,000枚相当が販売されます。


◆それぞれの内訳は以下のとおりです。

 抽選(ハガキでの応募)52,000枚
 抽選(専用ホームページでの応募)51,000枚
 宿泊予約サイト(割引クーポン)44,000枚


◆1人何枚まで買えますか?

第1期販売と通算で、1人につき10枚(50,000円相当)までご購入いただけます。
なお、抽選販売は1人2件以上の応募は無効となりますので、ご注意ください。


◆個人でなく、会社単位でも買えますか?

ご購入いただけません。個人を対象に販売しております。


◆第1期販売で10枚購入しましたが、第2期販売でさらにもう10枚購入できますか?

ご購入いただけません。購入枚数は第1期、第2期通算で1人につき10枚(50,000円相当)までです。


aa-08.JPG


以下、県からきた通達の内容

◆販売方法について

第1期で実施したコンビニ販売等を中止し、以下の方法に変更します。
(1)ハガキ及び専用ホームページからご応募いただく「抽選」
(2)宿泊予約サイトで発行する「割引クーポン」


◆清算時の確認と換金請求について

第2期販売分の宿泊券をお客様がご利用になる際は、身分証明書に加え当選通知をご確認ください。また、第2期販売分の換金請求はコンビニ券と同様にお取扱いください。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベビーサークルというサークル?

 前にも書きましたが北軽井沢は秋です。うちも夕方にはストーブをつけるようになってきました。先日もTシャツ一枚といった夏の格好できたおとうさんが、ガタガタ震えていました。なので最低1枚は、長袖を用意してください。参考までに嬬恋村の気温が表示されているサイトをあげておきます。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/10/4220/10425.html

ちなみに、このサイトは、あくまでも嬬恋村の気温です。北軽井沢は、もう少し標高が高いので、これより少しばかり寒いと思ってください。

 今年は、猛暑だったと御客様は言っていましたが、北軽井沢では例年より逆に涼しかったような気がします。庭の花壇も耐寒性のないものは、枯れ始めてきました。そのせいか御客様も多かったですね。去年の数字を越えて、ここ数年で一番良かったです。それだけに、夫婦共に身体はボロボロなので、身体を元に戻すために9月になったら休刊日または、食事の無い日をつくって休むことにしました。詳しくは、こんな感じです。

http://www.kaze3.cc/index00.htm

 あと、かわいそうだったのは息子で、一日中、ベビーサークルという檻(牢屋)の中に閉じ込めているケースも多かったです。もちろんすぐに脱出するわけですが、私が「コラ!」と怒ると慌てて元にもどろうとして、ドテッと転んでしまいます。

 子連れの御客様も、うちに2歳児がいると聞いて、「誰か子守でもいるんですか?」と聞いてきます。もちろん子守なんかいるわけないので、「ベビーサークルに入れっぱなしです」と言うと、事情を飲み込めない御客様は、どこかに預けているんだなと勘違いされていました。ベビーサークルというサークル(クラブ?)があるんだと思われたようです。

15-7-25-8.JPG

 まあ、そういう誤解はありますよね。ベビーサークルというのは、檻のことなんですよね。赤ちゃんのためのサークル活動ではないんですよ。で、ベビーサークルを使うお母さんというのは、世間的に言うと圧倒的に少数派なんですよね。公園で会うお母さんたちからも「ベビーサークルに入れっぱなしです」というと、かなり怪訝な顔をされますしね。

 ただ、うちが宿屋であるために、御客様が、いらなくなった絵本やおもちゃをいっぱいもってきてくれるので、それがありがたかったです。この夏、息子が大人しくベビーサークルの中で我慢してくれたのは、御客様がもってきてくれた、絵本やおもちゃのおかげです。それらのおかげで、どれだけ助かったことか。あらためてお礼をいわせてください。9月になったら御客様が減るので息子をつれて、おもちゃ王国にでも行ってこようかと思っています。

 来年は、保育園だなあ。
 そろそろトイレトレーニングしないとね。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする