2020年08月13日

新型コロナがあっても、お盆の軽井沢は大渋滞になります

 毎年、お盆の軽井沢は大渋滞になります。新型コロナウイルスがあっても、軽井沢の混雑は例年どうりです。特に10時から12時頃と、15時から18時にかけては、大渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃と、12時から14時までは、比較的にすいています。だから、15時前に北軽井沢に着くようにしていけば、大渋滞にまきこまれるおそれはありません。

19-9-2-1.JPG

 食事をとられている御客様は、早め早めの移動を心がけ、予定より早いくらいのチェックインをおすすめしています。混み合う前に北軽井沢にいらっしてください。

 特に用がなければは、軽井沢経由で北軽井沢に来るのは避けた方が良さそうです。おすすめのルートは、国道406号を経由して、二度上峠を通過するルートです。高速で来られる場合は、軽井沢インターではなく、東部湯の丸インターで降りて、地蔵峠・鹿沢温泉経由で来るか、渋川伊香保インターで降りて国道353号を草津・嬬恋方面に向かって走った方がよさそうです。

19-9-1-15.JPG

 話は変わりますが、今年はリピーターさんだらけだったのに加えて、どういうわけか北関東の御客さんが多かったんですが、その原因がようやくわかりました。北関東各県の学校では、東京方面の旅行を控えるようなお達しがでているんですね。それで、いつもの年なら東京旅行する人が、北軽井沢くんだりに出かけたということだったんですね。でも、そうなると東京のホテルは酷い目にあってることになる。東京オリンピック関連で設備投資したばかりなのに、他県から御客さんが来ないわけですからね。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:03| Comment(0) | 日記 2013以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする