2021年09月11日

JAの食材宅配の車をよく見かけるようになってきた

 今週末は、嫁さんが息子を連れて実家に里帰りしています。なので、週末なのに食事が提供できず、予約サイトにも素泊まり限定にしていました。なので、お客さんは全員が素泊まりです。緊急事態にもかかわらず、素泊まりにもかかわらず、予約が入ってくるのは、人には北軽井沢にくる用事があって、いくら新型コロナウイルスでも、それを止めることが出来ないからでしょう。御客さんには、車で1時間の近県の人も泊まっていますから、大切な用事で北軽井沢にきているに違いありません。

 で、今日も愛犬を連れて小浅間山に散歩に行ったのですが、あすかわらず登山口には大量の車が泊まっていて、大勢の人たちが小浅間山に登っていました。国道146号も、車でいっぱいで、多数の県外ナンバーが走っていました。おそらく別荘族なんでしょうが、感染を恐れて北軽井沢に疎開にきていると思われます。

 なので、疎開を考えている別荘族の方たちに、ビジネスで北軽井沢に泊まろうとしている人たちに向けて、最近の北軽井沢の状況をお知らせしておきます。

 緊急事態宣言で、北軽井沢の何が変わっているかと言うと、レストランです。多くのレストランが休業しています。営業補償をもらえるからです。ペンションなどの宿屋には、そういう保証がありませんので、宿は空いていますが、レストランは、必ずしもそうではありません。そのうえ閉店してしまったレストランも何軒かありますので、外食がとりずらくなってきています。ですからコンビニを利用することになりがちになります。でなければ、スーパーで総菜を買うということになります。このあたりを計算して北軽井沢にくるとよいと思います。そういうことを想定して、うちの宿には、電気ポット・電子レンジ・共同の冷蔵庫がありますので、御客さんに使ってもらっています。

 あと、これは地元民が主に利用しているのですが、JAの食材宅配を利用する人たちが大勢います。とにかくJAの食材宅配を利用する人たちが増えましたね。うちの御近所さんも、奥さんの妊娠を機会に毎日配達してもらっていました。少し前までは、コンビニに車を駐めると、JAの食材宅配の営業さんからよく声をかけられました。特に嫁さんのお腹が大きいときには、毎回声をかけられたようです。コンビニ前で待ち構えるのは、賢いなあと感心したものです。





 けれど新型コロナウイルスになってから、そういう営業さんを見かけなくなったので、いまは営業どころでは無いくらいに忙しいんでしょう。うちの前にある村道にもJAの食材宅配の車がガンガン走っています。宅急便の車もガンガン走っていますね。外出すると、JAの車と、ヤマト運輸の車ばかり見かけますね。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 23:18| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする