2009年02月03日

鬼押ハイウェー通行規制が解除

http://www.jma.go.jp/jma/press/0902/03a/090203asamayama.pdf


報道発表資料
平成21 年2月3日10 時30 分
気象庁
浅間山の火山活動について
噴火警報切替え、噴火警戒レベル3(入山規制)継続
浅間山では、2日の噴火以降、噴火の発生はなく、噴火が切迫していることを示す傾斜変化や火山性地震の活動は、ほとんど認められなくなりましたが、噴煙量や火山ガスの放出量が多いなど、現在も火山活動の高まった状態が続いています。2004 年の事例では、9月1日の最初の噴火以降、約3ヶ月のあいだ中規模噴火を繰り返す火山活動が継続しました。これらのことから、今後も居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が発生する可能性があると予想されますので、山頂火口から4キロメートルの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要です。
また、風下側では、降灰及び風の影響を受ける小さな噴石に注意が必要です。
浅間山では噴火警戒レベル3(入山規制)が継続しています。

なお、今回の噴火警報の切替えにより、浅間白根火山ルート(鬼押ハイウェー)及び白糸ハイランドウェイの通行規制が解除されます。

本件担当 地震火山部火山課火山対策官 北川 03-3212-8341(内線4530)



というわけで、噴火警報切替えになりました。
ポイントは

>2日の噴火以降、噴火の発生はなく、
>噴火が切迫していることを示す傾斜変化や
>火山性地震の活動は、ほとんど認められなくなりました

というところです。
安心してよいということです。
そして

浅間白根火山ルート(鬼押ハイウェー)及び
白糸ハイランドウェイの通行規制が解除されます。

というところですね。


やっと通常モードに戻りました。

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−噴火・浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火山マニアとしては、メット被って、近くに寄りたい気持ちだが、指くわえて、、、11日に行く!10日の夜から待機!
アラスカの山も同時噴火している!何か繋がりがありのでは・・・わたしの浅間山、待ってろよ!
Posted by 進之助 at 2009年02月03日 18:58
ぜひ、トンボの湯の露天風呂に入ってください。火山礫の残骸が、今でも残っているはずです。これは内密になっていますが中軽井沢は、被害が一番大きかったところです。かすかに地面が揺れたらしい。受付のおばちゃんにヒアリングすれば、面白い話が聞けるかも。



Posted by マネージャー at 2009年02月03日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック