2009年02月16日

20世紀少年を見たのだが

20世紀少年の1章をレンタルして見たのだが、
な、懐かしい・・・。

20世紀が、懐かしい。



ちなみに、この作品は、1999年から2006年まで週刊ビッグコミックスピリッツで連載された浦沢直樹のSF漫画を映画化とたもので、原作は、第48回小学館漫画賞をはじめ、第25回講談社漫画賞、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第37回日本漫画家協会賞大賞、第39回星雲賞コミック部門、海外でも2003年にアングレーム国際漫画祭の最優秀長編賞をはじめとして多数の賞を受賞している漫画らしい。

それは、ともかくとして、
映画の方は、超B級映画でした。

しかし、その超B級なところがよかった。
実は、2章をみるために
映画館に行こうかどうしようか迷っています。

dvdレンタルまで待てそうもないなあ




つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20世紀少年は、コミックで全巻読んで大変面白かったのですが、映画は見ていません。

個人的には、漫画原作の実写化作品で面白かったものはなかった気がします^^;

ちなみに、その漫画原作の実写化作品の中でも100%コケルと言われているドラゴンボールの映画がそろそろやるみたいですね・・

まあ、ある意味興味あります。どんだけの駄作に仕上がってるのか・・・

そういえば昔、ガンダムの実写化作品で出てきたシャアは・・・酷いなんてもんじゃなかったです。
Posted by 赤い彗星 at 2009年02月13日 22:28
ひぐらしは、最低でした。
でも、デスノート・キューティーハニー・ライアーゲームは良かったですよ。
個人的にはヤッターマンに期待。

Posted by マネージャー at 2009年02月18日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック