2009年04月23日

北軽井沢と宮沢賢治

その昔、北軽井沢ブルーベリーYGHが、
もっと暇だった頃は、
御客様がゼロの時を狙って
浅間牧場を散策したものです。

浅間牧場で夕焼けを望み
自分の長く伸びきった影をみつめ、
増えていく星の数を数える。

CW016_L.jpg

すると、無性に宮沢賢治が読みたくなるから不思議です。

北軽井沢くらい宮沢賢治の世界に
ぴったりなところはありません。

aqqa001.jpg

浅間山は岩手山にそっくり。
浅間牧場は、小岩井農場。
そして草軽廃線跡は、軽便鉄道(銀河鉄道)。
夜の天丸山にはブロカニロ博士が立っているかもしれない。
そして、銀河鉄道の案内をしてくれるかも。
火山博物館には、グスコーブドリが住んでいるかもしれない。
キツネたちがひょっこり現れて
幻灯会に招待してくれるかもしれない。
その時は、迷い無くキツネの団子を御馳走になろう。

starchart.jpg

そんな気分で、浅間牧場で
星を数えるのが私のささやかな楽しみ。

(でも、御客様は絶対にまねしないでください。昨日の夜もイノシシたちが出ましたから一般の人には危険です。イノシシや熊の臭いが50メール離れていて分からない人は、絶対にまねをしないでください)

CW047_L.jpg

それにしても一人で星をみる贅沢は、
ほんとうにいいものです。
これは山小屋で大勢の人たちとみる星と全く違う贅沢。
なぜならば、一人、歌おうが叫ぼうが
誰にも遠慮がいらないから。

星が流れ、風がそよぐと、
草たちがゆれ、
まるで星たちが、
草原に息をかけているようにみえてくるのでした。

やっぱり、北軽井沢はいい!


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 16:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 北軽−浅間牧場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の智さんは詩人なのです。いいですね!
ちなみに私は宮沢賢治さんと同じ共同墓地に入る予定です。父がその墓に入っているので毎年一之江まで御参りに行きます。田中智学氏が興した日蓮系の団体ですが、不思議な団体です。むしろ私は原始仏教に近いのですが・・・
あのイギリス海岸に相当するのは、やはり千曲川の小諸か坂城あたりでしょうか。
ヨタカの星のみそさざいは北軽井沢にいるのかなぁ。
Posted by 進之助 at 2009年04月23日 21:12

しんさんも、賢治ファンでしたか。私は、花巻に50回くらい訪れている熱烈なファンです。弟の静六さんにもお会いしたことがあります。

ちなみにミソサザイは、ティンカーベルでよく冬眠していました。今なら鬼押出し園の花木園にわんさかいます。ヨダカは、星になったせいか、浅間大滝あたりにいかないと見られません。
Posted by マネージャー at 2009年04月24日 01:14
それであのレストランと同じような味付けをするのですね。
胡椒の利いた和風スープ!
Posted by e-ba- at 2009年04月24日 20:57
あのレストランって、山猫軒ですか? 私の夢は北軽井沢に山猫軒を作って、ドアが10個くらいあって、最後のドアを開くと巨大な猫がナイフとフォークを持って大きく口を開いているところに入っていく店を作ること。店内には、黄金のどんぐりが床にころがり、隣に猫の事務所があったりする。庭には、気の良い火山弾がころがっている。

http://www.youtube.com/watch?v=fviHFGsPHpw
Posted by マネージャー at 2009年04月25日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック