2009年04月29日

ヘルパーのごとく6

ヘルパーのごとく6

「高校2年生の時から居酒屋で働いてたらしいけれど、よく、お父さんの許可がでたな」
「バレた時は無茶苦茶おこられました」
「は?」

この時、ちょっと嫌な予感がしてきた。
確かに今、「バレた時は」と言ったような気がした。

あのー、もしもし、つかぬことを伺いますが」
「?」
「ここにくる事は、御両親は知っているでしょうね?」
「父には教えてないです」
「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!」

なんてこったい!
これじゃ犯罪になっちまう。

「今すぐ、御両親に連絡しなさい!」

と怒鳴っていた私の顔は、少し怖かったかもしれない。

「それにしても、娘が1週間も家を出ていたら、捜索願がでるだろう」
「いえ、父には教えてないですけれど、母は知ってます」
「・・・」

いったい、どこから突っ込んでいいのか....
なんか、宇宙人と会話している気分になってきたorz。

ari-11.JPG


追伸
その後、お父さんからは、
頑張りなさいのメールがきて、ホッと一安心。
しかし、その後、新たなる驚愕な真実が!!!


このシリーズ、さらに、つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック