2009年07月02日

たまには業界裏話3

たまには業界裏話3

続いて、飲み物の持ち込み料金について。
なぜ、宿に飲み物を持ち込むと、お金をとられるシステムが、
日本の宿泊業界に定着したのでしょうか?
これも、複雑な理由があったみたいです。
その理由は、意外なところにあるのに驚いたことがあります。

理由は、ゴミにありました。
これは宿をやるまで、想像もつかなかったのですが、
業者は、役場のゴミ回収に捨てられないんですね。
ゴミ業者と専属契約をしなければならない。

もちろん市町村によって、ケースはバラバラなんですが、
たいていの市町村では、宿泊業者は、ゴミ業者と契約して
ゴミを引き取って貰うことになっている。

で、ゴミの中で一番、かさばるのが酒なんですよ。
ビールの瓶や缶なんか、かさばりますよね。

それが嫌だから宿泊業者は、地元の酒屋と提携して、
配達と回収を地元の酒屋にさせているわけですが、
酒を量販店なんかで買ってしまうと、そうもいかない。
困った宿泊業者は、持ち込みに制限をかけるのです。
制限をかけないと、ケースごと酒を持ち込む御客様がいて、
後は、ゴミだらけになってしまうのです。

ここで、宿泊業者の本音をいうと、
1本や2本の持ち込みなんか、
どうだっていいのです。
そんなことに目くじらたてる宿はいない。(と思う)

問題は、10本や20本の持ち込みで、そういう御客様が、5組いたら
50本から100本になり、それが10日続くと、
500本から1000本になり、
回収費用が跳ね上がって経営を圧迫するのです。

それを理解すれば、御客様の方でも、
持ち込みに対する対策が立てられるはずです。

もう一回くりかえしますが、宿泊業者の本音をいうと、
1本や2本の持ち込みなんか、どうだっていいのです。
そんなことに目くじらたてる宿はいない。

なぜなら、宿側は、すべての酒の種類を御客様に用意できないのです。
だから
「おれは八海山しか飲めない」
という御客様がいたら、
「御用意できないので、持ち込んでください。4合瓶1本くらいなら冷蔵庫で冷やしてあげますよ」
と、言う気持ちはある。(あるはず)
1本や2本ぐらいなら....。

しかし、5本10本となると話は違ってきます。

そのへんを察すれば、差し入れ大歓迎の宿であっても、大量持ち込みには難色を示す理由がわかると思います。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみればブルーベリーのお茶会は差し入れ持ってくる人
多いですが、だいたい1人1本で人数重なっても3人〜4人
ぐらいだから「いろんなお酒がある」→「いろんな酒が飲める」
→その結果「お茶会の会話が盛り上がる」といい方向に
効果が出ていますね。

お酒とともにつまみなどの食べ物も持ち込んでいますが、
これも大丈夫なのですか?
Posted by マサ at 2009年07月02日 22:18
あ、もう大歓迎なので、御心配なく。酒も肴も大歓迎です。(むしろ楽しみだったりして)。それに、うちみたいに小さなところは、たくさん持ち込まれても大した量にならないですから。むしろホテルや旅館や大規模ユースホステルだと、問題がでてくるみたいですね。

でも、こういう事もあります。

北軽井沢ブルーベリーYGHで、オーケーなのに、なんで●●宿では、オーケーじゃないんだ!と、御客さまが、●●にクレームを出すと、●●の方が、血相をかかえて、うちに怒鳴り込んでくる。

つまりですね、宿といっても、いろいろあるわけなんですよ。北軽井沢ブルーベリーYGHでオーケーなことが、他の宿でもオーケーという訳ではないんですよね。まあ、こんな事は、皆さんも、がってん承知の助なことで、私が言わなくても、常識だと思うんですがね。まれに、お若い方で、御存知ないかたもいらっしゃるので、業界裏話として書いてみたわけです。

次は、かしこい利用方法や、お茶会を愉快に過ごす方法とか、知らない人と、仲良くなる秘伝について書いてみます。これも、宿主でないと見えにくい部分がありますから。
Posted by マネージャー at 2009年07月03日 01:41
そうそうコミュニケーションのあれこれ、楽しみです。
Posted by e-ba- at 2009年07月03日 14:15
まあ、大したことではないのですが。知らない人には、知っててもらいたいことなので、アップしました。


Posted by マネージャー at 2009年07月03日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック