2009年09月15日

佐久総合病院とは何か?2

佐久総合病院とは何か?2

佐久総合病院とは何か?について、つづきです。

ドクターコトーというテレビドラマがありましたが、
あれは、若き日の若月俊一に似ています。

uga991.jpg

 ところが若月俊一は、病人をかたっぱしから手術し、
 一段落ついた後に、病気を探しに行った。
 つまり顧客開拓に出かけたわけです。

 農村の中に積極的に入り込み、無医村への出張診療を行いました。
 また「予防は治療に勝る」と自ら脚本を書いた演劇などを
 セットにした出張診療をおこない衛生活動の啓発に努めました。
 そして農民の生活に密着したフィールドワークや研究をおこない、
 気づかず型、がまん型の潜在疾病の概念を確立しました。

 元マルキストの若月俊一は、理想に燃えて農村医療を追求した。
 彼は、農民の味方だった。
 しかし、そういう医療を行うと、医師たちに負担がかかります。
 病院を去っていく医師たちも多かったが、
 医師組合に「労働強化である」と突き上げもくらった。

 なんのことはない。
 マルキストが、マルキストにケンカを売られたのだ。
 左翼同士が内ゲバを行ったようなものです。

 しかし『阿弥陀堂だより』を書いた南木圭士さんは、
 左翼ではなかったために傍観したらしい。
 嬬恋村の中で最も貧しい家庭に育っていたために、
 左翼の理論闘争が、どこか絵空事のように思えてならなかったらしい。
 根っからの貧乏人にしてみれば、
 金持ち息子の理屈(左翼思想)は、
 どこか地がついてなかったように思ったのでしょうね。

 (このへんは『阿弥陀堂だより』を読むとよくわかります)
 (『阿弥陀堂だより』は原作者の自伝の臭いがプンプンします)

amidadou-2.jpg

 かといって、若月俊一をあがめるわけでもなく、
 病院経営者としての若月俊一に対して距離をとっていたようです。
 むしろ不信感さえいだいていたようです。
 (信州に上医あり―若月俊一と佐久病院 (岩波新書) 参照)

 しかし、その若月俊一観が、180度変わるのは
 南木圭士さんが、東南アジアに医師ボランティアに出かけたときらしい。

 圧倒的な貧しさを見せつけられ、次から次へと、遠方から患者がやってきて、かたっぱしから診察する南木圭士さんは、癌を発見し、「急いで病院に入院しろ」と言っても「金がない」と笑いながら去っていく患者達。癌感謝には、気休めにすぎないアスピリンを3日分、渡すと、笑顔で帰っていく末期患者達。そういう人達が、雲霞のごとく集まってくる。遠くから集まってくる。そこには、貧しかった南木圭士さんの少年時代の光景が、ありました。


「ああ、そういう事だったのか!」

と南木圭士さんが思ったのは、容易に想像できます。
そして、どんなに病気を退治しても、
これじゃ、きりがないと思ったでしょう。

「若月俊一の予報医学しかないな」

この体験が、南木圭士の若月俊一観を180度変えてしまったようです。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック