2011年03月25日

津波を乗り越える巡視船まつしま=海上保安庁提供

津波を乗り越える巡視船まつしま=海上保安庁提供



 宮城海上保安部の巡視船「まつしま」は、11日、地震発生から1時間後の午後3時47分ごろ、福島県相馬市の沖合5キロを航行中、津波に遭遇しました。このとき、乗組員が水平線から押し寄せてくる巨大な津波を撮影していました。被災地を襲った津波がいかに巨大だったかがわかります。今後、いかに対策を講じ、被害を抑えるかという-課題を投げかける貴重な記録です。

 この情報、瞬-時に沿岸住民に伝わるような情報伝達システムがこれから構築され-ていくことはできないだろうか? まあ、仙谷がいるかぎり無理なんだろうなあ。海上保安部のビデオを国家機密にしちゃうくらいだから。

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 特設 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖ではこんな状態だったのですね。本当に貴重な映像です。
それが陸についたらあんな状態に。。。。
これは本当にどうしようもないですよね。

東日本大震災:津波の範囲、知っていた 防災学習で全員無事−−岩手・宮古の鍬ケ崎小
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110320ddm041040069000c.html

ちょっと前の記事ですが、すごいな〜と思って。
既出だったらごめんなさい。
Posted by ささらー at 2011年03月29日 16:23
レスは、本文で
Posted by マネージャー at 2011年03月29日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック