2011年05月17日

草津・西の河原公園散策

草津・西の河原公園散策
別名、賽の河原・鬼の泉水と呼ばれています。



鬼は地獄(地下)から来るというイメージですね。

110514-4-01.JPG

110514-4-02.JPG


西の河原大露天風呂です。
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

110514-4-03.JPG

硫酸塩・塩化物温泉(酸性低張性高温泉)で、大きな露天風呂。奥に行けば行くほど熱くなり、手前ほどぬるいので、自分で温度調節が出来ます。特に夜はライトアップされ、星空を眺めながの入浴は最高です。

営業時間
4月〜11月 午前7:00〜午後8:00
12月〜3月 午前9:00〜午後8:00(いずれも終了30分前までに入館)

料金 大人500円、小人300円


その昔は東屋の横にある小さな滝つぼに露天風呂がありましたが、現在は更に上段に大きな露天風呂が出来たため使われていません。周辺は上信越高原国立公園であるため、昔の景観をいまだに残しています。


110514-4-04.JPG

この公園には、50度以上の温泉が毎分1万5千リットル湧き出しています。
強い酸性の温泉の為、河原に植物はありません。
唯一、湯川にはマリゴケという珍しいコケが生育しています。マリゴケは、マリモの仲間で屈斜路湖と福島の猪苗代湖の2湖のみに棲息していると言われていましたが、ここにもあったんですね。

110514-4-05.JPG

110514-4-06.JPG

110514-4-07.JPG

110514-4-08.JPG

「瑞祥の池」や「琥珀の池」など、エメラルドグリーンの美しい輝きを放つ温泉の池があります。ちなみに西の河原では、昔は、大声を出してはならないと言われていました。また斎藤茂吉や水原秋桜子が草津を詠んだ、歌や俳句が刻まれた石碑もあります。

110514-4-09.JPG

ドイツ人医学者ベルツ博士と、
その共同研究者スクリバ博士の胸像。
彼らが草津の温泉と環境を世界に広めてくれました。

110514-4-10.JPG

110514-4-11.JPG

110514-4-12.JPG

110514-4-13.JPG

110514-4-14.JPG

110514-4-15.JPG

110514-4-16.JPG

110514-4-17.JPG

小高い所にビジターセンターがあります。
ここでは、草津町周辺の自然がパネルで紹介されています。
入館は無料。

110514-4-18.JPG

110514-4-19.JPG

110514-4-20.JPG

110514-4-21.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック