2011年08月10日

碓氷第三橋梁・めがね橋

碓氷第三橋梁・めがね橋


110806-207.JPG


 碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋でアプト式鉄道時代に使われています。設計者は、1882年に鉄道作業局技師長としてイギリスから日本に招聘されたイギリス人技師のパウナル (Charles Assheton Whately Pownall)。

 実は、このパウナルが、碓氷第三橋梁・めがね橋を建築中に、軽井沢を発見し、東京のイギリス人仲間に宣伝しました。で、宣教師のアレクサンドル・クロフト・ショーたちが軽井沢で避暑をはじめたのが、今日の軽井沢に発展した原因となっています。

110806-208.JPG

110806-211.JPG


 全長 91 メートル、川底からの高さ 31 メートル、使用された煉瓦は約 200 万個といいます。現存する煉瓦造りの橋の中では日本最大規模。1993年には「碓氷峠鉄道施設」として、他の4つの橋梁等とともに日本で初めて重要文化財に指定されました。


110806-212.JPG

110806-213.JPG


なんじゃ!これは!

110806-209.JPG

110806-210.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 03:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 横川・妙義山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここにはいつも「すずめばちの巣があります」と
Posted by エバ at 2011年08月10日 08:36
すずめばちの巣があるということは、縁起が良いですね。
実は、北軽井沢ブルーベリーYGHの屋根裏にも
スズメバチの巣があったので、取り除こうとしたら業者さんが
「縁起が良いから、とらない方が良い」
と言ってくれました。
スズメバチは、毎年、巣を変えるので
うちにあった巣は、使われてないものでしたから
とらない方が良いと言われて、とっていません。
Posted by マネージャー at 2011年08月10日 12:55
なるほど!そう言えば以前のようにボランティアさんが騒いでいませんでしたね。
Posted by エバ at 2011年08月10日 13:56
使われてない巣立ったんでしょうね。
Posted by マネージャー at 2011年08月13日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック