2011年10月15日

四阿山と根古岳を縦走してきた2(根古岳編)

四阿山と根古岳を縦走してきた2(根古岳編)

11-10-14-18.JPG

美しい紅葉にうっとりしながら11時半頃に四阿山山頂に到着。
菅平牧場から四阿山までは、のんびり歩いたら2時間半。
早足なら1時間半のコースでした。
北軽井沢ブルーベリーYGHでツアーを出すなら3時間半くらいの余裕をもちたいですね。

ちなみに登山地図のコースタイムは3時間。
急登は少なく登りやすいみちのりです。


11-10-14-20.JPG

四阿山の頂上で食事をとりました。
アミノバイタル・スニッカーズ・アーモンドチョコ。
アーモンドチョコは、行動食としては、ベストな食べ物です。
ポリフェノールとビタミンEを摂取できるからです。
で、12時頃に根古岳にむかいました。
これが根古岳です。


11-10-14-21.JPG


すごい急坂を降りていきます。


11-10-14-22.JPG


このルートは、多くのガイド会社がツアーを出しているのですが、
多くのガイド会社は、なぜか私たちのたどるコースと逆コースをとります。
不思議でなりません。
逆のコースだと、逆光になるために景色が美しく見えないうえに、
このような急坂を登る羽目になるので、ツアー自体が苦しくなる。
なのに、どうして逆コースをとる会社が多いのか?
彼らは、本当に、四阿山と根古岳のことを知っているのだろうか?


11-10-14-23.JPG


四阿山と根古岳の間の草原です。
このルートで一番美しい夢のような草原です。
時間があれば、何時間もいたい場所ですね。


11-10-14-24.JPG

11-10-14-25.JPG


米子大瀑布方面もみえます。


11-10-14-26.JPG


根古岳に登り始めると、また美しい景色が次から次と変化します。
私は、この景色が好きで、このルートを何度もとおりました。
北軽井沢ブルーベリーYGHがオープンした2001年には、2日つづけてきたこともあります。


11-10-14-27.JPG

11-10-14-28.JPG

11-10-14-29.JPG

11-10-14-30.JPG

11-10-14-31.JPG


まさに黄金色の平原。
絶景に言葉も出ません。


11-10-14-32.JPG

11-10-14-33.JPG


根古岳頂上。
いつもなら団体さんで賑わっているのに、今日は誰もいない。
そういえば、ほとんど登山客にすれちがってない。
こんなにすばらしい山に誰も来ないなんて、もったいなすぎる。

11-10-14-34.JPG


四阿山が黄金色の紅葉なら
根古岳は赤い紅葉です。
両方みられる、このルートは、本当にすばらしい。


11-10-14-35.JPG

11-10-14-36.JPG

11-10-14-37.JPG

11-10-14-38.JPG

11-10-14-39.JPG

11-10-14-40.JPG

11-10-14-41.JPG


とにかく、おすすめのコースです。
なにしろ、1年で一番、すばらしい景色があるんですから。


11-10-14-42.JPG

11-10-14-43.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック