2012年03月02日

スズメとカラス

10年前、北軽井沢に移住したばかりの時は、
北軽井沢にスズメとカラスはいなかった。

ところが最近、このスズメとカラスが増えてきたのである。
スズメが増えた原因は、おそらく人間のせいであろう。
スズメは人間のいないところには存在しない。
だから北軽井沢にはいなかった。
しかし、定住者が増えるに従ってスズメも増えていったと思われる。

でも、スズメはいい。
問題はカラスである。
カラスが、うちの庭先にある野鳥のエサを
食べるようになったから困っている。













カラスは、頭が良い。
野鳥の中で一番頭が良い。
その良さは、チンパンジーに匹敵すると言われている。
だから始末に負えない。


ここで話は、大きく変わるが、ヨーロッパ旅行をしていて閉口したことは、彼らの料理に野菜が少ないことであった。特にドイツ料理に野菜が少ない。
「どうしてだろう?」
と思ったら、彼らはジャガイモを野菜にカウントしているのである。つまり彼らにしてみたらポテトチップスも野菜の一つになる。これでは食欲が出てこない。

 これがインドやネパールといったアジア旅行した時になると、今度は逆に肉がない。
 肉を食べる機会がガクッと減るのである。
 穀類と野菜しか口にできなくなるのが不満になるのだ。

 そう考えると日本人は雑食であることに気がつかされる。で、一度身についた雑食の習慣は、捨てることはできないものなのだ。肉が足りなくても、野菜が足りなくても、体が変調してくるからである。一日三十品目食べる習慣がつくと、後戻りができない。グルメというわけではないが、そのくらい食べないと体の調子が悪くなるからである。


 実は、人類がここまで進化したのは雑食のせいだと言われている。人間をのぞく類人猿で一番知能指数が高いのがチンパンジーであるが、純粋な意味で雑食なのは、チンパンジーだけである。ゴリラもオランウータンもチンパンジーほど雑食ではない。

 ちなみにチンパンジーは、集団で狩りもする。
 時には、ヒヨウさえ狩りで食べてしまうと言われている。
 だからチンパンジーは最も知能が高くなってしまった。

 これが牛のような草食なら覚えるエサの種類が少なくてすむので、知能が発達しない。肉食にしてもしかりである。しかし、雑食だとそうはいかない。莫大な種類のエサを覚える必要がある。だから知能が発達する。
 
 
 話がだいぶ遠回りしてしまったが、カラスのことだ。
 こいつこそ、野鳥最大の雑食である。
 木の実も、虫も、肉も食べる。
 だから知能が高い。

 こいつを庭から追い出すのは、かなり苦労するかと思ったが、雪弾を何発か投げて命中させることによって、以外に簡単に追い出すことができた。カラスの知能をもって北軽井沢ブルーベリーYGHの庭が危険であることを学習することを願ってやまない。そうなれば、そのカラスは北軽井沢中のカラスたちに言語で伝えてくれるから。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






ラベル:カラス
posted by マネージャー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック