2012年03月25日

須崎さんは無口 3話

今日、御客さんがいなかったので、土井君に
「来なくていい」
と言ったにもかかわらず、嫁さん連れて来た。

「二人っきりで、デートすればいいじゃん!」

と思うのは私だけ?
仕方ないので土鍋料理を振る舞うことにした。
もちろん、野菜てんこもり。
肉は無し(正確に言うと出汁用に豚バラ30グラムだけ入れている)。

代わりに揚げ・豆腐・シラタキたっぷり。
超ヘルシー野菜鍋。
それも巨大な10号土鍋で2時間煮る。

野菜は、土鍋の2倍の量を入れるけど、煮立つと小さくなる。
だからスープが野菜の出汁で濃厚になる。
もちろん野菜しか入ってないので、超底カロリー。
これだと、死ぬほど満腹になっても、300カロリーも無いかも知れない。
おまけに、健康のために御飯は無しにした。
これだと、腹一杯食べても超低カロリーなのだ。
ただし、美味い日本酒は1合だけ飲むことにする。


でも、土井君と須崎さんが、カロリー不足になっても困るので、
土井君と須崎さんにはサワラの西京焼きとフライドポテトもつけた。


ちなみに、最近、わが家は、野菜てんこ盛りの土鍋料理がブームである。これだと、どんなに食べても200カロリーくらいしかとれないので、1週間で3キロ痩せてしまった。そのせいか、無性に牛丼を食べたくなってしまい、吉野屋の牛丼屋で並を2杯食べてしまったりする。で、リバウンドしてしまうのだが、そんなことは、どうでも良いとして、土鍋をつつきながら無口な須崎さんに質問してみた。


「土井君のことを何て呼んでるの?」
「・・・・」
「どいぴー?」
「・・・・」
「きーぼう?」
「・・・・」

今日の私は、日本酒も手伝って、しつこい。
無口キャラと徹底抗戦する気でいる。
ちょうど遠藤酒造の朝しぼり(20度)があったので、
そいつをグビグビ飲みながら絡んでみた。

「分かった、けん坊だろ!」
「・・・・」

ちなみに、土井君の母親は、
息子のことを「けん坊」と呼んでいる。

関係ないが、ラズベリーYHの曽原正俊君は、
母親に「まあ坊」と呼ばれている。

曽原君の嫁さんは、曽原君のことを
「まーびー」と言っているらしい。
というか自分のことを自分で「まーびー」と言ってるという噂も聞いた。

ちなみに、うちの嫁さんは、機嫌の良いときは、私のことを
「お兄さん」
と呼んでいるが、普段はたいてい
「おじいちゃん」
である。これは、私の物忘れが酷いためである。


まあ、そんな事は、どうでもよい。
無口キャラの須崎さんは、
土井君のことを何て呼んでいるのか?
これを聞き出さない限り、一歩もひかんぞ!
と酒を食らいながら詰め寄ったら、土井君が愛(?)の助け船を出してきた。

「『ちよっとお』だね」

なんだ、つまらない。
私は、無言で袖を引っ張るだけかと思っていたのに。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 04:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちじゃあ「えーこちん」とか「しんころ」とか
都合のよい時に「えいこさん」とか「シンさま」とか
最近じゃ「ん」「んん」ですべて済んでます。
土井家ももうその域に達しているのかも。

そうそう若い兄さんから「姉さん」って呼ばれるのは心地よいですよ。
古い年上の友人はいまだに「えいこちゃん」ですからね。
「そうかあ、えいこちゃんもシニアになったか・・・」などと。
Posted by エバ at 2012年03月25日 17:43
野菜鍋…良さそうですねぇ。
しかし、昨今、野菜がまだ高いからなぁ。安くなる頃には、鍋シーズンじゃなくなりそうな…。

ところで、我が家は、ダンナはんのことは、「ろも」と呼びます。
「とも」が転訛したものとお考え下さい。
ダンナはんは、私のことを、「ブヨッキー」又は、「M2号」と呼びます。
「ブヨッキー」というのは、私の体型から、そう呼びます。
なので、私は、捻りがないけれど、ダンナはんのことを「デブッキー」と呼び返します。
また、「M2号」というのは、ウルトラQに出ていたらしい、M1号という人造人間に私が似ているからだそうです。
私ばかりが、ストレスのたまる呼び名っつーのは納得がいかないので、ダンナはんにも怪獣ものの呼び名を呼び返してやりたいのですが、私は、ウルトラ怪獣系に疎いもので、妙案が浮かばないのが、癪です。

…いいですねぇ…。
新婚の頃は…。
年数が経つと、ロクな呼ばれ方をしなくなるものですねぇ…って、ウチだけか…。
Posted by みわぼー at 2012年03月25日 23:22
エバさん

最初は名前で呼んでいても、年月がたつと、変わってきますね。
そして、機嫌にあわせて、いろんな呼び方になってしまう。



みわぼーさん

M2号は、びどいなあ。と思ったけれど、これは相手がM2号を知らないという前提で使っていますね。どうせなら列車に例えれば、もっと分からなかっただろうに。まあ、なんです。相手が分からないキャラで言い返してみては?
Posted by マネージャー at 2012年03月26日 23:34
マネージャーさん

余談ですけれど…。

いや、実はですね。
TVK という、テレビ神奈川で、つい先日まで放映されていた「ウルトラゾーン」という、ウルトラ怪獣たちでコントを作るという番組があるんです。

それに、例のM1号が出ていて、ダンナはんが、狂喜爆笑して、「ブヨッキー、見ろよ!!あれ、ブヨッキーそっくり!!」と、別の作業中の私をテレビの前に連れてきて、に紹介?したのです。
なので、知ってるのです!!
M 1号の容姿を!
以来、メールの宛名がM2号…。

なんつーか、小学生男子(掃除を女子に押し付けて憎まれ口叩いて帰っちゃう系)と暮らしているようです…。

それにしても、さすが、マネージャーさん。
M1号、ご存知なんですね〜。
Posted by みわぼー at 2012年03月28日 06:40
うわわわわわわわわわ、酷い!
これは酷い!
全力で「この鉄野郎」と言い返しても良いレベルですね。
Posted by マネージャー at 2012年03月29日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック