2012年03月27日

須崎さんは無口 5話

須崎さんは無口 5話

最近、北軽井沢ブルーベリーYGHの御客さんは、無口な人がもてる。

無口な人が、なぜもてるのだろう?
ひょっとして無口ブームがきたのか?
無口がトレンドなのか?

という疑問は、さておいて、無口な須崎さんは、車の免許証をもっていながら運転が出来ないらしい。

「運転は覚えた方が良いぞ」
「・・・・」
「昔、俺が埼玉の春日部に居た頃に、近所の友人の車の練習を教えたんだよ」
「・・・・」
「開店前のスーパーの駐車場を何時間もグルグル回るんだけどね、あんまり単調なんで眠たくなるんだ」
「・・・・」
「で、助手席でウトウトしているとギャーという叫び目を覚まし、あやうく激突するところだったりする」

この時、須崎さんがクスリと笑った。
思わず勝った気がした。

「ほら、喰え! 鍋をもっと食え!」
「・・・・」

私は、鍋の残り。
栃尾揚げの一切れと、残り汁を須崎さんの茶碗にぶちまけた。
須崎さんは、またクスリと笑った。
また勝った気がした。


どうでもいいが、須崎さんを見ていると、学生時代の無口な友人を思い出す。
どういうわけか、学生時代の私のまわりには無口な奴が集まってきた。
別に私が無口が好きなわけでは無く、
むしろ嫌いな方なのだが、
どういうわけか無口な奴が集まってくるのだ。
で、旅行とかキャンプといった行事になると、いつのまにか無口なのだけが周りにいる。

隣のテントでは、ドンチャン騒ぎしているのに、
私のテントは静かすぎる。
それでは、何かむかつくので、

「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス」

という事になるのだ。
この癖が、歳をとっても抜けなくなり、
ユースホステルを使った旅にも発揮するようになる。

まあ、その話は、また後日。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:26| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくしゃべる人の傍にいると、聞いているだけでしゃべらなくていいから楽ですね。
Posted by 進之助 at 2012年03月28日 07:16
でも、無口な人がしゃべるようになる例もあります。
Bbのお客さんの中にもね。
ぶすっとしてた人がだんだんにこやかになり、
手を降ってさよならしてく・・・!
Posted by エバ at 2012年03月28日 15:31
「須崎さんは無口」シリーズ一気に読みましたが、
「須崎さんて長門っぽい・・・」って思ってしまったw
Posted by 赤い彗星 at 2012年03月28日 21:58
長門っぽいって?
Posted by 進之助 at 2012年03月28日 23:07
進之助さん
エバさん
赤い彗星さん

須崎さんは、無口というより、ちょっと変わっているかもです。
でも、変わっているのは、土井君も一緒なので、おたがいさまですね。
ちなみに「長門」というのは、涼宮ハルヒに出てくる統合思念体のことです。
涼宮ハルヒは、面白いので、ぜひ見てください。
「うる星やつら」ぽいアニメです。

Posted by マネージャー at 2012年03月29日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック