2012年05月19日

沢渡温泉

 沢渡温泉と言っても上高地の温泉のことではありません。
 群馬県の秘湯の方です。

2012-5-12-20.JPG

2012-5-12-21.JPG

 沢渡温泉は、約800年前から自然噴出している天然温泉。湯は、50年以前の雨水が地中深く浸透し、40年以上の長期間流動しながら有効成分を取り込み、熱水化して55℃以上の温泉となって噴出しています。

 沢渡の湯は、草津の治し湯とも言われています。無色透明の硫酸塩泉で肌ざわりが軟らかく、入り心地のなめらかさは元祖美肌の湯とたたえられています。この泉質を知る人は、遠方からきます。治療に温泉を利用した沢渡温泉病院もあり、泉質の良さはお墨付きです。

2012-5-12-22.JPG

2012-5-12-23.JPG

2012-5-12-24.JPG

 源氏木曾義仲、源頼朝も、この沢渡の出湯で疲れを癒したと伝えられています。高野長英(蘭学者)、福田宗禎(医者)、若山牧水(文学者・歌人)ら多くの文人墨客にも愛されてきました。しかしその最盛期、昭和20年、大火災に見舞われ温泉地はほぼ壊滅状態。しかし昭和34年、沢渡の湯は「肌を美しくする湯」としてよみがえりました。

2012-5-12-25.JPG

2012-5-12-26.JPG

2012-5-12-27.JPG

2012-5-12-28.JPG

2012-5-12-29.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







ラベル:沢渡温泉
posted by マネージャー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック