2012年11月20日

重要文化財 妙義神社

12-11-18b-01.JPG
                  
  妙義神社が創建されたのは、今から約1500年ほど昔、宣化天皇の二年(537年)のこと。もとは「波己曽神社」(はこそじんじゃ)だったものが、後に「妙義神社」になりました。ここには、日本武尊をはじめ、豊受大神・菅原道真公・権大納言長親卿らが奉られています。江戸時代には上野東叡山宮御兼帯の社となって、皇室の厚い崇拝を受けるなど、古くから格式の高い神社といえます。

御祭神
  日本武尊
  豊受大神
  菅原道真公
  権大納言長親卿

12-11-18b-02.JPG

12-11-18b-03.JPG

創建は宣化天皇2年(537)。
や神社境内にある樹齢200 年余りのしだれ桜が見事です。
たびたび大河ドラマのロケ地として使用されています。

12-11-18b-04.JPG

12-11-18b-05.JPG

関東一の総門。高さ12メートル。切妻造りの八脚門。重要文化財。

12-11-18b-06.JPG

12-11-18b-07.JPG

12-11-18b-08.JPG

12-11-18b-09.JPG

12-11-18b-10.JPG

12-11-18b-11.JPG

本社。三百数十年前に建造された。県指定重要文化財。
上毛の日光と言われるほど見事な彫刻があり、
柱の金箔の龍や、羽目板壁の鳳凰は圧巻。

12-11-18b-12.JPG

12-11-18b-13.JPG

12-11-18b-14.JPG

12-11-18b-15.JPG

12-11-18b-16.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 横川・妙義山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック