2005年07月30日

大阪のオッサン、おそるべし!

大阪のオッサン、おそるべし!

 さて、ここで私は恐怖のお好み焼事件を語らなければなりません。そうです。あれは10年前の夏のことでした。大阪のとあるお好み焼屋さんで、お好み焼を焼いていると
「なんで潰すんじゃ!」
と見ず知らずのオッサンがいいがかりをつけてきました。

「あんちゃん、東京もんか?」
「え? ええ、まあ・・・・」

 どういうわけか大阪の人は、共通語を話す人を『東京もん』と決めつけますが、出身が新潟であろうと、住所が埼玉だろうと、むげに否定しないのが東日本人です。それをいいことに大阪のオッサンは、どんどん突っ込んできました。

baceon13.jpg

「やっぱり東京もんか、そうやろうな、そうやろうな、ぜんぜんお好み焼の食べ方知らんもんな」
「はあ?」
「お好み焼というものはな、ペタペタと潰してはいかんのじゃ!」
「だって、そのほうが面積が大きくなって量が増えたような気がして・・・・」
「ちゃうちゃう、そんなもんお好み焼とはちゃう。お好み焼は分厚く焼くのが基本なんじゃ。ああ、そんなヘラの使い方しよって、ほれ、おっちゃんに貸してみい!」

 こうして見知らぬオッサンは、たのみもしないのに私のお好み焼を勝手に調理を始めました。そして、ヘラの使い方、油の使い方、ソースのかけ方など長々と講釈をおこない、そのうえ

「うまいか? うまいだろう?」

と脅迫するような目つきで迫ってきました。もちろん「不味い」とは口が裂けても言えませんから「美味しいです」と答えると、

「そうだろう、そうだろう」

と会心の笑みをうかべ、

「おねえさん、ビール、このテーブルに持って来てや、金は、わしのレシートにつけといてな」

とビールをおごってくれました。

12112o.gif

 そしてタバコをプカーとうまそうにふかして言うのです。

「ま、お好み焼なんて、どんな食べ方してもいいんだけどな」

 どんな食べ方してもいいなら、
 人の食べ方にケチつけるなよ〜と思いましたが、
 ビールをおごってくれているので、
 私は大人しく頭をさげまくりました。

 大阪のお好み焼屋、おそるべし!
 大阪のオッサン、おそるべし!


よろしければブログの人気投票願をどうぞ

続く


posted by マネージャー at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | なつかしい色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック