2013年05月15日

赤ちゃんがやってきて、何に驚いたか?

 赤ちゃんがやってきて、何に1番驚いたかというと、 2日に1回しかウンチをしないことです。こんな話聞いたことがありません。これは絶対、嫁さんの食べ物のせいだと思った私は、今後ずっと私が食事を作ることにしました。
 とりあえず、肉野菜炒めを作って食べさせてみました。もともと私は中華料理をやっていたので、こういうのは得意です。最初はキャベツとピーマンのピリ辛肉炒め。次はもやしと人参とニラの肉野菜炒め。必ず魚や漬物も食べさせました。納豆も豆腐もです。そしたら翌日から、赤ちゃんは毎日ウンチをするようになりました。効果的面です。家内は体重を気にしていたようですが、子供のために太りなさいと、説得している最中です。何せ今は出産前よりも体重が減っているわけですから。

 そんな事はどうでも良いとして、ここからが本題です。

 赤ちゃんがやってきて、 2番目に驚いた事は、ベビー用品が私の知っているものと全く違うことです。今のベビー用品は、先端技術の集合体みたいなものですね。哺乳瓶は熱湯消毒しなくても良くなっているし、沐浴のための入浴剤も進化していて、沐浴が簡単になっていますし、オムツに至っては、濡れるとリトマス紙のように青くなります。授乳も楽にできるように工夫されたクッションがあります。

 これに比べると、私の知っている昔のベビー用品なんかは、
 石器時代に毛の生えたようなものです。

 ただし、赤ちゃんの対処方法などは、昔の方が今よりも進化していたような気がします。なぜならば、義理の母や私の方が、赤ちゃんはぐずらないからです。やはり変な理屈(流行している子育て理論)がインプットされてはいけませんね。機会があったら、それについてここでも書いてみましょう。

 あと、沐浴のための風呂桶だけは、昔から変わってないですね。腰の悪い私はこれでは腰が痛くなるので、立って沐浴するための台を作りました。お湯はシャワーのホースで補給します。息子の頭は非常にでかいので、私の手のひらでも両耳を塞ぐことができませんので、夫婦の共同作業になります。その作業が病院の手術台のようになっているので、これを我が家ではオペ室と呼んでいます。そろそろオペの時間なので、ここらで失礼いたします。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 09:16| Comment(4) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベビーバスは床に置くと腰にきますよね…私も台の上で沐浴、テーブルに着替えとタオルを用意したのでずいぶん楽にできました。
うちの子は日に2〜3はウンチをしました。母乳メインにしていたので、食事を気にしなくても、みるみる私の体重は減っていきましたよ。ただ、乳管が詰まり乳腺炎になりやすくなるため、動物性の油は摂りすぎないようにしました。真夏だったので水はいくら飲んでも足りませんでしたけどね。
たまにお母さん自身が母乳(1〜2滴)の味見をするとよろしいと思います。食事の中身が大丈夫かどうか、それでわかります。
Posted by あんみつ at 2013年05月15日 21:53
そのうち、ここの記事が子育て日記に変わるかも?
Posted by マサ at 2013年05月16日 00:10
あ〜〜〜〜びっくりしたぁ!!!!!!
生後2か月の赤ちゃんにピリ辛炒めを与えたのか!?と勘違いしちゃいました(笑)
昔ながらの赤ちゃんの対処法、興味あります。楽しみにしていますね!
Posted by まる at 2013年05月16日 00:20
あんみつさん

そうそうベビーバスは改良の余地があると思いますね。
なにせ40年前から全く変わっていませんから。



マサさん

いやいや、そんなことはありません。
今に分かると思いますが、
そのうち生物学に入っていきますから。
自然ガイドをやるものとして、
人間と他の野生動物の対比を観察するのは、とても大切なことです。



まるさん

リクエストがあったので、今日、ちよっと書いときました。

Posted by マネージャー at 2013年05月17日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック