2013年07月29日

湯の丸高原の花めぐり

今回は、湯の丸高原の花めぐりツアーです。
夏の湯の丸高原は、花がいっぱい。
何年か前に、さかんに、このブログであっぷしましたね。
しかし、今年もたくさんさいているようです。

13-7-28-01.JPG

13-7-28-02.JPG

13-7-28-03.JPG

13-7-28-04.JPG

13-7-28-05.JPG

13-7-28-06.JPG

13-7-28-07.JPG

13-7-28-08.JPG

この花に昔、蛍を入れて『提灯だ!』と遊びませんでしたか?
今じゃ、そんな贅沢な遊びは無理です。
13-7-28-09.JPG

女性をもっとも褒めるときに使いますね。
13-7-28-10.JPG

13-7-28-11.JPG

13-7-28-12.JPG

わかりにくいですが、一面花だらけ
13-7-28-13.JPG

13-7-28-14.JPG

13-7-28-15.JPG

13-7-28-16.JPG

この花のようだと言われたら
『おたかくとまっている』という意味。
で、このトンボもお高くとまっていますね。
13-7-28-17.JPG

13-7-28-18.JPG

13-7-28-20.JPG

13-7-28-21.JPG

13-7-28-22.JPG

13-7-28-23.JPG

13-7-28-24.JPG

13-7-28-25.JPG

これって木なんですよね。
13-7-28-26.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 21:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 鹿沢−烏帽子岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花の山は本当にいいですね。何度行っても飽きない。
季節が違えばまた楽しいし。
新しい知らない花と出会うと帰宅してから花の図鑑と格闘してます。
高価な分厚い花の図鑑でもわからない花がまだまだあります。
Posted by eba at 2013年07月30日 21:16
花の山は本当にいいですね。何度行っても飽きない。
季節が違えばまた楽しいし。
新しい知らない花と出会うと帰宅してから花の図鑑と格闘してます。
高価な分厚い花の図鑑でもわからない花がまだまだあります。
Posted by エバ at 2013年07月30日 21:17
実は、湯ノ丸山より、こっちの方が、マニアの人気が高いのですね。メジャーな、湯ノ丸・四阿山に対して、隠れた人気をほこる烏帽子・根子岳だったりする。烏帽子は、途中の稜線まででも楽しいので、私は、よく稜線で引き返します。
Posted by マネージャー at 2013年07月30日 22:25
途中の稜線、風の通り道なので、気持ちが青空に舞うのです。
Posted by 進之助 at 2013年07月31日 15:34
いいこと言いますねえ。
そのとおりですよ。
Posted by マネージャー at 2013年07月31日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック