2013年07月31日

浪花節だよ人生は

 ちょっと前に、日本プラスターという会社から電話がかかってきました。
 そうです、あの漆喰の会社です。
 義理の母親の住んでいる実家の壁を漆喰で修繕したのですが、
 結構うまく塗れたので、このブログでも紹介し、
 漆喰メーカーの日本プラスターのホームページにも、出来上がり具合を報告したわけです。
 そうしたら、社長から直々にメールが届いたのです。
 そういうことが以前ありました。

2013-6-28-08.JPG

2013-6-28-14.JPG

 で、この話はこれで終わるはずだったのですが、そうではなかったのです。

 今度は社長から直々に電話がありました。おどろきましたね。用件は、ラジオ番組に出てくれないかと言う話です。それも小さなFM放送ではなく、日本放送とかの大手のラジオ番組です。びっくりしましたね。まぁそれはどうでもいいとして、日本プラスターの社長さんは、とても好感の持てる経営者だなと思いました。というのも、私に何度も、

「社員のモチベーションが上がりました」

と言ってたからです。会話の中から、社員を思う気持ちがにじみ出ていましたね。
 こういうのは、いいですねぇ。
 私も中小企業で、十何年も働いていましたから、中小企業で働く社員の気持ちがよくわかります。中小企業だと、社員のほうは、社長が何を考えているのかと言うことが分かっちゃうんですよね。なんとなく、気持ちが伝わちゃう。社員のモチベーションなど考えもしない社長がいると、すぐにわかっちゃう。私が前勤めていた会社は、そういうところでした。だから脱サラした訳ですが、脱サラするまで10年以上かかった理由は、先代の社長や専務の人情に負けて、どうしてもやめられなかったからです。

 まぁそんな話もどうでもいいとして、ああいう会社は伸びると思います。
 日本プラスターだけではありません。
 そういう会社は日本中にたくさんあると思いますね。
 だから、そういう会社があったら応援してあげた方がいいですね。

 具体的に言うと、良いものがあったら積極的に会社のホームページに、
 感謝のメールを送った方がいいかもしれませんね。
 ものづくりに一生懸命な会社なら、絶対に励みになると思うんですよね。
 実際自分も中小企業で働いていた時は、お客様に感謝されると、必要以上に働いちゃいました。
 まぁそれは、宿屋のオーナーになっても変わりませんがね。

 実際、私は宿屋のオーナーになった当初は、こんなにサービスは良くなかったです。お客さんが、いい人すぎて、たくさんの感謝をもらって、私は生まれ変わったんです。御客さんが私を調子に載せるもんだから、どんどん後戻りできない宿になってしまいました。サービスは、 1回レベル上げると絶対下げられませんからね。だから、うちの宿は、本来のユースホステルの姿と大きく様変わりしていると思います。

 話がどんどんずれてしまいましたが、まあ要するに、うちの宿は、お客さんに褒められて育ったような宿だということです。そういうことを言いたかったわけです。

 それを思うと、世の中を良くしていくためには、良いものがあったら褒めるという習慣を私たち一人一人が、持っていた方が良いのかなぁと思いました。人間というものは、クレームを言う事はあっても、あまり褒めるということはしません。逆に言うと、良いものはどんどん褒める、そういう人たちが世の中にあふれるようになったら、世の中は少しずつ良くなっていくかもしれませんね。

 ここで思い出すのが、吉田松陰です。彼は、たった3年間の間に、 6畳1間の教室から大量の偉人たちを作り上げましたが、彼の教育方法というのが、良いところを褒めるという教育方法でした。

 ところで、日本には教育の三大聖地というものがあります。
 一つは吉田松陰の塾。
 もう一つは、池袋の近くに作られた児童の村小学校。
 もう一つは、この北軽井沢です。

 北軽井沢の法政大学村から、きら星のごとく有名人が輩出しているわけですが、別に学校があったわけではありません。別荘の子供たちが、なんとなく集まって勉強会をしていただけです。

 ちなみに児童の村小学校は、よく北軽井沢で合宿をしていました。この児童の村小学校は、一応学校という形にはなっていますが、北軽井沢の子供たちの勉強会と同じく、何も教えない学校です。要するに全く勉強し得ないという、現代の視点で見るとちょっと信じられない学校です。しかしこの学校から、大学教授とか、有名人が大量に出ています。それもほとんど例外なくです。まれにある例外は、戦争で死んだケースです。勉強を教えてないのに、みんな勉強ができる子供になってしまったのは、なんという皮肉でしょうか?

 この辺を解明すると、何かが見えてくるはずです。
 現在その解明はほとんど行われていません。
 なぜ北軽井沢や児童の村小学校が、奇跡的な教育効果をもたらしたのか、まだ謎のままです。

 ただし、吉田松陰のケースは、徳富蘇峰などにによく解明されて、その教育方法はよく知られています。興味のある方は徳富蘇峰の吉田松陰を読まれると良いと思います。司馬遼太郎の「世に凄む日々(吉田松陰が主人公)」なんかは、徳富蘇峰の吉田松陰が、タネ本ですからね。

 徳富蘇峰によれば、吉田松陰は教育者として致命的な欠陥を持っていたそうです。普通教育というものは、卵をあたためてやり、ヒナをかえしてやり、餌を与えて少しずつ大人にさせていく作業です。しかし吉田松陰は、そういうことを全くせずに、卵なら卵なりの生き方を見つけてあげる。雛なら雛なりの生き方を見つけてあげる。そういう先生だったそうです。つまり褒め上手だったと。

 話は、かわりますが、私の属している某団体には、ホームページが無かった。金のない団体だったので、長い事ホームページが無かったんです。で、私がボランティアで作ることになった。もちろんボランティアで作るから無報酬です。経費もかけません。年間のレンタルサーバー代が、たったの千五百円。これにドメイン代だけ。まさに最低の金額です。これが、ちかごろ、ようやく完成したわけなんですが、会議で感謝されて人件費を払いたいと言われた。

 当然の事ながら受け取りを拒否したのですが、私がトイレに入っている隙に、支払うことを可決してしまい、払うことを通達されてしまった。こういう事をされると、感激屋の私は、この人達のためにと、余分な力をだしたくなってくる。
 今、夏で一番忙しいのだけれど、自分のことをさしおいてでも、やってあけぜたくなる。日本プラスターの社長さんのお手伝いだって、そうです。これから忙しいのだけれど、ああいうお電話をもらうと手伝いたくなってしまう。まあ、これは私の悪い癖なんだけれどね、どうしても浪花節的な方向に流れてしまうんだよねえ。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしいおはなし!!! 
いいなぁ

この社長さんの下で働いてみたいって思いました。

ラジオにでられるときは、絶対におしらせしてください。

まねじゃーさん ありがとう!
Posted by ささらー at 2013年08月02日 06:59
まあ、どうなるかはわかりませんが
きまったらお知らせしますね
Posted by マネージャー at 2013年08月02日 08:11
ああ、本当にその通りです。
クレームばっかり届くようでは、仕事そのものに誇りがもてません。
よいところは、どんどん褒めて、その仕事をしてくれた人にも、周囲の人々も、「ここは、こういうところが素晴らしいよ!」と、伝えていくべきだと思います。

ネット社会の時代は、個人個人が発信元になれます。
できることなら、誰かの中傷誹謗に使うんじゃなくて、できるだけ良い面を広める為に使いたいものですよね。

Posted by みわぼー at 2013年08月08日 16:50
ですよね。
本当にそう思います。
ケチばっかりつれていると、人間はけちくさくなりますよ。
北風と太陽とは、よくいったものです。
松下幸之助さんは、パナソニック最大の危機の時に、
相手(小売店たち)を責めず、逆に褒めたといいますからね。
Posted by マネージャー at 2013年08月08日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック