2014年02月07日

北軽井沢が舞台の漫画「銀のニーナ」を読んだ

北軽井沢が舞台の漫画「銀のニーナ」を読んだ。

 うさぎドロップの北軽井沢版みたいな話だと聞いていたが、そうではなかった。むしろ映画「ジャージの二人」に近い。ストーリーは無い。だから読む人にとっては、退屈で面白くないかもしれないが、地元民の私にとっては、最高に面白かった。なにしろ北軽井沢の実際の場所が、そのまま出てくるからである。これを書いた作者は、絶対に地元民だと断言できる。ここまでリアルだと地元民で無いとかけない。

 ちなみに読む前は、銀(ぎん)のニーナだと思っていたが、本当は『銀(しろがね)のニーナ』だった。で、『銀亭(しろがねてい)』が舞台である。銀亭の息子(27歳叔父)と10歳の姪(ニーナ)の話なのだ。
 
 ここまで書けば、地元民なら分かるだろう。地元をよく知らなければ、この本が書けないことが。ちなみに絵の一つ一つが、リアルで面白い。スイーツ・カフェ・ド・フルミエールのケーキまでが、本物そっくりに書かれているし、栗の木プラザも、グリーンプラザホテルも、はたまたバラギ湖までリアルに描かれてある。もちろん背景の四阿山もばっちりである。万座鹿沢駅もリアルだった。

gi01.jpg

gi02.jpg

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック