2005年05月25日

日本酒「はなもも」の正体

日本酒「はなもも」の正体
私にとって忘れがたい日本酒は、5年前に飛騨古川で飲んだ、和飲酒「はなもも」です。詳しくは、

http://www.sake-hourai.co.jp/

に紹介してありますが、はっきり言って、これを日本酒と認めていいのかどうか? よく、ワインのようなフルーティーな味という表現の日本酒がありますが、

「なんじゃワインそのものやんけ!」
「いや、ジュースそのものじゃ!」

という声が聞こえてきそうな味です。

hana02.gif


 上善如水のような味ではなく、本当にジュースを飲む感覚におちいります。人によっては、日本酒と認めない日本酒党もいます。まさに邪道! 日本酒の限界を超えた日本酒・・・・というか、もう味が日本酒ではないですね。

 さらにゆるせんのは、この片野酒造さんは、「はなもも」のスパークリングワイン、いやちがった、「はなもも」のスパークリング日本酒を造っているところですね。いったい何を考えとるのか?

hanamomo.jpg

 実は、このスパークリング日本酒を最近飲んだんですが、日本酒党たちは、非難囂々でした。そのくせ、みんな3分で1本を飲み干してしまった。非難しておきながら、実に上手そうに飲み干し、瓶の底に、かすかに残った1滴1滴をぺろぺろなめていました。そして、

「もっと無いのか?」

とお代わりを要求する始末。無いとわかると瓶をぺろぺろ嘗めだすこと。いやはや、なんとも行儀の悪い奴らだこと。しかし、「はなもも」には、そういう魅力があるんです。ただし、日本酒好きの皆さんの口に合うかどうか・・・・・。

よろしければブログの人気投票願をどうぞ




posted by マネージャー at 19:39| Comment(4) | TrackBack(1) | なつかしい色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、はじめまして。
トラックバック有り難うございます。
「旨い日本酒を飲もう!」の山輝亭です。

マネージャーさんは北軽井沢なんですよね?新潟の日本酒もいいですが、長野の日本酒も負けていないので、是非夕食に提供をして下さい。

軽井沢近辺だと、「佐久の花・大吟醸&純米吟醸」、千曲錦の「帰山・参番純米吟醸生」なんかどうですか?
上記佐久の花は非常にフルーティーですし、帰山は白ワインのような印象で、日本酒とは思えない造りになっていますよ。
Posted by 山輝亭 at 2005年05月27日 23:52
TBより飛んできました(w
確かに「鈴音」もそうですが日本酒というにはチョッと違うものが多いですよね。
あたしの場合は料理や飲ませる相手によって、お酒を選んでます。
今度「はなもも」を試してみますね。

トラックバックありがとうございました。
Posted by べるべる at 2005年05月28日 14:08
トラックバックありがとうございました。我々暴飲族としては、どんなにうまいと言われる酒でも、にごり酒や微発泡の日本酒などの邪道系は苦手なので「花もも」は口に合わないと思いますが、正統派でおいしいお酒があったらぜひ紹介してください。

でも、なんだかんだ言って、目の前に出されたらゴクゴク飲んじゃいそうですが。
Posted by あ@暴飲族 at 2005年06月04日 09:56
トラックバック有難うございました。
ワインのようなお酒ということで読みに来ましたが、
私の係わっているところで造っているお酒は、
別の意味でワインのようなお酒です。
無濾過生原酒でありながら、月日が経つほどワインのように熟成していきます。
これからもよろしく。
Posted by いろんなもの改善 at 2005年06月20日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大吟醸 龍力 「米のささやき」
Excerpt: 田舎の近所にある本田商店のお酒です。
Weblog: 閑話休題@WebryBlog
Tracked: 2005-05-26 01:40