2014年05月23日

小浅間山に建築物が?

実は、天気さえ良ければ、1日に2回ほど小浅間山に登っている。
もちろん今日も登ってきた。
1回目は、朝の6時に愛犬コロをつれて登っている。
2回目は、嫁さんと一緒に、息子のタケルを背負って登っている。
このおかげで血圧は下がり、血糖値も平常値をたもてる。

ある日、小浅間山の登山道にブルやパワーショベルが置いてあった。
「はて? 登山道の整備でもするのかな?」
と思いつつ、登山道を上っていたら
「ブルーベリーさん」
という声。誰かな?と思ったら大塚建設の社長だった。
大塚建設というのは、ブルーベリーYGHのお隣さんで、
北軽井沢ブルーベリーYGHを建築した工務店でもある。

「大塚さんじゃないの? どうしたの? こんな朝早く」

時間は、朝6時半くらいである。
普通の人間は、こういう時間に小浅間の登山道なんぞにいない。

「こんど新しく小浅間山に観測所をつくることになってね、それで工事にはいることになったんだよ」
「観測所?」
「新しい観測所」

 これが1週間前のことである。
 
 あれから一週間がたったが、小浅間山の登山道は見違えるように立派になり、道の両脇にあった雑木はことごとく整備されていった。途中に白樺が倒れていたが、それも伐採されて大型車が通行可能になっていた。
 今日は、大型土木車が、巨大な鉄骨を運んでいるのに出会った。クレーンらしきものもあったし、大勢の作業員たちが安全に気遣いながら仕事にはげんでいた。
 幼稚園の団体さんも登っていたので、業者さんたちは、本当に気をつかって作業していた。
 はたして、小浅間山は、どんなふうに様変わりするのだろうか?
 
 
 ちなみに浅間牧場も、大規模な工事が入って全く変わってしまった。
 目を疑うような素晴らしい展望にかわりはてた。
 これについては、写真とともに別の機会にふれてみたい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中軽−小浅間山・千ヶ滝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック