2014年06月20日

軽井沢おもちゃ王国に行ってきた 4

軽井沢おもちゃ王国に行ってきた 4

 軽井沢おもちゃ王国の良さは、オモチャが大量にあるパビリオンにある。
 今回も、おすすめのパビリオンを紹介したい。


◆アクションゲーム

 ここは、いろんなゲームがあるパビリオンで、息子は大はしゃぎ。黒ひげ海賊ゲームなんかが、ずらりとあるから、10歳くらいの子供達が、すごく楽しそうに遊んでいる。うちの息子は、ハンバーグを作ったり、寿司を作ったりして遊んでいた。 

IMG_0137.JPG

IMG_0139.JPG

IMG_0140.JPG

IMG_0143.JPG

IMG_0146.JPG

IMG_0148.JPG

IMG_0151.JPG

IMG_0154.JPG


◆ピノチオ館

 ピノチオ? ピノキオのバッタもんか?と思っていたら、アンパンマンのコーナーだった。まだ、アンパンマンを観たことの無い息子ではあるが、大いに気に入ったらしく、夢中でオモチャで遊んでいた。ちなみにピノチオというのは、オモチャメーカーらしく、正式名称は、株式会社アガツマ。どうやら老舗メーカーらしい。

 ちなみに、原作者のやなせたかしは、貧乏でひもじい世代だったららしく「『正義の味方』だったら、まず、飢えをなくせ!」と、考えてアンパンマンを考えたらしい。ただし、顔を食べさせることは残酷だという批判も多く、大人達からは酷評されていた。もちろん私も、同じ意見だった。けれど、子供達は、そんなのお構いなしに、アンパンマンに夢中になっていった経緯がある。大人の理論を子供達が打ち負かせた例の一つでもある。ちなみに、『手のひらを太陽に』は、やなせたかし氏の作詞である。いろんなことをやっていたようだ。

IMG_0162.JPG

IMG_0169.JPG

IMG_0170.JPG

IMG_0171.JPG

IMG_0265.JPG

IMG_0266.JPG

IMG_0267.JPG

◆ままごとハウス

 ここは、ままごと遊びするためのパビリオン。おそらく日本で一番、ままごとのための備品がそろっている。それもシステムキッチンから、炊飯ジャー、食材、家電、なんでもそろっている。

 ここで面白い光景をみた。7歳くらいの女の子が、3歳くらいの他人を集めて、ままごとをやっていた。7歳くらいの女の子は、すっかりお母さんきどりで、小さなちびっ子の保護者になっていた。もちろん、親たちも見知らぬ同士である。お互い目を丸くしながら観察しつつ笑っている。

14-6-16g-01.JPG

14-6-16g-02.JPG

14-6-16g-03.JPG

14-6-16g-04.JPG

14-6-16g-05.JPG

14-6-16g-06.JPG

14-6-16g-07.JPG

14-6-16g-08.JPG

14-6-16g-09.JPG

14-6-16g-10.JPG
つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック