2014年06月21日

軽井沢おもちゃ王国に行ってきた 5

軽井沢おもちゃ王国に行ってきた 5

 軽井沢おもちゃ王国の良さは、オモチャが大量にあるパビリオンにある。
 今回も、おすすめのパビリオンを紹介したい。


◆ダイヤブロック

 このパビリオンは、お父さんお母さんの休憩所のようだ。ダイヤブロックが大きすぎて誤飲の恐れがないためか、子供たちを放置気味で、お母さんが、ボーゼンとしている。あるいは、スマホをいじっている。そもそも、このパビリオンは、空いているために、空間的にゆったりできる。御両親の骨休めにぴったりの施設である。で、何人かのお母さんは、ぺたりと座って、ぼーっとしていた。

 ちなみに52歳の私も子供の頃は、ダイヤブロックで遊んだ口である。しかし、嫁さんは『レゴ』と勘違いしていた。しかし、レゴとダイヤブロックは全く別物である。そもそも昔はレゴなんか売ってなかった。ダイヤブロックしかなかったのである。

 もちろん私は、ダイヤブロック派。ダイヤブロックは、ブロックらしさがある。幼児のオモチャとしては最高である。なにより組み立てやすい。レゴは、幼児のオモチャというより大人のオモチャ。精巧なミニチュアをつくる感じである。

 そもそもダイヤブロックだと誤飲の可能性が少ない。レゴだと部品が小さいから、ちょっと危ないかも。で、どっちが先に発売されたか調べてみたら、ほぼ同時。厳密に言うと4年だけレゴの方が早い。レゴが1958年、ダイヤブロックが1962年。

14-6-16c-01.JPG

14-6-16c-02.JPG

14-6-16c-03.JPG

14-6-16c-04.JPG

14-6-16c-05.JPG

14-6-16c-06.JPG

14-6-16c-07.JPG

14-6-16c-08.JPG

14-6-16c-09.JPG



◆トミカプラレール

 ダイヤブロックのパビリオンが閑古鳥なのにたいして、ここは満員御礼のパビリオン。つまり子供たちが一番来たがるパビリオンである。それもそうだろう。乗り物のミニチュアがわんさかあり、それを走らせるレールが無限にあるのだ。

 サーキットレース場を組み立てて、レースをしてもよし。レールを繋げて列車をはしらせてもよし。もし、お父さんが、鉄道オタクなら、子供を放置して自分が遊びに夢中になるであろう。壮大な空間に列車を走らせれば、オタク心が刺激されて、きっと満足するはずです。

14-6-16e-01.JPG

14-6-16e-02.JPG

14-6-16e-03.JPG

14-6-16e-04.JPG

14-6-16e-05.JPG

14-6-16e-06.JPG

14-6-16e-07.JPG

14-6-16e-08.JPG

14-6-16e-09.JPG


◆おもちゃのお城

 ここは、幼児にとって天国のようなところ。いろんなミニチュアセットがあって遊べます。わが息子もいたく気に入った様子。なにより閑古鳥がないているのがいい。トミカプラレールやピノチオ館は、人気がありすぎて、混雑にドン引きするが、ここは広くて人が少ない。ハイハイで鬼ごっこしたりするのにうってつけである。

 しかし、なんといっても嬉しいのは、ここにはマッサージ器があることだ。子供を遊ばせながら、お父さんお母さんは、マッサージ器で体をリフレッシュできる。

14-6-16d-01.JPG

14-6-16d-02.JPG

14-6-16d-03.JPG

14-6-16d-04.JPG

14-6-16d-05.JPG

14-6-16d-06.JPG

14-6-16d-07.JPG

14-6-16d-08.JPG



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック