2014年11月25日

【拡散希望】桟敷山林道の森が、丸裸になってしまう? その1

軽井沢で三万坪の森が、太陽光発電のために丸裸になってしまうので、問題となっているが、
嬬恋村では、そんなレベルでは無い、超自然破壊計画が進みつつある。
なんと桟敷山林道周辺の森が全て切り取られ、太陽光発電にされてしまうことになりそうなのだ。
これで、クマもアサギマダラも高山植物も壊滅はまぬがれない。
面積は70ヘクタールくらいらしい。
場所は村有地。
完成したら、桟敷山と桟敷山林道から望める絶景は永遠になくなる。

今回は、環境省に陳情してもダメと言うこと。
太陽光発電は、構造物で無いために、環境省がバンバン認可している。
すでに嬬恋村のあちこちの山が丸裸になりつつある。
全く勘弁して欲しい。
このネタは、どんどん挙げていきます。
記事については、コピペフリーなので、皆さん、どんどん拡散してください。
ソースは、議員さんから。嬬恋村の議会で報告があったらしい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然保護の立ち位置からのアプローチでは効果薄そうですね。
原発事故後のパニック状態の中で、高すぎる価格での買い取りを義務付けてしまったFIT制度の弊害ですが、この制度、すでに破綻しており、買い取り中止の動きや制度見直しも出始めていますから、経済的になりたちませんよという説得はもうできないのでしょうか。
Posted by Aki at 2014年11月28日 02:32
二度上峠への途中のエリアもそれですか?
Posted by eba at 2014年11月28日 21:05
あの夢のようなアサギマダラの楽園がなくなるなんて怖ろしいことです。酷い話しです。
村有地がゆえの悲劇になってしまうのでしょうか。
アサギマダラの楽園だと大々的に宣伝すれば、近隣を含む有益な観光資源になったのかと一瞬思いましたが、あまり人が多く入っても生息域破壊になってしまったかなと、無駄に素人考え
を巡らせましたが…。
Posted by 625 at 2014年11月30日 14:03
皆さん、貴重な情報を電話・メール・手紙でありがとうございます。
とりあえずは、いただいた資料をもとに地元有志をつのって作戦会議です。


Akiさん

おっしゃるとおり破綻していますよね。ただ東電は買い取りをやめないという情報も入っています。いったい、どうなることやら? 問題は、村に大金が転がり込むということです。仕事も増えるし、発電会社は、観光開発もすると言っている。土地の賃貸費用も村に入り、固定資産税もそうとうなものになる。これに役場が目がくらんでいる状態です。ちょっと冷静になれば、破綻するのは分かっているのに、そうなったら最低な状況になるのに。

ebaさん

あれは民有地なので、私たちが文句を言う筋合いではありませんが、どうやら違うようです。植林されていますから。

625さん

 そのとおりです。加えてミヤマモンキチョウもいるし、クマの巣もある。シャクナゲの大群落もあるのに、いったい何を考えていることやら。これ以上、景観を破壊してどうするんだろう?


Posted by マネージャー at 2014年12月01日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック