2015年02月10日

2014年を振り返って

 冬は、お金にならないことで最も忙しい時期である。確定申告があるからだ。この1カ月間、帳簿やデーターベースの整理で本当に忙しい。おまけに雪かきである。今年はが多いために何度も雪かきをする羽目になってしまった。

 それはともかく今年はお客様が多かった。そのために売り上げも例年よりは多かったのだが、去年の大雪の災害で物置小屋が2つつぶれてしまったこともあって修繕費も多かった。また、お客さんが多かったのに気をよくして、分不相応な設備投資をしてしまった。そのために赤字になってしまいそうな気配がある。

 まぁそんな事はどうでもいいのだが、今年1年のデータを調べてみたら、売り上げの大半が新規のお客様であったことに驚いている。

 うちの宿は、北軽井沢という場所柄もあって、連泊するお客さんも多く、その上に年に何度も来られるリピーターさんも多い。なので、ユースホステルの会員率が異常に高い宿である。非会員の御客様がほとんどないと言う非常に珍しいユースホステルであった。ところがである。今年は新規のお客様が大量にお泊まりになるようになったので、ユースホステルの会員の比率が激減した。今まで9割近くが会員であったのに、それが6割ぐらいまでに減ってしまった。

 もちろんそれでも、他のユースホステルに比べれば圧倒的に会員のお客様が多いのであるが、そのお客様は何連泊もするリピーターさんであったりするので、延べ人数は多くても、実数は少ないのである。延べ人数で6割であっても、実数では3割から4割ぐらいでは無いだろうか?

 とはいうものの、新規のお客様が増えるということは、宿主としては大変うれしいことである。自分としては、何か特別なことをした訳では無いのだが、どういうわけか新しいお客様が増えてしまった。その上、この新規のお客様もすでにリピーターになりつつある。何度も何度も泊まりに来てくれているのだ。いったいどういうことなのだろう? と不思議に思っていたら、ある新規のお客様が、あることで非常に喜んで帰っていってくれたので原因が分かってしまった。

 そのお客さんは、小さなお子さんを連れていたのだが、そのお子さんが、リピーターのお客さんのお子さんと仲良くなって、宿の庭先で雪遊びをしたり、一緒にゲームをしたりしていたのだ。またお母さんやお子さんが、お茶会にも出てきて、リピーターさんの差し入れを食べて楽しんでくれていたららしい。何の事は無い。新規のお客さんが増えた原因は、リピーターさんたちの心遣いだったりしたわけだ。

 そういえば思い当たることがあった。じゃらん・楽天などの口コミサイトで五つ星などの高い評価をくれるお客様のほとんどは、お茶会に出てきて、リピーターさんたちと楽しい会話をしているお客様ばかりなのである。また、星空温泉ツアーに参加して、私の星空案内を楽しんでくれた人たちに高い評価をしてもらっている。

 逆に、部屋に閉じこもって出てこないお客様からは高い評価は得られてないのだ。また、食事を摂ってないお客様にも、あまり高い評価を得られてない。というか、リピートしてくれない。お茶会や、ツアーに参加しなくとも、食事をとってくれたお客様は、またリピートしてくれる。しかし素泊まりのお客様は、あまりリピートしてくれないのだ。

 この結果を考えてみると、うちの宿の最大の弱点は、お茶会や星空案内や温泉ツアーなどに参加してないお客様に、そして食事をとってくれないお客様に、いかに満足してもらえるかという点である。ここをなんとか改善していかなければならないと思った。

 食事にも、お茶会にも、ツアーにも興味がなく、
 ただ泊まるだけを目的としたお客様に
 満足していただけるためには、何が必要なのだろうか?

 実はそういうお客様も多いのである。ただ睡眠するために来るだけのお客様も確かにいるからだ。部屋に閉じこもって勉強しているお客様もいる。読書するために泊まりに来るお客様もいる。これはすごいなぁと思ったのは、森の中でヨガをしに来たお客様もいた。そういうお客様は、特別な食事しか食べないし、水さえ自分で持ってくる。そして、なるべく他の人を避けるように部屋に閉じこもっている。

 北軽井沢という土地柄は、そういうお客様を寄せつける何かがあるのである。うちはそういうお客様に喜んでもらえる何かが足りないのかもしれない。今年は、そういうお客様に対してもっと真面目に取り組んでみようかなと思っている。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 21:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素泊まり客への新たな取り組みということでしょうか。
これはなかなか難題ですね。
私は筋金入りの会員とは違いますが、YHの理念?とは対極のような気がします。
アットホームな気安さや陽気さも魅力ですが、
癒しを求める人、静養したい人、人間関係から解放されたい人、そっとしておいてほしい人、隠れ家にしたい人などのニーズはまた違うのだと思います。
温もりの質というか。

私もその時々でどちら側にもなります。
イベント参加、不参加で調整しますが。

宿主さんのチャレンジ精神には脱帽します。
またいつか泊まりに行けるといいです。
Posted by 625 at 2015年02月10日 23:06
>YHの理念?とは対極のような気がします。

まさに、そのとおりです。
なので、今まで放置してきました。
というより、そういう御客様をとらないようにしてきました。

しかし、15年、北軽井沢に住んでみると、北軽井沢の魅力の一つに、素泊まり客の欲求するものがある魅力があることも確かなんですよね。サナトリウム的な要素や、隠れ家的な要素があることも確かなんです。ここが難しいところで、正反対の客層に、どういう折り合いをつけるかが難題です。

Posted by マネージャー at 2015年02月10日 23:27
すべてのタイプの客に満足される宿を築くのは
ある意味不可能へのチャレンジのような気も・・・
↑はあくまでも個人的意見ですが。

ただ、YHに素泊まりで来る客がいるのも事実だから
そういう客を確保する必要があるんでしょうね。
Posted by マサ at 2015年02月11日 11:56
ここが気に入って、多い時は年間50泊以上の事もありました。
2014年は20泊ほど。
色んな人が集う宿で、「こうだ」と言い切らなくて色々あっていいと思います。
常連と出会う楽しみもあり、新しい出会いもまた楽しい。
親が部屋に籠って出てこなくても、お子さんたちはそれなりに和んで、
「青いお家にまた行きたい」と小さな常連となっていくし。
きっと心に何か思い出を残しているのだと思います。

無理しない「 お も て な し 」で迎えてくださいませ。 
これからも常連で大きな顔して出かけます。
Posted by エバ at 2015年02月11日 14:52
宿主としては、せっかく来てくれるのにガッカリさせたくないというのもあります。時間はかかるかもしれませんが、なにか考えてみたいと思っています。
Posted by マネージャー at 2015年02月13日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック