2021年06月14日

新型コロナウイルス対策に換気機能付きエアコンを入れたみたら・・・

 新型コロナウイルス対策に換気機能付きエアコン(ダイキンのうるさらX)を入れたみたら・・・室外機が巨大すぎて参りました。あまりにも大きすぎて設置が難しい。実は、何年かかけて全室のエアコンを全てダイキンのうるさらXに変える野望があったのですが、諦めました。他のメーカーで我慢します。どっちみち全室に換気栓はついているので、換気については、うちの宿は問題ないし。

 それにしても、どうしてダイキンのうるさらXだけが巨大なのか?インターネットてせ調べたら、下記の動画をみつけました。



 どうりで、ダイキンのうるさらXの室外機が大きいわけです。だから工事費も、高額だったんですね。ちなみに工事業者に聞いてみたら、もうエアコン取り付けのピークらしくて、ものすごく忙しいらしいのですが、今年は、新型コロナウイルスのせいか、6割ちかくが、ダイキンのうるさらXだとのこと。のこり4割が、他のメーカーさんで分け合っているらしいのです。これじゃ、ダイキンの株価が上がるかもしれませんね。

 あと、動画をみて分かったのですが、激安品のエアコンを買ってはダメだったんですね。もっと早く、この動画に気づけばよかった。何事にも適正価格というものがあって、鉛筆にしろ、エアコンにしろ、安すぎる物には罠があるということです。それからエアコンは、6畳・10畳・14畳しか買ってはいけないという動画も面白かったです。詳しくは、下記の動画をみてください。



 あとエアコンの大手4社のレビュー比較分析の動画もありましたね。
 これだと日立のエアコンが一番評判が良いです。
 次は日立にしようかと思っています。



 次は空気清浄機だな。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 23:02| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。