2021年09月19日

夏鳥が南国に帰る前に野鳥観察

 連休2日目も終わろうとしています。オーバーブッキングも無く、食事の失敗も無く、なんとかやり過ごせたので、ホッとしています。今日は日本晴れの良い天気だったので、寒くも暑くも無い、この時期の快晴に御客さんも大満足だったのではないでしょうか? 明日は、予約も無いみたいなので、思い切って休館にして、久しぶりに家族で山に登りに行こうかと思っています。


IM-17.JPG


 それから軽井沢に行こうとしている御客様へ。明日の軽井沢は混雑が予想されます。無謀運転をする人も少なからず居ます。自分が気をつけていても相手の無謀運転にやられるケースもあります。皆さんゆとりを持って運転して下さい。渋滞をさけるポイントは、はやめに出発することです。特に10時頃と、15時から18時にかけては、渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃はガラガラですし12時から15時までは、比較的にすいています。

 渋滞がおきやすい道路は、以下の通りです。

・軽井沢インターから碓井バイパスの交差点あたり。
・スーパーツルヤのある通り。
・国道18号。
・アウトレット付近。
・中軽井沢にあるハルニレテラス付近。


IM-05.JPG


 それから気をつけたいのがクマです。夕方以降の湯川の沢沿い(それもサワグルミの樹があるところ)とか、ゴミステーション近くでは、注意してください。クマは、みなさんが思っている以上に、知能が高く、人間がそばにいても、辛抱強くジッとしていて動きません。そして、人間が、どこかに行ってしまった後に、のっそりと動き出します。なので訓練されてない犬連れだと、自分を危険にさらす可能性もあります。ワンワン吠えながら、飼い主の後ろに逃げるからです。そうなると、クマは逃げるものを追いかけたくなる習性があるので、ビンチに陥ります。ま、あまり神経質になる必要は、ないんですけれどね。


12-7-7-9−03.JPG


 そうそう。野鳥(夏鳥)が、そろそろ南の国に帰る時期が近づいています。つまり、今こそ夏鳥が南国に帰る前に観察できる唯一の時期です。東南アジアやフィリピン、インドネシアなどに帰ってしまう前に、今のうちに夏鳥を楽しんでください。北軽井沢で見られる野鳥の4割が夏鳥ですから、それらがいなくなってしまうと淋しいですからね。冬になると、アカハラ、キビタキ、オオルリ、コルリ、ジュウイチ、コマドリ、ホトトギスといった美しい鳥たちが旅だって、シジュウカラなどのカラ類とか、アカゲラなどのゲラ類ばかり目立つようになりますからね。まあ、それはそれで楽しいのですが。


ber-15.JPG


 北軽井沢のトウモロコシは、今週が限界みたいですね。御客様に出せるレベルのものが、明日あたりから手に入らなくなりそうです。昨日は、10本仕入れて、使えるものは6本くらいでした。使えないものはコーンスープに改造します。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:20| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。