2021年12月13日

愛郷ぐんまプロジェクトが期間延長と隣接5県に拡大?

朗報です。

12月末で終了する予定だった愛嬌群馬キャンペーンですが延長しそうです。しかも群馬県民限定だった縛りがなくなって、隣の県まで対象になりそうな感じですとりあえずネットで出ているニュースを紹介します。

−−−−−−−−−−以下、ネットニュースから引用

https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20211209/1060010877.html

「愛郷ぐんまプロジェクト」は新型コロナの経済対策として県が行っていて、県民が新型コロナワクチンの接種証明書やPCR検査の陰性証明を提出すれば、県内の宿泊施設で1人1泊当たり5000円の割り引きを受けることができます。利用期間は今月31日までとなっていますが、県民から継続を求める声が寄せられているほか、地域観光を引き続き支援したいとして、県は期間を延長するとともに割り引きの対象を埼玉、栃木、新潟、福島、長野の隣接する5つの県にも広げる方向で検討していることを9日の県議会の特別委員会で明らかにしました。

−−−−−−−−−−以上引用おわり

 これが本当ならすごいことですね。

 長野県・新潟県・栃木県・埼玉県の皆様が、5000円の割引を受けられることになります。うちの宿の場合は、直接予約であれば一泊二食付き7300円なので、実質2300円で泊まれることになります。

Y337566099.jpg

 ちなみに最近は、ご近所さんが、わざわざ泊まりに来ることが多くなってきています。7001円以上であれば、 5000円のキャッシュバックと2000円の商品券がもらえるので、同じ嬬恋村の人たちが泊まりに来ています。だいたいが別荘に住んでいる人達で、夏向きに建てられている別荘住宅が寒すぎるためにそこから避難してくるように宿に泊まりに来ています。そして「暖かかった」と言って満足気に帰ってきます。今後はそういう人達だけではなくて、 観光客の人たちも増えてくると思うとちょっとワクワクしますね。私個人としては、長野県・新潟県・栃木県・埼玉県だけでなく、もっと広範囲に割引してもいいのではないかと思っています。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 07:17| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。