2007年08月18日

新たなる新人ヘルパー登場

0009.JPG

新たなる新人ヘルパー登場です。
古市君と言います。
アナウンサー志望らしいですが、
彼も、油断なりません。

コージ君が、皿を無茶苦茶高く積んで
食器棚に閉まったのですが、
それを取り出そうとした古市君、
食器棚のドアをあけたとたん、
大量の食器が崩れそうになりました。

絶体絶命のピンチ!

「これが崩れたら明日の御飯が出せない!」

という、本当に絶体絶命のピンチの時、
古市君は、
どういう訳か、
そのピンチの状態を
冷静に

実況中継を

はじめてしまいました。
あんまり面白いので、スタッフ全員、
しばらく誰も助けに行かずに
笑いながらみていました。

おまえは古舘伊知郎か!

↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 20:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
周りが慌ててるのに古市君はマイペース、台所の温度差がまるで熊谷と嬬恋村のようでした(笑)
Posted by 割烹着娘 at 2007年08月19日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック