2007年08月23日

好みのタイプ

ユウキ君とコージ君に好みのタイプを聞いてみました。
まず、ユウキ君。
sato.jpg

「どんな女の子がいい」
「僕は結婚しませんから」
「・・・・」

誰も結婚のことなんか聞いてないのに。
続いてコージ君。

0011.jpg

「どんな女の子がいい」
「ああだ、こうだと指図しない人がいい」
「・・・・」

それだけかよ!
もっと夢は
ないのかよ!


しかし、よく考えると
最初は、ずいぶん低いハードルだなと思ったが、
ひょっとしたら、けっこう高いハードルかもしれない。
と思い直してしまった。

どっちにしろ、まだ
色気
づいてないな。
かわいいもんだな。
と思った大雑把王子であった。

↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック