2008年03月06日

アリスの丘のティールーム2 まぼろしの粉

アリスの丘のティールーム2 

まぼろしの粉


 作家の森村桂さんのお店です。
 ここのケーキは、どれも甘さ控えめ。
 ほとんど砂糖が入ってない。

aris-08.JPG

 この店はカトルカールがメインです。カトルカールとはたまご、粉、砂糖、バターという4つの材料をそれぞれ同量ずつ入れてつくるパウンドケーキのこと。森村さんがパリでカトルカールに魅せられて虜になり試行錯誤して生み出したケーキを並べられています。その他にも森でとれるぶどうや果物でジャムを作り、ケーキに織りまぜては、大変美しい色彩のケーキを焼き上げられています。

aris-09.JPG

 特筆すべきは、幻の粉を使っていることでしょう。

 パリのカトルカールは甘いです。森村桂さんは、その甘さを控えめにするために砂糖を赤砂糖にして、一切れのケーキに茶さじ一杯しか入れません。そのためにザックりした感じが出せないのです。そこで粉さがしに夢中になり、ついに幻の粉と出逢ったのです。粉の一粒一粒が生きていてザクザクとする。世界中のどこにもないと、粉の専門家が驚いたという粉と出会って、完成させたのが森村さんのケーキなのです。

aris-04.JPG


さて、ケーキの紹介です。こちらは、

バラの紅茶と忘れん坊のバナナケーキ!

砂糖ひかえめで、すごく美味しい。
かぎりなくゼロに近い砂糖の量なのに
本当にざっくりとくる美味しさ。
まぼろしの粉の威力か?

バラの紅茶もいい!

aris-07.JPG


しかし、もっと美味しいケーキがありました。

超極薄の珈琲と悪魔のささやき

です。

すげー美味い!

ただし、その美味しさは、普通の美味しさではない。
舌触りのなめらかな、しっとりしたケーキではない。
そうではなくて、ざっくりしたケーキ。
砂糖が、微量しか入ってないのに、歯ごたえのあるケーキ。
クルミが入っていて、シンプルなのに存在感のあるケーキ。

やっぱり粉が違う。

aris-06.JPG

私の心の中で悪魔がささやきました。
「もう一皿注文しなさい」と。

住所 軽井沢町長倉4-170
電話 0267-42-8253
営業時間 10:00〜18:00(GW、8月は延長の場合あり)
定休日 無休
駐車場 あり
メニュー カフェ
お値段 ケーキ各種 500円
雰囲気 ファミリーでも大丈夫
HP http://alicenooka.hp.infoseek.co.jp/


つづく!

↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 南軽井沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック