2021年09月26日

北軽井沢の10月

 9月も終わりですね。北軽井沢も10月となれば、本格的に秋を迎えます。標高によっても違いますが、例年ですと、北軽井沢の紅葉のピークは10月10日ぐらいです。もうちょっと標高の高いところは、すでにもう色づいています。ということで、秋の北軽井沢に来られるお客様に、いろいろな注意点を申し上げておきたいと思います。

 まず、 10月の北軽井沢は寒いです。東京でいえば、 11月の気候に匹敵します。とはいうものの、今のところ今年は暖かくて、今日も温暖な気候のままです。ただ、急激に寒くなったり暖かくなったりしますので、油断してはなりません。要注意です。


151022-11.jpg
(中軽井沢/例年だと10月の中旬が見頃になります)

 ところで、北軽井沢には、どんぐりと栗とクルミの木が腐るほどあります。だから地元民は、栗やクルミを拾いません。なので道端に栗のイガがたくさん落っこちていたりします。なので、どんなに暖かくてもサンダルで歩くのは得策ではありません。ワンチャン連れの人も気をつけた方がいいです。すでに肉球に栗のイガが刺さってしまいます。もしワンチャンが片足を引きずるように歩いていたら、肉球を見てあげてください。栗のイガの棘が刺さっていることが多いです。

 あと、どんぐりの木の説明もしておきます。栗もクルミもどんぐりも、最初は、 実が落っこちてきます。全てが落っこちた後に、紅葉した葉っぱが地面を埋め尽くすように一斉に落ちてきます。風が吹く日などは、落ち葉が回転しながら舞い降りてきて、それはもう素晴らしい景色です。そんな日に、偶然でも北軽井沢に泊まることができたなら、あなたは大変幸せ者です。落ち葉が落ちてくるまでは、カメムシが大発生しないからです。


201103-01.JPG
(北軽井沢/例年だと10月の中旬が見頃になります)


 そうです、高原の宿に泊まる時に1番気をつけなければいけない事は、カメムシです。紅葉が終わるとカメムシが、建物の中にどんどん進入してくるのです。でも安心してください。そのカメムシの侵入を防いでいる宿もあるからです。また、カメムシが嫌う宿・カメムシが好む宿というのも存在しています。要はカメムシが好む宿を避ければいいのです。

 その見分け方は、とても簡単です。建物の色です。カメムシに限らず、すべての昆虫は白い色を好みます。だから白い建物を避ければいいわけです。手前味噌になりますが、うちの宿が濃いブルーの塗装をしてあるのも、黒い屋根であるのもカメムシなどの虫が寄り付かないようにしたためです。もちろんそれだけでは、カメムシは駆除できません。なので、いくつもの防御策をとっています。ここから先は、北軽井沢のペンションオーナーのみなさんも、別荘のみなさんも、よく読んで参考にしておいてください。

 まず1番効果的なのは、木酢です。昆虫は木酢の匂いを嫌いますので、うちの宿では、基礎のコンクリートのところに大量にまいています。カメムシは地面から壁を伝って上に上がっていく習性がありますので、コンクリートのところに木酢をまくことによって、ある程度減らせます。しかし、飛んでくるカメムシもいますので、これを駆除するために、窓のサッシのところに殺虫剤等を塗っておくと根こそぎブロックできます。

 もちろん殺虫剤は、人体に優しくありませんので、二重窓でないところには、あまりお勧めはできません。 2重窓でない家では、殺虫剤の代わりに木酢を使うことをおすすめします。窓のサッシが多少汚れてしまいますが、カメムシに入られるよりは良いでしょう。後は屋根裏と縁の下に、ポイントポイントに木酢を散布すれば、驚くほどカメムシの侵入は防げるでしょう。次は紅葉の絶景ポイントについて解説してみましょう。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:36| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

歴史マニアになりつつある息子

 息子は立地が大好きです。週に1回は軽井沢の図書館に行って歴史の本を十冊ばかり借りてきて読破しています。とはいうものの、それらの歴史の本は全て漫画です。実は嫁さんも最近になって歴史に興味を持つようになり、 息子と一緒に歴史の漫画を読んでいます。

 で、 それらの歴史漫画は、私が子供の頃に読んだものとは全く違っています。では綺麗だし、全ページがカラーページだし、時代考証も正確そのものです。子供の読む本だからといって、 子供向けに作ってあるわけではありません。難しい漢字も大量に使われています。 しかも、そういう歴史漫画が、何百冊も軽井沢の図書館にあるのです。 いくら読んでも読みきれない位の歴史漫画が軽井沢の図書館にある。その他には、科学漫画もあります。社会科漫画もあります。 これほど漫画が置いてある図書館も珍しいかもしれません。





 北軽井沢に引っ越してくる前には、埼玉県の春日部市に住んでいたんですが、春日部市立図書館には、 ほとんどマンガ本は置いてありませんでした。それ以前は、東京豊島区池袋に住んでいたんですが、 その図書館にも、 漫画はありませんでした。今はどうか分かりませんが、私が住んでいた30年前には一冊もなかった気がします。

 ある日うちの嫁さんが、「どうして軽井沢の図書館には大量のマンガが置いてあるんだろう?」 と聞いてきましたので、「軽井沢町は、画家の田部井健次に救われた経緯があるので、(漫画を含めた)画の書籍に対して偏見が少ないのかもしれないね」と答えました。実は終戦直後にアメリカ軍が浅間山に米軍基地を作ろうとしたことがあり、それをやり込めたのが、千ヶ滝西区の別荘地に住む田部井健次(画家)さんで、彼の弁説によって、高圧的な米軍が、尻尾をまいて逃げたわけで、その当時の記録を読むと、胸がスカッとします。

 当時日本には六百以上の米軍基地があり、各地で反対運動が展開されていましたが、成功した所はほとんどなく、その原因が日米安全保障条約の行政協定にあると田部井氏は見抜いてた。つまり当時は、米軍が日本の何処にでも「基地を作りたい」と言えば、「日本政府はそれに協力しなければならない」(行政協定第二条・第三条)と決められていた。これを解消して条約を結び治したのが岸総理(60年安保)で、それ以降は米軍も高慢な態度をとれなくなったのだが、それについては、おいといて、圧倒的な米軍&米国に対して、戦って勝てたのは、田部井健次の鋭い弁舌と、戦略眼にあった気がします。これについては、機会があったら、このブログで述べたいと思います。

 話を戻します。
 歴史の漫画についてです。

 私が子供の頃に愛読した学研の「マンガ日本史全20巻」あたりと違って、今の歴史漫画は、相当レベルが高い内容になっていて、画力も凄いし、カラーだし、ガンダムの挿絵を描いてる人が、戦国武将の漫画を書いてたりするので、絵のレベルがケタ違いに素晴らしい。考証にいたっては大河ドラマなんかよりも数段レベルが高くなっているうえに、小学生におもねらずに、難しい漢字を次々と使っている。


819HLM5DIOL.jpg


 イケメンの武将達が続々と現れては戦ったりするので、うちの嫁さんはそれが気に入っているらしい。 こういう本が複数の作家によって発表されているわけなので、いろんな作家の日本史漫画を読むことによって、知らない間に知識がどんどん頭の中に入っていきますから、歴女と言われている人たちが、つまり歴史マニアたちがどんどん生まれていく背景が分かるというものです。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:29| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

最近、登山道にマスクのゴミが目立ちます

21923-16.JPG

 浅間山の外輪山を縦走してみて気がついたことがあります。 コケモモが狂い咲きしていたり、アサギマダラが飛んでいたりしたのはご愛嬌としても、クロマメノキの実が少し減ってるような気がします。昔は鋸岳の辺り、またはその下の方でそれこそ大量の浅間ベリーがなっていたと思うんですが、今年は不作なようです。と同時に、クロマメノキが大きくなっているような気がする。昔はもっと小さくてその代わりに実が大量になっていた。最近火山活動があまりないからですかね?

21923-33.JPG

21923-34.JPG

21923-35.JPG

21923-39.JPG

21923-40.JPG

21923-38.JPG

21923-36.JPG

21923-37.JPG

 あとレベル1だというのにあさま山に登る人が少なかったのも不思議といえば不思議です。みんな外輪山を縦走していたのは、最近は外輪山の方が人気なのですかね? 驚いたのはダックスフンドを連れていたご家族がいたことです。あの短足のダックスフンドが、よくもまあ岩場だらけの外輪山を縦走したもんだと感心します。自力では登れない岩場がいっぱいありますので、そういう場所では抱っこして登ったのでしょうか?

 そういえば、このルートには子供達が少なかった。連休の最終日に湯の丸山に登った時には、五十人以上の子供達を見かけたし、そのうちの半分は幼児でしたが、外輪山では6歳ぐらいの男の子一人しか見かけませんでした。まあそれでも、20年前だったら6歳の子供が登山すること自体が珍しかったですから。一人でも自力で登山する6歳なら大したものですけれどね。昔だったら考えられないですから。


21923-23.JPG


 最後にすごく気になる点が一つ。マスクゴミです。あちこちの山にマスクのゴミがある。その都度拾ってはいたんですが、私が拾っただけでも20枚のマスクのゴミを拾ったと思うんですが、もう拾うのはやめました。これは1回社会問題として、マスコミかなんかから叩かれた方がいいかもしれません。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:17| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

槍ヶ鞘・トーミの頭・黒斑山・蛇骨岳・仙人岳・Jバンド・鋸岳を往復してみたら?

 今日は非常に天気が良かったので、宿の方は休刊にしてしまって浅間山外輪山、つまり浅間七峰を回ってきました。八ヶ岳ならぬ、浅間七ヶ岳です。槍ヶ鞘・トーミの頭・黒斑山・蛇骨岳・仙人岳・Jバンド・鋸岳の7つです。


IMG_4377.JPG
 槍ヶ鞘


IMG_4388.JPG
 トーミの頭


IMG_4402.JPG
 黒斑山


IMG_4439.JPG
 蛇骨岳

IMG_4489.JPG
 仙人岳

IMG_4547.JPG
 Jバンド


IMG_4509.JPG
 鋸岳



 まあそれはいいとして、下の写真を見てください。
 息子と嫁さんの姿が写っていますが、問題はそこではありません。
 二人の斜め右上に、何やら変なものが写っています 。
 さて問題です。
 この変なものはいったい何でしょうか? 答えは写真の下にあります。


IMG_4588.JPG


 答えはアサギマダラでした。





 アサギマダラというのは、渡り鳥ならぬ渡り蝶々です。このアサギマダラは、直線距離で1,500 km以上移動した個体や、1日あたり200 km以上の速さで移動した個体もあります。2011年10月10日に和歌山県から放たれて、83日後に約2,500 km離れた香港で捕獲されたアサギマダラがいます。これは世界第二位の長距離の移動になります。

 夏になるとどこからともなくアサギマダラはやってきて、嬬恋村のあちこちに見られます。そして夏の終わりになるとどこかに旅立ってしまいます。沖縄・台湾などにわたってしまうわけです。だから本当ならもういないはずなのに、あさま山の外輪山で、大量に見かけたのには驚きました。こんなところにアサギマダラが、飛び交っていたというのは本当にびっくりです。このアサギマダラの大群たちは、いつ沖縄や台湾に旅発つのでしょうか?

 あと今日の外輪山の風景写真をはっておきます。

IMG_4406.JPG

IMG_4396.JPG

IMG_4466.JPG

IMG_4515.JPG

IMG_4557.JPG

IMG_4553.JPG

IMG_4630.JPG

 このコースは、どんどん風景が変わっていくので楽しいですね。花もいっぱいあるし、人見知りしないホシガラスたちも近くに見られますし、なんといってもアサギマダラに癒やされます。おまけに眺めが最高に素晴らしい。ちなみに本日歩いた時間は6時間。万歩計によると2万四千歩。消費カロリーは二千キロカロリー。下山後は、佐久の『かつや』でダブルロースカツを注文してしまった。
 

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:06| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

息子の実験

 息子のやつは理科と社会にはまっています。


21922-01.JPG


 特に E テレのベーシックサイエンスと歴デリ(歴史デリバリー)が大好きで、この録画を何度も何度も見て喜んでいます。寝る前はこの二つを見るかドラえもんを見るまで寝てくれません。特に理科の実験にはまっていてアイスクリームを作ったりして遊んでいます。夏休みにはいろんな実験をしていたので、それを文章化して自由研究紙として発表したらと提案したんですが、息子のやつは文章化が大嫌いなようで、私の提案に乗ることはありませんでした。

 ところで今日も面白そうな実験をやっていました。汚い10円玉をきれいにする実験です。醤油とソース、どちらが10円玉をきれいにしてくれるかの実験ですが、これには私も興味があったので、実験の様子を撮影しました。ここでみなさんに質問です。醤油とソースは、どっちが10円玉をきれいにしてくれるのでしょうか? 答えは下の画像にあります。


21922-02.JPG

21922-03.JPG

21922-04.JPG

21922-05.JPG

21922-06.JPG


 これで実験は終了なのですが、私的には他の調味料も試してみたくなりました。味醂とか、酒とか、塩水とか、お酢とか、マヨネーズとか、だしの素とか、白だしとかです。でも結局、実験はしてません。私たち大人は、子供に比べて好奇心が低いようです。いざ実験をするとなると、ついつい面倒くさくなって
「まあいいや」
となってしまう。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:17| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

湯の丸山で2枚のカードを集める子供たち

 今日も小浅間山付近に登ってきたんですが、幼児連れのお父さん達が大勢いました。おまけに長野大学の学生さんたちの団体さんも浅間山に登っていました。まあそんなことはどうでもいいとして、今回は、昨日登った湯の丸山の写真をアップします。もう秋だというのに花がいっぱい咲いていました。それについては後で紹介するとして、 私たちが到着したのは13時頃ですが、駐車場は車がずらりといっぱいでした。


21921-01.JPG


 この時期にこんなに車が並ぶのは非常に珍しいことです。少なくとも去年はこんなには並んでいません。で気がついたことは、ファミリーだらけだったということです。大勢の幼児たち子供達がいっぱいいましたが、それらの画像をアップするわけにはいかないので、 今回は湯の丸山の高山植物の写真を紹介していきます。

 それはともかくとして、下の画像は息子がスマートフォンを持っている姿ですが、どうしてスマートフォンを持っているかと言うと、「ポケモン GO」 の嬬恋村バージョンのソフトで嬬恋村で作成したご当地アプリをやっているからです。そのアプリの名前は 『嬬恋村公式アプリ・つまっぷ』というものです。


21921-02.JPG


 『嬬恋村公式アプリ・つまっぷ』は、嬬恋村の人気スポットをスタンプラリーのようにめぐるためのアプリです。コースごとにスポットをめぐり、検定に合格すると 記念品がもらえます。スポットに訪れたら、スマートフォンをかざして浮かび上がるスポットの札をゲットします。特色ある 4つのコースで嬬恋村をめぐができます。

・嬬恋かるたコース/嬬恋かるたにちなんだスポットをめぐります。
・嬬恋村文化財コース/嬬恋村の文化財をめぐります。
・観光地コース/嬬恋村の観光スポットをめぐります。
・トレッキングコース/嬬恋村のトレッキングスポットをめぐります。

今回息子は、嬬恋かるたコースの「高山蝶」のカードと、トレッキングコースの「湯の丸山」をゲットしたわけです。下の写真に嬬恋かるたコースの「高山蝶」の看板が見えますが、ここでカードをゲットできます。

21921-03.JPG
(「高山蝶」のカードをゲット)

21921-07.JPG
(頂上でもトレッキングコースのカードをゲット)

 いわゆるスタンプラリーみたいなもので、全てをゲットすると観光協会から商品がもらえます。既に何人かの人たちが商品を頂いているようです。 息子の同級生達も商品を目指して頑張っています。 湯の丸山のカードをゲットしようとしている子供たちもかなりいました。息子は同級生の◆◆君と、カードの枚数を競っているようです。ちなみに◆◆君とは、漢字検定の合格を巡ってのライバルでもあります。もっとも、夢中になってカードを集めているのは、大人たちでも同じです。かくして、山の中でスマホをかざしている人たちが、突如として出現しつつありますが、時代も変わったものです。


 まあそんなことはどうでもいいとして、今回ちょっと気になることがありました。
 下の写真を見てください。
 湯の丸山のカラマツやシラカバが大木になりつつあります。


21921-04.JPG


 古い リピーターさんならご存知かと思いますが、15年ぐらい前の湯の丸山には、このような大木はほとんどありませんでした。いわゆる草原の山で、冬場は頂上からソリ遊びをして降ったくらいです。このブログにもその時の写真が大量に残されています。でも今回登ってみると、 もうそんなことができるような山ではなくなっています。


21921-06.JPG
(昔は登山道の脇は、低木しかなかったが、今では大木に育って木陰を作っている)


 と思っていたら、山を管理しているらしき人たちが、チェーンソーで大木を次々と伐採していました。
 下の写真がその時の模様です。


21921-05.JPG


 が、いくら伐採したとしても追いつくような量ではありません。いずれ湯の丸山は大木に覆われてしまうことでしょう。 20年ぐらい前の湯の丸山は、レンゲツツジの季節になると、山が真っ赤になるくらい花で覆われていましたが、最近はそういうこともなくなりました。明らかに植生が変わってきています。

 植生が変わってきているとはいうものの、やはり花の多い山であることは間違いありません。 たくさんの秋の花を撮影してきましたので、ご覧になってください。


21921-09.JPG
(アキノキリンソウ)

21921-11.JPG
(マイヅルソウ)

21921-10.JPG
(リンドウ)

21921-13.JPG
(リンドウ)


21921-17.JPG
(ウメバチソウ)

21921-18.JPG
(マツムシソウ)

21921-15.JPG
(ヤマハハコ)

21921-16.JPG
(イワインチン)

21921-14.JPG
(イワインチンは、今がピークであちこちに咲いていた)


 ちなみに下山時に笹竹の花を見つけました 。もちろん一面の笹竹は、みんな枯れていました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:00| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

湯の丸山に幼児連れファミリーが増えた?

 今日は、予約がなかったので久しぶりに家族で湯の丸山に登ってきました。お客様がチェックアウトした後に、大急ぎで客室を掃除し、タオルなどを洗濯機に放り込み、そして全室に殺菌用の紫外線ライトとタイマー付きのオゾン発生器を設置して出発したのが12時30分。湯の丸山の駐車場に到着したのが13時頃でした。

 駐車場に到着して驚きました。スキーシーズンでもうこんな混雑はないぞというぐらいに車がずらりと並んでいます。これじゃあ、駐車できないなーと諦めていると、到着した時間が良かったのか、一番いい位置ところの車がちょうど出ていたので、そこになんとか車を停めました。13時に到着したのが、かえって良かったのかもしれません。辺りを見回すと、ちょうど下山して車で帰ろうとしてるファミリー客がたくさんいました。どこを見回してもファミリー客ばかりです。

 さらに驚いたのが幼児の数々。こんなにたくさんの幼児が、登山口の駐車場にぐったりとしているのを見たのは、初めてです。うちの息子が生まれたのは8年前で、6年前の今頃に登山デビューしたわけですが、その頃は、登山する幼児なんてゼロでした。全くのゼロです。稀に見かけたとしても、ベビーキャリア(幼児用登山背負子)に背負われてる幼児。足で歩く幼児なんか見たことがない。それこそ皆無でした。


IMG_4147.JPG
(5年前の湯の丸山・幼児なんてどこにもいない)

IMG_4315.JPG
(そもそも、御客さんがいないし・・・)

IMG_4308.JPG
(ファミリー客がいなかった。いたとしても、20人すれ違って、やっと会えるくらいの確立だった。それが新型コロナ後になると・・・)


 ちなみに、その頃は、ほぼ毎日のように2歳になったばかりの息子を連れて山に登っていましたから、登山道にも登山口にも毎日のように表れていたんですが、幼児を連れて山登りする人たちなんか絶対に見かけなかった。見かけたとしてもベビーキャリア(幼児をおんぶするための登山背負子)で、おんぶして山に登る子供達だけでした。だから非常に珍しいがられて、あちこちから登山客が集まってきて、面倒くさかった記憶しか残っていません。
 そのくらい自力で登る幼児というのは珍しかったのです。
 いや、珍しいというレベルではなくて、うちの息子ぐらいしかいなかったんではないかと思います。
 実際、息子が3歳の頃に八ヶ岳に登った時は、登山客たちは驚愕していましたし、どうやって登らしたんだ?と山小屋で何度も聞かれました。それほど珍しがられたし、驚かれたし、大勢の登山家たちが見学にきたくらいだった。北アルプスでは、すれ違う人たちが、腰をぬかさんばかりに驚いていた。そのくらいに幼児の登山は一般的ではなかったし、それをアップしているブロガーも当時はいなかった。

 ところが、久しぶりに湯の丸山に来てみたら、標高2100メートルの湯の丸山の登山道に幼児ばかりがいるではありませんか。登山道の途中で、3歳児から4歳児の子供たちがわんさかいる。小浅間山や浅間牧場に、幼児連れの家族が、わんさかいて、小浅間山が幼稚園のようになっているのは知っていましたが、湯の丸山です。小浅間山とは訳が違う。

 さすがに2歳児というのは、いませんでしたが、4歳児、5歳児ならゴロゴロいました。3歳児らしき子供も少なからずいて、自力で登っていた。ベビーキャリアを背負ったお父さんなんか一人も見なかった。唯一の例外は、一才児を抱っこしていたお母さんがいたくらいです。しかもそのお母さんは、4歳児ぐらいの男の子を連れていた。もちろん自力で湯の丸山の頂上に登っています。目が点になりました。

 たった6年で、こんなに変わるもんだろうかと驚きました。新型コロナのせいなんでしょうかね? それとも若いお父さんお母さんの子育てに何か変化ができたんでしょうか?私が2歳や3歳の息子を山に連れて行った時には、それを非難する輩が居るくらいに珍しがられたんですが、今では、そういうことが珍しいことでも何でもなくなってしまった。すごい時代になったなあと思ってしまいます。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:52| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

夏鳥が南国に帰る前に野鳥観察

 連休2日目も終わろうとしています。オーバーブッキングも無く、食事の失敗も無く、なんとかやり過ごせたので、ホッとしています。今日は日本晴れの良い天気だったので、寒くも暑くも無い、この時期の快晴に御客さんも大満足だったのではないでしょうか? 明日は、予約も無いみたいなので、思い切って休館にして、久しぶりに家族で山に登りに行こうかと思っています。


IM-17.JPG


 それから軽井沢に行こうとしている御客様へ。明日の軽井沢は混雑が予想されます。無謀運転をする人も少なからず居ます。自分が気をつけていても相手の無謀運転にやられるケースもあります。皆さんゆとりを持って運転して下さい。渋滞をさけるポイントは、はやめに出発することです。特に10時頃と、15時から18時にかけては、渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃はガラガラですし12時から15時までは、比較的にすいています。

 渋滞がおきやすい道路は、以下の通りです。

・軽井沢インターから碓井バイパスの交差点あたり。
・スーパーツルヤのある通り。
・国道18号。
・アウトレット付近。
・中軽井沢にあるハルニレテラス付近。


IM-05.JPG


 それから気をつけたいのがクマです。夕方以降の湯川の沢沿い(それもサワグルミの樹があるところ)とか、ゴミステーション近くでは、注意してください。クマは、みなさんが思っている以上に、知能が高く、人間がそばにいても、辛抱強くジッとしていて動きません。そして、人間が、どこかに行ってしまった後に、のっそりと動き出します。なので訓練されてない犬連れだと、自分を危険にさらす可能性もあります。ワンワン吠えながら、飼い主の後ろに逃げるからです。そうなると、クマは逃げるものを追いかけたくなる習性があるので、ビンチに陥ります。ま、あまり神経質になる必要は、ないんですけれどね。


12-7-7-9−03.JPG


 そうそう。野鳥(夏鳥)が、そろそろ南の国に帰る時期が近づいています。つまり、今こそ夏鳥が南国に帰る前に観察できる唯一の時期です。東南アジアやフィリピン、インドネシアなどに帰ってしまう前に、今のうちに夏鳥を楽しんでください。北軽井沢で見られる野鳥の4割が夏鳥ですから、それらがいなくなってしまうと淋しいですからね。冬になると、アカハラ、キビタキ、オオルリ、コルリ、ジュウイチ、コマドリ、ホトトギスといった美しい鳥たちが旅だって、シジュウカラなどのカラ類とか、アカゲラなどのゲラ類ばかり目立つようになりますからね。まあ、それはそれで楽しいのですが。


ber-15.JPG


 北軽井沢のトウモロコシは、今週が限界みたいですね。御客様に出せるレベルのものが、明日あたりから手に入らなくなりそうです。昨日は、10本仕入れて、使えるものは6本くらいでした。使えないものはコーンスープに改造します。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:20| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

9月の北軽井沢で気をつけること!

 せっかくの連休、天気を心配していたのですが、明日は晴れそうなので、ひとまずホッとしました。これで多少は、お泊まりの御客さんたちが、北軽井沢の美しい自然を堪能できそうです。この時期は、まだ紅葉が始まっていませんが、そろそろヤマブドウなどの実がなってくる時期です。そして、暑くもなく、寒くもない、一年で一番、ちょうどいい気候です。連休に北軽井沢に来られるお客様は、渋滞に注意してください。とにかく軽井沢が渋滞します。できれば軽井沢を通らずに済むような、国道406号線や、国道144号線を使って、北軽井沢に直行するのが1番無難です。

 別荘地を散歩をすると、トタン屋根に石が落っこちてくるような音が、あちこちでしますが、これは、ドングリが落ちてくる音です。3分おきに落ちる音がします。あと数日すると、10秒ごとに落ちる音がするはずです。ドングリは、紅葉する前に落ちます。そして、全て落ちてしまうと、一斉に紅葉し、葉っぱが落ちてきて、ドングリを隠します。ツウで粋な御客様は、その時期を狙って泊まりに来て、ひたすら散歩しまくります。





 それはともかく、9月は栗やクルミが実ります。そのために、あちこちの道路でクリを拾っているお客様を大勢みかけます。地元民はそういう事はしません。わざわざ国道でクリ拾いなんかしません。自分の家の庭先に栗の木が必ずあるからです。だから国道脇でクリ拾いをしている観光のお客様を見るととてもハラハラします。危ないからです。もちろん、車が通行するので危ないということもありますが、私が言いたいのは、そこではありません。

 素人さんたちは、道路に栗がたくさん落ちていると、ついついそこに車を止めたがいます。そして栗拾いをするわけですが、これが非常に危ないですね。10人に1人ぐらい、被害にあっているのではないかと私は推測しているのですが、栗が落ちている道路に車を止めると、上の方から栗が降ってくる。

 栗というのは、ひとつのイガに何個も入っていて結構重いんですよ。それが車のボンネットに落っこちてきて悲惨な状態になってしまうのです。だから栗拾いをするときは、必ず栗の落ちてない所に車を止めて拾うべきです。それでも拾っている最中に自分の頭に落下してくることもあるかもしれません。でもまぁそれはある意味、運が良かったと思ってあきらめるしかない。ちなみに、あたしの知り合いに、頭に栗が落っこちてきて、血まみれになった人がいましたが、髪の毛があるので絆創膏つけるわけにもいかずに、放置しておいたら、翌日には治っていたそうです。

 そういう私も、北軽井沢に引っ越してきたばかりの時は、大失敗をしています。栗の木の下に車を駐車していたら、翌日にボンネットの上に大量の栗が落っこちていたことがありました。 1台は某メーカーの軽自動車でしたが、ちょっと残念なことになっていました。しかしトヨタのエスティマのボンネットは、さすがに頑丈でした。まったく傷が見えなかった。それ以来、私は、ずっとエスティマに乗っています。今のエスティマは3代目です。

 まぁそんな事はどうでもいいとして、栗よりも気をつけなきゃいけないのは、クルミです。クルミは、栗と違ってポコポコ落っこちてくることありませんが、万が一命中したら、それこそ石ころに当たるようなものなので注意してください。では、くれぐれも事故のないように、注意して運転してください。

 最後に、栗を拾ったら、すぐにレンジでチンしてください。1分でいいです。こうして虫を殺さないと、2日くらいたつと栗から虫がでてきますから、気をつけてください。ちなみに北軽井沢に栗の木が多いのは、戦後の開拓民が、飢饉にそなえて大量の栗の木を植林したからです。そして、植林したはいいけれど、今は誰も栗を見向きもしなくなっています。だから栗を拾っているのは、他所からやってきた人たちばかりです。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:32| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

敬老の日

 今日、息子が学校から帰ってきたら、手紙を書きたいと言ってきた。 一体誰に手紙を出すのかと聞いてみたら、おじいちゃんやおばあちゃんに手紙を出したいという。 何で出したいんだと聞いてみたら、敬老の日だからだと答えました。あれ? 敬老の日って、 9月15日じゃなかったのかな? でも9月15日には、学校があったような。学校から帰って、コンビニにお団子を買いに行って、庭先でお月見をしながらお団子を食べたはずだった。

 あれ? 敬老の日って9月15日じゃなかったんだろうか?

 と思ってカレンダーを見てみたら、 9月20日になっている。変だなぁと思いつつ、インターネットで調べてみたら、9月の第3月曜日が敬老の日ということになっているらしい。そもそも敬老の日が、どうして9月15日だったかと言う事を調べてみたら、兵庫県多可郡野間谷村で、昭和22年9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるらしい。正式に国民の休日になったのは、昭和41年。これが平成13年法改正で9月第3月曜日となったらしい。





 まあそんなことはどうでもいいとして、息子が祖父母に手紙を書きたいと言い出した理由は、学校の先生が言ってくれたからだと思う。私も嫁さんも、敬老の日なんぞすっかり忘れていましたから、小学校の先生が子供たちにしっかりと教えてくれることによって、おじいちゃんおばあちゃんのことを思い出すのは大変良いことだと思う。

 そういえば、息子から父の日や母の日のプレゼントをもらったこともあるが、これも学校教育のおかげかもしれません。こういう教育は、勉強の出来不出来よりも、もっと大切だと思います。これは、建前で言っているわけではなくて、60年生きてきた私の本心であり、20年以上宿屋をやってきて、大勢のお客さんと一緒に山に登ったり酒を飲んだりしてきた人間のひとつの人生観です。

 人間長く生きると、因果応報的なものをたくさん体験しますから、 競争に対する勝敗だけにしか目が入ってないと失敗することを痛いほど体験している。もちろん競争は大切なんですが、それよりも、もっと大切なものがある。でも、一番たいせつなのは、健康だったりします。体も心も健康であることが人生にとって最も大切なものであることは、本当ならば誰もが知っている事実なんですけれど、意外にそれをないがしろにする人たちも多いんですよね。20年ぐらい宿屋をやっているとそういう事例を嫌というほど見てきましたから。

 そういう意味では、長寿を祝う風習というか、敬老の日があるのは、とてもいいことですね。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:47| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

フルーツを食べなくなった子供たち

 古い友人が、子供に勉強させるために、人参として使うためにマカロンを作ったという記事を Facebook に載せていました。残念ながら友人のお子さんは、マカロンというニンジンにあまり興味を示さなかったらしくて、マカロンぐらいでは勉強しなかったらしいです。

 これがうちの息子だったりしたら、たった一個のマカロンで算数の問題集を10ページぐらいやってしまうので、貧乏性な息子でありがたいなぁと思っています。うちの息子は、3歳ぐらいの時、プリッツ一本で、八ヶ岳の登山道を100 m ぐらい自力で登ってくれるほど単純な性格でした。4歳の時は、チョコレート一粒で槍ヶ岳の登山道を200 M ぐらい歩いてくれました。勉強も運動も、安い人参で頑張ってくれますし、漢字検定試験も、くら寿司の寿司食べ放題というだけで、何ヶ月も勉強してくれます。全くもって安くすんでくれるので、我が家の家計は大助かりです。





 まあそんなことはどうでもいいとして、うちのお客さんに関しての話ですが、ここ十数年の傾向を見てみると、子供たちが甘いものを欲しがらない。特にフルーツが嫌いな子供さんが増えてます。ちなみに、うちの息子は8歳ですけれどフルーツが大好きです。私も子供の頃は、フルーツがおやつ代わりでした。秋になると祖母が渋柿を箱詰めにして渋抜きをしたり、干し柿を作ったりしていましたが、あれが楽しみでならなかった。 リンゴや梨やくるみや栗も食べられるので、一年を通して秋が一番大好きだった。だから子供というのは、そういうもんだと思っていたんですが、そのイメージは、 今から10年ぐらい前から大きく代わってきました。

 うちの宿は、朝食や夕食に必ずフルーツを出していたんですが、10年ぐらい前からそのフルーツが残るようになってきた。残すのは決まって子供達だった。逆に残さないのは、年配の方達だった。

 そういえば、お客さんを連れて登山ツアーに行くと団塊の世代のお客さんは、おやつにフルーツを持って行きますね。私の世代ではそういうことはないんですが、団塊の世代の特に女性になると、 山の中に普通にフルーツを持ってくる。 重たいから大変なのになあと思うんですが、そんなことは気にせずにフルーツを持ってくる。そしてよく食べます。特に女性がよくフルーツを食べる。団塊の世代とは言わなくても、昭和30年代から昭和50年代くらいまでに生まれた世代なら、山にフルーツを持ってくる。 特に女性が持ってくる。酷いのになるとスイカまで持ってくる。よほど好きなんでしょうね。





 あと冬になると、みかんをよく食べるのも昭和20年代から昭和50年代くらいまでに生まれた世代の女性達で、1月とか2月のお客さんがチェックアウトした後に部屋掃除に入ると、ゴミ箱から大量のみかんの皮が出てきます。特にリピーターさんたちの部屋から出てくる。北軽井沢ではみかんなんか取れませんから、うちの宿でみかんを出すことはほとんどありません。 それを知ってるリピーターさん達は、わざわざみかんを持ってくる。

 それならばと、夕食や朝食にみかんを出してみると、食べる人は食べるんですが、大量に残ることもある。食べてないのは子供達です。うちの息子はみかんが大好きなので、残ったみかんを全て平らげるんですが、こういう子供は例外みたいで、今の子供達はフルーツを食べなくなっていますね。じゃあ、お菓子を食べるのかと言うとそういうわけでもない。 20年前なら部屋のゴミ箱にお菓子の箱がたくさんあったりしたんですが、今は、そういうゴミを見かけることがありません。特に駄菓子とか、ポテトチップスとか、そういうジャンクフードを見かけることはめったに無くなってしまいました。皆さん健康を気にするようになったんですかね? 

 そういえば、食い意地が汚いというか、何でも食べてしまう、うちの息子でさえ最近は健康志向になっています。まだ8歳なのに健康のことを口走るようになってきている。もっと身長を伸ばしたいという理由で、牛乳をがぶがぶ飲むようになったし、スーパーやコンビニで弁当を買うときも、カロリー表示を見てから買っています。私が八歳の時は、そんなこと気にしなかった。カロリーとか塩分とか栄養表示を気にしだしたのは、四十歳過ぎてからであって、子供のうちから、そんなものを気にするなんて考えられない。世の中全体が、健康志向になっているために、 それが子供の脳を洗脳しているとしか思えません。

 健康志向といえば、この20年間に関西方面の人たちが納豆を食べるようになったということです。朝食に納豆なんか出してしまうと、 20年前なら確実に関西人は食べなかった。関西人の人数ぶんだけ納豆が余ったものですが、今では食べない人の方が珍しい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 18:15| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

十五夜と星空観察会

 息子がぐんま天文台の無料チケットを3人分貰ってきました。夏休みの宿題に書いて提出した絵が、何かの賞に引っかかったらしくて、それがぐんま天文台で掲示されるらしくて、それを見るために無料の入園チケットが支給されたらしい。 思わず息子に対して
「でかした」
と言ってしまいました。ぐんま天文台にはいつか家族で行きたいなーとは思っていたんですが、無料チケットをもらったわけですから、これで行かないと言う選択肢はありません。







 何を隠そう私は天文学オタクです。
 だから、うちの宿では、希望があれば毎日星空観察会を開いています。


 お客さんがいない時は、 暇さえあれば星を覗いているぐらいです。実は今日も、夜の8時ぐらいに家族で庭のテラスに出て夜空を見ながら団子を食べていました。

 今日は9月15日。新暦ではありますが、いわゆる十五夜の夜ですからね。だから団子を買おうと思って近くのセレブセブンイレブンに行ったんですが、団子がなかった。そこで今日は十五夜ですけれど団子は売ってないんですかと聞いたら、「あら?」と驚かれただけで返事をしてくれなかった。 仕方がないので隣のローソンに行ったら三色団子が売っていたのでそれを買ってきて家族で月見をしたわけです。

 話はかわりますが、私が若い頃には、天文という月刊誌があって、月のクレーターをスケッチして郵送すると双眼鏡がもらえたりしました。かなりの確率でもらえたりしたんですが、あの雑誌は今でもあるんでしょうかね?





 話は変わりますが 、今年は天気があまり良くなかったために、夏休み中に星空観察会が、ほとんど開かれることがありませんでした。と言うか、昔に比べて星空の解説を聞きたいとか、星空観察会に参加したいと言うご家族は激減しています。

 20年前に宿がオープンした時は、どんなに曇っていてもろ「星空を見たい」というお客さんが多くて、1時間も牧場で星空が出るまで粘ったことがあります。浅間牧場をナイトハイクしたこともあります。星空の好きなお客さんがたくさんいました。けれど、そういうお客さんは、ここ数年のうちに、どんどん減ってきました。 インターネットの普及と関係あるような気がします。 現代では、綺麗な星空がネットで見ることができますからね。

 あと星空の解説も、だんだんやりにくくなってきています。20年前なら
「あれがウルトラの星だよ」とか
「あれが銀河鉄道999の終点の星だよ」
「あの星が、風の谷のナウシカのラストシーンに出てくる星だよ」
「宇宙戦艦ヤマトの大マゼラン星雲ってどこにあるか知ってる?」
というと、大人も子供も大喜びしていたもんですが、10年ぐらい前になると、ウルトラの星とか銀河鉄道999と言っても、知らない子供たちの方が多くなってきて、 反応するのは大人達だけでした。

 そして最近は、大人も知らなかったりする。ウルトラの星も、銀河鉄道999も、 宇宙戦艦ヤマトの大マゼラン星雲にも、下手したら「風の谷のナウシカ」もご存知なかったりする 。解説する方にとって、本当にやりにくなってきました。





 昔は、子供達の大好きなアニメや、特撮ヒーローものに、星にまつわる話がいっぱいあったんですが、 今の子供達の見るアニメには、星に関連するストーリーがあまりないので、子供達が興味を引きそうな解説も、だんだんと難しくなってきています。

 月についての解説も、昔なら「ウルトラマンA」や「セーラームーン」の話から発展させることができたんですけれど、 今そんな話をしても、知らない子供(大人も)の方が多いので、これもちょっと、難しくなってきました。なので、ここ数年は、下町ロケットの話を絡めて 解説していたんですけれど、下町ロケットも知らない人達が増えてきたので、テレビドラマやアニメで、宇宙に関連性のあるものをやらないかなあと、密かに願っている次第です。

 それから面倒くさいことに、お客さんを連れて近所の道路で解説をしてると、警察がやってきて「キャベツ泥棒してないだろうな?」と 、こっちを疑ってきます。これにはうちのお客さんも驚いていました。本当にやりにくい世の中になってきました。星空の解説も、警察に疑われる時代になったわけですから。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:44| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

JAの食材宅配の車をよく見かけるようになってきた

 今週末は、嫁さんが息子を連れて実家に里帰りしています。なので、週末なのに食事が提供できず、予約サイトにも素泊まり限定にしていました。なので、お客さんは全員が素泊まりです。緊急事態にもかかわらず、素泊まりにもかかわらず、予約が入ってくるのは、人には北軽井沢にくる用事があって、いくら新型コロナウイルスでも、それを止めることが出来ないからでしょう。御客さんには、車で1時間の近県の人も泊まっていますから、大切な用事で北軽井沢にきているに違いありません。

 で、今日も愛犬を連れて小浅間山に散歩に行ったのですが、あすかわらず登山口には大量の車が泊まっていて、大勢の人たちが小浅間山に登っていました。国道146号も、車でいっぱいで、多数の県外ナンバーが走っていました。おそらく別荘族なんでしょうが、感染を恐れて北軽井沢に疎開にきていると思われます。

 なので、疎開を考えている別荘族の方たちに、ビジネスで北軽井沢に泊まろうとしている人たちに向けて、最近の北軽井沢の状況をお知らせしておきます。

 緊急事態宣言で、北軽井沢の何が変わっているかと言うと、レストランです。多くのレストランが休業しています。営業補償をもらえるからです。ペンションなどの宿屋には、そういう保証がありませんので、宿は空いていますが、レストランは、必ずしもそうではありません。そのうえ閉店してしまったレストランも何軒かありますので、外食がとりずらくなってきています。ですからコンビニを利用することになりがちになります。でなければ、スーパーで総菜を買うということになります。このあたりを計算して北軽井沢にくるとよいと思います。そういうことを想定して、うちの宿には、電気ポット・電子レンジ・共同の冷蔵庫がありますので、御客さんに使ってもらっています。

 あと、これは地元民が主に利用しているのですが、JAの食材宅配を利用する人たちが大勢います。とにかくJAの食材宅配を利用する人たちが増えましたね。うちの御近所さんも、奥さんの妊娠を機会に毎日配達してもらっていました。少し前までは、コンビニに車を駐めると、JAの食材宅配の営業さんからよく声をかけられました。特に嫁さんのお腹が大きいときには、毎回声をかけられたようです。コンビニ前で待ち構えるのは、賢いなあと感心したものです。





 けれど新型コロナウイルスになってから、そういう営業さんを見かけなくなったので、いまは営業どころでは無いくらいに忙しいんでしょう。うちの前にある村道にもJAの食材宅配の車がガンガン走っています。宅急便の車もガンガン走っていますね。外出すると、JAの車と、ヤマト運輸の車ばかり見かけますね。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:18| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

小浅間山で2頭の大型犬が迷子です

 今日の朝10時頃に小浅間山に登ったんですが、登山道の途中で2頭の大型犬が、登山客に吠えまくっているのを発見しました。おそらく迷子犬だと思われます。なんとか確保して帰ろうかと思ったんですが、非常に攻撃的な犬だったので確保をあきらめて写真を撮ってたった今(12時)帰ってきたところです。

F1000047.JPG

 小浅間山の登山道は、カモシカが非常に多いところです。晴れている限り私は毎日登っていますが、2回に一回はカモシカに出会います。実は皆さんも小浅間山で出会っているはずなのですが、草木の陰で動かずにじっとこちらを見ているために気が付かないだけです。カモシカというのは縄張り性動物なので、毎日同じ所を歩いてマーキングします。そして小浅間山の登山道から浅間山の登山道にかけて、よくマーキングの後をつけています。つまり登山道のあちこちが、カモシカの住処であるわけです。

 こういうところに慣れてない猟犬や攻撃的な犬をノーリードで連れて行けば、カモシカを追いかけるなというのが無理な話です。カモシカは、急な崖をぴょんぴょんと飛んで行きますので犬がそれを追いかけてしまったら、飼い主はもう確保することはできません。こうして何匹もの犬が、小浅間山で迷子犬になるわけですが、犬を飼ってる人は、小浅間山が、こういう山であることを知っておいた方がいいですね。

 ちなみにうちの犬も、子犬の頃は何度もカモシカを追いかけようとして、慌てて止めました。今はカモシカやヤマドリがいても絶対に追いかけず、ピクリとも動きません。そうなるように訓練するのに3日ぐらいかかりました。ちなみに犬種は、頭が良いことで有名なシェットランドシープドッグです。まあそんなことはどうでもいいとして、飼い主の方は、心配されていると思いますが、今でも二頭は小浅間山の登山道の中でうろうろしていると思います。そして時々、登山客に攻撃的に吠えていると思います。世の中には犬嫌いの人もいますので、事故が起きる前に急いで確保してください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

追伸(15時31分)

小浅間山で出会った迷子の大型犬2匹のことですが、飼い主と連絡が取れました。脱走した犬でした。もの凄く遠いところから脱走したようです。脱走経路は、大日向方面から、山の中を林道経由で小浅間山に到着したと思われます。犬種はセッター(猟犬)なので動物を追いかけて遠くに北可能性があります。ちなみに親子。吠える方が母親です。子供を守ろうとしているかもしれません。見つけた方は、佐久保健所に御連絡を。飼い主に連絡が行きます


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追伸(8時30分)


ご報告。
 1匹は怪我をしてたのを料金所近くで捕まえた人がいて、警察に保護されて救われました。子供の方です。もう1匹は、太平洋ゴルフのところで夜に飼い主が保護されています。1匹は北軽井沢動物病院で入院しているそうです。
 脱走した原因は、犬舎の柵の隙間から子供の方が逃げ出して、それを親が追いかけたようです。飼い主さんの話では。親は絶対に逃げなかったらしいのですが、子供は初めての軽井沢だったので、小さな隙をみつけて脱走し、慌てた親が追いかけたのではないか?と飼い主は推測しています。

 私が、小浅間山で攻撃的なセッターに出会って、どうしても確保できなかった理由は、親が子供を守ろうとして攻撃的であった可能性があります。結果として、2匹バラバラになり、確保しやすくなったのではないでしょうか? あと、セッターのような、いくらでも走る犬種にはGPSも検討した方がいいかもしれませんと言っておきました。

 今回は運良く、大日向方面から、人通りのある小浅間山方面に向かってくれたから助かりましたが、逆方向に向かっていたらアウトだったので、運がよかったと思います。あと飼い主が、すぐに保健所に通報したために発見者の私と、すぐに連絡がとれたので、探す範囲が限定されたのもグッジョブでした。それとsnsの効果というか、威力も凄いなあという感想です。迷子犬対策には、保健所への通報とsnsへの連絡が一番ですね。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 12:18| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

北軽井沢の旅行で気をつけること

 いよいよ御盆シーズン突入ですが、北軽井沢は、徐々に涼しくなってきています。朝晩は寒いくらいです。今日の日中の最高気温は27度でした。とはいうものの、日中は暑いです。気温は大したことが無くても、直射日光が痛いくらいに強いので、暑いのです。逆にいうと木陰は涼しい。なので日焼止めと、帽子は忘れないようにしてください。日傘もあってもいいですね。けれど、朝晩は冷えます。間違えてもTシャツ1枚でくるようなことは避けてください。


wwwMG_2678.JPG


 話は変わりますが、御客様の旅行気分を台無しにしてしまう宿屋があるようです。前々から新型コロナウイルスの感染拡大を理由にキャンセルを迫ってくる宿屋は、少なからずいましたが、それは仕方ない面もあるとはいえ、トゲのある言い方で御客様を不愉快にさせる宿があることに、同業者として心をいためております。

 こういう事は、あってはならないし、少なくとも、うちの宿に関しては、感染の疑いがないかぎり、予約してくれた御客様をむげにすることはありませんし、そういうことは、あってはならないと考えています。宿屋は、夢を売る商売ですから、できるだけ御客様には楽しんで帰ってもらいたいし、各自が感染防止に努めることによって、新型コロナウイルスを阻止できるものだと信じています。ちなみに 吾妻郡(中之条町、東吾妻町、長野原町、嬬恋村、草津町、高山村)における本日の感染者はゼロ。直近の1週間でも2名で群馬県で一番感染者の少ない地域です。



 それから繁忙期の外食事情について。

 お盆では、どの店でも混雑していますので、外食するばあいは、レストランの御予約をすることをお勧めしています。でなければ、すこし早いですが17時頃だとたいていの店は空いていますので、その時間帯がチャンスです。近辺で外食ができるお店を紹介しておきます。電話番号を書いておきますので参考にしてください。なお、どのお店もラストオーダーが早いので気をつけてください。私のすすめは、パンカーラ・ソニアンです。小さなお子さんがいる方は、多少は遠くてもよいなら広い座敷のあるつつじの湯・あやめ亭・太甲・仲居屋がよいかもしれません。うちの宿が夕食を作ってない時は、コンビニ弁当を買ってきて当宿の食堂で食事をするのもアリです。自由に使ってください。お湯も電子レンジもあります。お茶・珈琲も自由に飲んでください。宿側から一品の差し入れがでることもありますし、クレーンゲームで御菓子もでてきますし、カップ麺(100円)とピザ(1000)なら、食事提供の無い日も用意できます。


◆北軽井沢
アタゴオル 0279-84-3663(夜は予約制)
珈琲ポプラ 0279-84-2004(古い店)
広瀬 027-984-6822(高級割烹・高額)
ハコニワ食堂 090-9328-5476
ゆきのや 090-6301-9928
ママーズガーデン 027-984-3130(混雑する)
星の子(お好み焼き)027-984-1138(評判は悪くない)
パンカーラ 027-984-3848 ←おすすめ!
こづまや(蕎麦・定食)0279-84-5208(比較的空いている)


rs-5.jpg


◆比較的の近所の店
ソニアン(パスタ)0279-84-6565 ←おすすめ!
寿寿(じゅじゅ) 0279-84-4324
清徳(本格中華) 0279-86-4501
イタリアン『ピノ・コリーナ』0279-82-1386(徒歩15分)
居酒屋『たっちゃん』090-8098-5149(徒歩3分)
古瀧庵(蕎麦)0279-84-2887(徒歩5分)



rs-2.jpg



◆車で10分から25分
あやめ亭(和食)0279-82-1020←おすすめ!
嬬恋高原ブルワリー(ビヤホール)0279-96-1403(超人気店!)
中居屋(和食)0279-97-2643 ←おすすめ!
太甲(たいこう・和食) 0279-97-2221 ←おすすめ!
つつじの湯(レストラン)0279-98-0930 ←おすすめ!
北軽井沢倶楽部(洋食)0279-82-1980
あさぎり(蕎麦) 0279-96-2705



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 16:48| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

これから軽井沢は大渋滞の季節です

 今日、軽井沢に買い出しに行ってきたのですが、さすがに混んでました。行きはともかく、帰りは凄かった。昼の12時頃ですが、北軽井沢の浅間牧場から中軽井沢駅までズラーッと車が列を作っていました。つまり、この時間に北軽井沢から、軽井沢方面に向かってはダメと言うことになります。オリンピックが終わってしまった今、軽井沢に来る御客様が激増する可能性があります。

 あと毎年、お盆の軽井沢は大渋滞になります。
 新型コロナウイルスがあっても、軽井沢の混雑は例年どうりです。

 特に10時から12時頃と、15時から18時にかけては、大渋滞します。
 これは、宿にチェックインする御客様や、
 宿からチェックアウトする御客様が、
 一斉に車を走らせるからです。

 逆に言うと、朝8時頃と、12時から14時までは、比較的にすいています。だから、15時前に北軽井沢に着くようにしていけば、大渋滞にまきこまれるおそれはありません。食事をとられている御客様は、早め早めの移動を心がけ、予定より早いくらいのチェックインをおすすめしています。混み合う前に北軽井沢にいらっしてください。

 特に用がなければは、軽井沢経由で北軽井沢に来るのは避けた方が良さそうです。おすすめのルートは、国道406号を経由して、二度上峠を通過するルートです。高速で来られる場合は、軽井沢インターではなく、東部湯の丸インターで降りて、地蔵峠・鹿沢温泉経由で来るか、渋川伊香保インターで降りて国道353号を草津・嬬恋方面に向かって走った方がよさそうです。





 ちなみに軽井沢インターから、北軽井沢まで、渋滞が無くても50分かかります。前橋インターから北軽井沢までが70分であることを考えると、これは、ものすごい遠回りです。なので混雑の有無をぬきにしても、前橋インターから北軽井沢までが一番の近道です。もちろん軽井沢が混雑してることを考えると、軽井沢インターから北軽井沢に向かうのは避けるべきです。どうしても軽井沢インターを使いたいのであれば、昼の11頃までに軽井沢インターに到着するよう心がけてください。

 最後に通行止めのお知らせです。黒斑山のそばにある車坂峠から嬬恋村に続く林道は、通行止めになっていて通過できません。御注意ください。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:軽井沢の渋滞
posted by マネージャー at 21:20| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月05日

8月の北軽井沢なら観光農園もいい!

 群馬県にも、本格的な感染拡大の「第5波」が到来し警戒度を「4」に引き上げることになりました。
 新型コロナウイルス感染症の発生について(令和3年8月4日公表)ですが、
  (https://www.pref.gunma.jp/02/z87g_00593.html

 渋川 11名
 伊勢崎 38名
 安中 3名
 藤岡 3名
 富岡 5名
 吾妻 0名←(北軽井沢・嬬恋村は、ここにあたります)
 沼田 1名
 太田 24名
 桐生 19名
 館林 27名
 県外 7名
 計 138名

となっています。また、直近1週間の陽性者数も、吾妻郡は、3名のみです。
宿泊施設でのクラスター感染も、群馬県全体で一軒のみ。
他の施設と比較しても非常に少ないので観光関係者は頑張っている方です。
とりあえず観光地である吾妻郡は、いまのところ安心してよいと思います。
もちろん油断できませんので、各自で感染防止につとめてください。

 うちの宿も合計20個の最強の空気清浄機と、全室の換気栓と、換気機能付きエアコンで、うてる手段は、すべてうちました。あとは、補助金申請によって、オフシーズンに高ウイルス塗料を壁に塗る予定ですが、これは秋以降になりそうです。

 話は変わりますが、台風19号で不通となっていた国道144号の工事中の残り300mが、8月10日午後2時から片側通行が可能となります。お盆前に片側交互通行ができることとなり、本当によかったと思います。これで迂回路を通らずに、つつじの湯に行くことができるようになりました。





 それから北軽井沢では、ブルーベリーが旬です。石田観光農園(0279-84-2457)・北軽井沢ブルーベリー園(0279-84-3273)で食べられます。とくに石田観光農園は、農作物を50種類以上育てています。季節ごとにいろいろな農作物を収穫し、園内で食べることができる体験型観光農園ですが、8月が一番のピークで、8月が一番、獲れる作物の種類が多くなります。だから8月が一番おすすめです。秋ではありません。8月です。8月なら、コーン、すもも、桃が食べごろです。甘みが強くて濃厚です。夏野菜であるズッキーニやナスはもちろん、ジャガイモ、キュウリ、いんげん、にんじん、大根も収穫できます。





 それから、これは朗報になるのかどうか、わかりませんが、今年の北軽井沢は、人が少ないために、毎年激混みだった久保農園・羽生田農園が空いています。以前なら1時間の行列でしたが、今年は、あまり行列にはなりません。あと日照の関係か、今年の野菜のできはよさそうです。トウモロコシも甘い。なので、北軽井沢に来る場合は、保冷箱をもってくるといいです。





 あと、軽井沢名物の夏秋いちご狩りの『定量摘み取りプラン+お土産付き』は、予約がないと入れません。御盆は、ビッシリ埋まってきていますが、その前後なら予約がとれる日も残っています。まずは連絡してみてください。長野県北佐久郡軽井沢町発地2062-1 軽井沢ガーデンファーム 電話0267-48-3620。

 最後に、自由研究の宿題が、まだの方は、浅間園の見学はどうでしょう?
 浅間園では「夏休み自由研究セット」の販売してますし、
 浅間山自然観察ノートもダウンロードして、印刷して持ち歩けますので、浅間山を研究できます。





 浅間園については、ついさっき行ってきたので、明日にでも、このブログで解説したいと思います。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 14:20| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

風立ちぬ(堀辰雄)の聖地

 堀辰雄文学記念館は、軽井沢ではなく、信濃追分にあります。どうして信濃追分にあるかというと、そこで文学活動をしたからで、追分の油屋で缶詰になって執筆活動をし、最終的に信濃追分に住んだからです。これを疑問に思っていいる御客さんから質問がありました。

「どうして軽井沢でなかったのでしょうか?」
「・・・」
「親子のようなつきあいをしていた室生犀星は、軽井沢で文学活動をしてたのに」
「・・・」
「堀辰雄だって、最初は軽井沢で活動してましたよね」
「・・・」
「そもそも堀辰雄の作品じたいが、軽井沢を舞台としていますよね」

 堀辰雄と室生犀星は、実の親子のように深い親交がありました。きっかけは、大正12年。当時18歳だった堀辰雄に、中学時代の校長先生から室生犀星を紹介されたことから始まります。このとき室生犀星は34歳でした。室生犀星は、前の年に息子を失くしたこともあり、堀辰雄に父親のように接しました。堀辰雄は室生犀星とともに軽井沢を訪れます。そして室生犀星から芥川龍之介を紹介されます。そして翌年の夏には室生犀星と芥川龍之介のいる軽井沢を訪れ、みんなでドライブなどして楽しい時間を過ごしています。芥川龍之介は堀辰雄を弟のように可愛がりました。

 そして昭和2年に堀辰雄は『ルウベンスの偽画』を発表。2年前の夏に3か月間軽井沢に滞在した体験をもとに小説にしています。ヒロインはそのとき一緒に過ごしていた芥川龍之介の恋人の娘・片山総子がモデルです。しかし、その直後に兄のように慕っていた芥川龍之介が自殺。堀辰雄はショックを受けました。その体験をもとに翌年、『聖家族』を出版します。これが小説家・堀辰雄の出世作となりますが、あまりにもリアルだったので、登場人物のモデルであり、芥川の恋人であった片山廣子とその娘・総子から罵倒され、
「堀辰雄との噂のせいで縁談がことごとくダメになる」
「堀はひどい人間だ」
と訴え、文芸春秋社に押しかけたり、母・廣子も
「ゴシップを言いふらさないでほしい」
と文学関係者のもとをまわったりしています。堀辰雄は沈黙を守って耐えましたが、体を壊し、それから以降は、軽井沢へ療養に訪れるようになりました。



 そして昭和8年の6月から9月にかけて、堀辰雄は軽井沢の「つるや旅館」に滞在。そのときに『風立ちぬ』のヒロイン・節子のモデルとなった矢野綾子と出会います。矢野綾子は、結核の療養のために軽井沢に滞在していましたが、なかなか回復しませんでした。堀辰雄と矢野綾子は、一緒にサナトリウム入所しますが、綾子は回復せず24歳の若さで亡くなります。

 その後、堀辰雄は「風立ちぬ」を書き始めます。信濃追分の「旅館・油屋」で作品を書き上げます。どうして信濃追分の「旅館・油屋」だったのか? どうして軽井沢の「旅館・つるや」でなかったのか?

 確かに、このへんのことは、地元民しか知り得ないかもしれませんね。それも地元の宿屋しか、分かりえないかもしれない。ようするに軽井沢の「旅館・つるや」から追い出されたんです。昔の由緒ある旅館は、文人を何ヶ月も泊めて、宿代を催促しなかった。宣伝代わりに何か文章を書いてもらって、その原稿料がはいるまで催促しなかった。だから堀辰雄は、初期の頃は、軽井沢や旅館つるやを舞台とした小説を書いていた。

 でも軽井沢と言うところは、夏になるとガンガン御客さんの予約が入る。最初は、いい部屋に泊まっていた堀辰雄も、だんだん悪い部屋荷なり、大部屋にうつされ、そこも追い出されて布団部屋に。だけど、最後には布団部屋さえも追い出される。



 上のYouTube動画でわかるとおり「軽井沢旅館・つるや」では、さかんに堀辰雄で宣伝しているけれど、当時の「つるや」は、それほど堀辰雄にやさしくなかった。堀辰雄は、旅館を追い出されてしまうのである。

 で、夏でも満室にならない信濃追分の旅館・油屋にやってきた。そして、堀辰雄は、信濃追分を舞台に執筆する。「風立ちぬ」も信濃追分が舞台じゃ無いけれど、信濃追分の旅館・油屋で執筆している。

 信濃追分の旅館・油屋の御主人は、商売根性まるだしの軽井沢の旅館と違って、江戸時代の素封家の気質が残っていたから、宿代を催促しない。なので堀辰雄は、宿代を払うためにヒーヒー言いながら文章を書かない。自分の書きたいものしか書かない。そういう背景のもとに「風立ちぬ」は完成したわけです。

 ちなみに信濃追分の旅館・油屋で、加藤多恵と出会ってます。「風立ちぬ」のヒロインである矢野綾子は亡くなる前に、自分の父に「辰っちゃんは本当にいい人だから、どうか奥さんを見つけてあげてね」と言い残してました。その遺言どおり矢野綾子の父は堀辰雄と加藤多恵の仲をとりもったわけです。そして、堀辰雄と加藤多恵は、室生犀星夫妻の媒酌によって結婚式を挙げました。

 第二次世界大戦の最中である1944年、堀夫妻も疎開の必要を感じて信濃追分に家を見つけたのですが、引っ越しの準備をしているときに辰雄は血を吐いてしまい、1953年5月28日、堀辰雄は信濃追分の自宅で亡くなりました。6月3日には東京・増上寺で告別式が執り行われ、川端康成が葬儀委員長を務めました。また、妻の多恵は「堀多恵子」という筆名で辰雄に関する随筆を多く残しています。





 ジブリの宮崎アニメの『風立ちぬ』は、堀辰雄の『風立ちぬ』のオマージュです。ここでもやってしまってるのか宮崎アニメよという感じです。堀辰雄は、19歳で結核患者になっています。結核は、当時は死の病気。だから『風立ちぬ』の体験が入っています。女子を泣かす文学の先輩としては、室生犀星もこれにあたりますが、室生犀星の場合は、不幸な生い立ちにおけるリアルさがありますけれど、堀辰雄の文学は、少々ロマンチックというか、ライトノベルや携帯小説ぽいところがあります。両方ともライトノベルぽいので、似ていると言えば似てるのですが、微妙に違っています。両者を比較して読んでみると面白いですね。もちろん読みやすいのは、堀辰雄ですけれど、室生犀星もかなり読みやすい。

 ちなみに『風立ちぬ』は、主人公のヒロインが結核で死ぬ話なのですが、昔は結核になると、死を宣告されるような重い病気でした。しかし、軽井沢に療養に来ると、不思議と結核が治るケースが多かったのです。そのために全国の結核患者が、次々と軽井沢にやってきました。そして色々なドラマが生まれたりしたのですが、それを小説にしたのが堀辰雄です。

 今では、どうして軽井沢に来ると病気が治るのかが、医学的に証明されつつあります。森の中に三日間滞在すると、体内のnk細胞が増加して、体の免疫機能が増えるのです。そのために、人によっては、自分の持ってる免疫力で病気を退治したりしました。おまけに軽井沢には、カラマツという針葉樹林がたくさんあります。針葉樹林は、広葉樹林よりも免疫力を増すと言われているらしい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:07| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

北軽井沢で避暑するコツ

 今年は涼しいですね。これからのことは分かりませんが、いまのところ北軽井沢は、例年より涼しいです。そのせいか、新型コロナウイルスのせいかはわかりませんが、県外ナンバーの車が、例年より少ない気がします。とりあえず、今のところは涼しい。涼しいと言っても日中は、暑い。ようするに寒暖差が激しい。問題は、夜中から朝にかけて涼しいことです。朝方はTシャツ1枚では寒いので注意してください。御客様の中には、Tシャツしか持ってこない人がいますが、いくらなんでも無謀です。


wwwMG_2678.JPG


 北軽井沢の8月の平均気温は、 20度ちょっとぐらいと言われています。これだけ聞けば、ずいぶん涼しい所のように思えるかもしれませんが、そういう訳ではありません。日中は、30度ぐらいまで上がることもあります。逆に言うと朝晩は寒いのです。要するに寒暖差が激しいのです。夜は冷えますし、お盆の時期であっても羽毛布団にくるまってないと風邪をひいてしまいます。万が一のために予備の毛布も置いてあります。何年か前に、ひどい冷夏だった時がありましたが、その時はストーブを焚いたこともありました。

 あと日焼止めと、帽子も必要です。昼間の日差しが強いからです。気温が低くても、日差しが強いのが北軽井沢です。標高がたかいために直射日光が強い。その逆に林の中が涼しい。日中の暑さが1番ピークの時でも恐ろしいほど涼しい。実際の気温よりも涼しく感じるのです。これは森の緑が、光合成を行うことによって水分を蒸発して打ち水効果の役割を果たしているからだと思われます。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 23:43| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

地獄の4連休が終わって

21-529-07.JPG


 地獄の4連休が終わって、4連休中の睡眠不足を補うために、さっきまで昼寝してました。昼寝のつもりが夜になってたので、子供会から帰ってきた息子に、御飯をたべさせ、風呂に入れて、ついさっき寝かしつけたばかりです。息子は、子供会の肝試し大会が楽しかったらしく
「夏休みで一番楽しいのは子供会」
と言ってて、目頭が熱くなりました。他の家庭では、夏休み中に、旅行に出かけたり、家族で遊んだりするのでしょうが、うちは避暑地の宿屋なので、そういう家族行事はできません。なので唯一、息子が楽しみにしているのが子供会のお化け屋敷で、恐がりのくせに「ぎゃー」と絶叫しながら楽しんでました。怖いけれど好奇心に勝てない。それが夏休みの唯一の娯楽というわけです。

G_105.JPG

 可愛そうだなあ・・・と思っていたら、4連休の最終日に関西から息子と同じくらいのお子さんがいるファミリーの6人組がやってきて、そこの兄妹と息子が意気投合して庭で遊んでました。一般的に関西人は、ひとなつっこくて、陽気なので素朴な北関東の人間と相性がよく、楽しそうでした。庭の遊具で仲良く遊んでいる姿をみて、トランポリンや、ミニハウスなど、たくさんの大型遊具を買っておいて良かったと、つくづく思いましたね。

G_103.JPG

 話は変わりますが、関西の人が御客さんに多いと、雰囲気が変わりますね。御客さんどうしが、すぐに仲良くなる。新型コロナウイルス以後、そういう事が無くなりつつあり、御客さんどうしの会話も減りつつあるのですが、フレンドリーな関西の人がいると、雰囲気ががらりとかわる。

 あと、独身時代にユースホステル会員だった御客さんが、結婚して子連れで泊まりに来てくれた人もいましたが、そういう人たちも、いろんな御客さんとフレンドリーになって、住所交換?またはライン交換をしてました。うちのようなユースホステルでは、こういうことは珍しくなく、昔は一期一会の見知らぬ人が、住所交換して写真を送りあったものです。そうこうするうちに御客さんどうしが結婚することもおおく、現に、うちの宿で知り合った御客さんが何組も結婚してますし、うちの宿で働いていた人間が御客さんと結婚したパターンもけっこうあります。

 もっとも新型コロナウイルス以降は、そういうことは無くなって、御客さんどうしの会話も無くなっていたのですが、最初にそれを破壊したのが北関東の人間。南関東からの予約が減ったこともあり、北関東の人たちが泊まりやすくなったのかもしれません。あと、いつもなら東京にいくはずの北関東の人が、東京を控えたために北軽井沢に流れてきたのかもしれません。群馬・栃木・茨城の人たち。この三県からくるファミリーは、素朴で素で面白い人が多く、天然なのかどうかわかりませんが、かなりフレンドリーですね。あと関西の人たちもフレンドリーです。北関東の人間と関西の人間は、相性が良いのかもしれません。

G_100.JPG

 まあ、そんなことは、どうでもいいとして、4連休のあいだ、つまんなそうにしていた息子が、関西から来た御客さんのお子さん仲良く遊ぶことが出来、子供会で楽しめたことにホッとしました。本来なら夏休み中も学校は空いていて、スクールバスも運行されており、プールで遊んだり、校庭で遊んだりできたんですが、新型コロナウイルスで全て廃止になっています。つまり宿屋の息子は、夏休み中は、引きこもりになってしまったわけで、それだけに、どんな夏休みを息子に提供すべきか悩みはおおきいです。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:32| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

繁忙期の北軽井沢における外食事情

 この連休は、どの店でも混雑していますので、外食される御客様は、前もって御予約をすることをお勧めしています。すこし早いですが17時頃だとたいていの店は空いていますので、その時間帯がチャンスです。近辺で外食ができるお店を紹介しておきます。電話番号を書いておきますので参考にしてください。


rs-1.JPG


◆北軽井沢
アタゴオル 0279-84-3663(夜は予約制)
珈琲ポプラ 0279-84-2004(古い店)
広瀬 027-984-6822(高級割烹・高額)
ハコニワ食堂 090-9328-5476
ゆきのや 090-6301-9928
ママーズガーデン 027-984-3130(混雑する)
星の子(お好み焼き)027-984-1138(評判は悪くない)
パンカーラ 027-984-3848
こづまや(蕎麦・定食)0279-84-5208(比較的空いている)


rs-2.jpg


◆比較的の近所の店
ソニアン(パスタ)0279-84-6565
寿寿(じゅじゅ) 0279-84-4324
清徳(本格中華) 0279-86-4501
イタリアン『ピノ・コリーナ』0279-82-1386(徒歩15分)
居酒屋『たっちゃん』090-8098-5149(徒歩3分)
古瀧庵(蕎麦)0279-84-2887(徒歩5分)


rs-3.JPG


◆車で10分から25分
あやめ亭(和食)0279-82-1020
嬬恋高原ブルワリー(ビヤホール)0279-96-1403(超人気店!)
中居屋(和食)0279-97-2643
太甲(たいこう・和食) 0279-97-2221
つつじの湯(レストラン)0279-98-0930
北軽井沢倶楽部(洋食)0279-82-1980
あさぎり(蕎麦) 0279-96-2705


rs-5.jpg


 なお、どのお店もラストオーダーが早いので気をつけてください。私のすすめは、パンカーラ・ソニアンです。小さなお子さんがいる方は、多少は遠くてもよいなら広い座敷のあるつつじの湯・あやめ亭・太甲・仲居屋がよいかもしれません。うちの宿が夕食を作ってない時は、コンビニ弁当を買ってきて当宿の食堂で食事をするのもアリです。自由に使ってください。お湯も電子レンジもあります。お茶・珈琲も自由に飲んでください。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 00:23| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

最新の外来温泉情報(北軽井沢)

 連休2日目。やはり軽井沢は大渋滞でした。これから北軽井沢に来られる御客様は、軽井沢をスルーして来た方がよさそうです。特にアウトレットが大渋滞しています。18号バイパスも時間によっては渋滞していますし、軽井沢インターから軽井沢駅方面も渋滞していると、今日の御客様から聞いています。はやめはやめの行動をし、早い時間にチェックインすることをおすすめします。

 ちなみに北軽井沢ですが、夏場は、ときどきゲリラ的な豪雨が降ることがあります。晴天だからといって油断しないでください。それから小諸から車坂峠経由で、嬬恋村には下りることが出来ません。途中から通行止めになっています。また、一部の道路が台風19号の影響で迂回が必要になっている場合もあります。






以下、最新の外来温泉情報です。
新型コロナウイルスの感染状況によっては、営業形態が変わっている可能性がありますので、かならず電話で確認して出かけてください。

◆ホテルグリーンプラザ(軽井沢おもちゃ王国併設のホテルです)
 北軽井沢ブルーベリーYGHよりお車で約7分
 営業時間 午後3時〜23時
 割引券利用で大人1100円、子供(3歳〜小学生)550円
 〒377-1512 群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
 TEL:0279-86-4111

◆地蔵川温泉
北軽井沢ブルーベリーYGHよりお車で約5分
 営業時間 午前10時半〜18時
 大人料金800円(税込) ⁄ GW・8月は 1,000円(税込)
 子供料金500円(税込) ⁄ GW・8月は 600円(税込)
 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1988
 TEL:0279-84-2311

◆つつじの湯(おすすめ!)
 車で約20分。道路通行止め箇所がありますので、
 スタッフまでお問合せください。
 営業時間 午前10時半〜21時
 畳敷きの休憩室あり。レストラン併設。
 大人600円(岩盤浴込み)
 小人300円(3歳から中学生)
 〒377-1614 群馬県吾妻郡嬬恋村田代930
 TEL:0279-98-0930

◆ホテル1130
 車で約4分。ただし、オムツのとれていないお子さんはご利用いただけません
 営業時間 午後14時〜17時
 前売り券を販売しております。
 通常料金大人1150円が600円になります。
 お子さんの分は現地でご購入ください。
〒377-1402 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1453-2
 TEL:0279-86-6111

◆新鹿沢温泉「とべの湯」
 11:00〜20:30(※季節により変動あり) 600円
 〒377-1614 群馬県吾妻郡嬬恋村 乙682
 電話: 0279-98-0280




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 23:00| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

軽井沢は大渋滞が予想されます。

 いよいよ4連休ですが、軽井沢は大渋滞が予想されます。特に10時から12時頃と、15時から18時にかけては、例年大渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃はガラガラですし、12時から15時までは、比較的にすいています。だから、15時前に北軽井沢に着くようにしていけば、大渋滞にまきこまれるおそれはありません。食事をとられている御客様は、早め早めの移動を心がけ、予定より早いくらいのチェックインをおすすめしています。


 特に用がなければは、軽井沢経由で北軽井沢に来るのは避けた方が良さそうです。おすすめのルートは、前橋インターで下りて国道406号を経由して、二度上峠を通過するルートが一番早いです。渋川伊香保インターで下りて、国道145号経由でくるのもありです。関西方面から来られる場合は、軽井沢インターではなく、東部湯の丸インターで降りて、地蔵峠・鹿沢温泉経由で来るか、上田インターで下りて、鳥居峠から来た方がよさそうです。






 それと、もう一つ気をつけなければいけないことがあります。北軽井沢は、夏でも朝は寒いことです。もちろん日中は暑いです。暑くて日差しが強いので、帽子や日焼止めクリームが必要ですが、寒暖差がはげしいので、早朝は寒かったりするので注意してください。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








ラベル:軽井沢 渋滞
posted by マネージャー at 06:16| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

日差しが強いときにおすすめする登山(離山)

 今日は、すごく暑かったので離山に行ってきました。この山は真夏日の晴天時に最も相応しい山です。行程の95パーセントが森の中だからです。そういう山は、北軽井沢にもあって、鷹繋山とか、鼻曲山とか、浅間隠山とかが、登山道の9割が森の中であるために、涼しく登れます。間違っても、浅間山・根古岳・湯ノ丸山に登ってはいけません。地獄をみますから。

 一番良いのは、鷹繋山なんですが、台風19号で浅間大滝の登山口の橋が無くなってしまい、事実上、廃道になってしまっています。鼻曲山も最近は登山道が荒れてきています。唯一、浅間隠山の登山道だけが立派に整備されていますが、ボランティアで整備している方も、高齢で最近はみえなくなっています。その方は、倉渕村の方で、榛名山の登山道の整備もしているので、そっちが忙しくて浅間隠山まで手が回らないのかもしれません。それでも浅間隠山の登山道は荒れていません。登山者が多いからかもしれませんね。

 でも、暑いときに一番気持ちの良い登山が出来るのは、やはり離山ですね。この山の森を歩くのは、何回おとずれても楽しい。特に、木道部分の空中散歩がいい。

7-28_01.JPG

7-28_02.JPG

 母親は手ぶら。
 息子が荷物をかついでいる。
 もちろん親より体力がある。

7-28_03.JPG

7-28_04.JPG

 木道が高い位置にあるので樹木を見下ろせる。
 樹幹が観れるのです。
 その新緑が美しい。

7-28_05.JPG

 ふつう、こういう山は、95パーセント森の山は、頂上に行っても展望がよくないのですが、離山の頂上の展望は、最高にいい。

7-28_08.JPG

7-28_09.JPG

 浅間山が、一番かっこよく見える。
 軽井沢の町が俯瞰できる。
 で、ここで皆さんにとっておきの話をすると、ここから眺める軽井沢の夜景が美しいのです。

 ちなみに今日の軽井沢の気温は30度ですが、下の画像を見てください。息子の奴は、暑苦しい長袖で登山していますが、全く汗をかいていません。森の中を散策しているせいか、こんなかっこうでも、汗をかかずに登れる。もっとも息子の奴は、8歳なので、親よりも早く登れる体力をもっているせいでもあります。途中で母親の荷物を担いでましたし。

7-28_06.JPG

7-28_10.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング










ラベル:離山 軽井沢 登山
posted by マネージャー at 23:11| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【7】

 この博物館の凄いところは、全館写真撮影ができることにありますが、その撮影を間近でできるところが、また凄い。縄文土器・石器をほぼ目の前で見れて撮影できる。下の写真でもわかるように引き出しを引くと、石器がでてくる。

21627_08.JPG

21627_09.JPG

21627_10.JPG

 縄文土器も、近距離でみれるし、接近して写真もとれる。

6-27_31.JPG

21627_04.JPG

21627_01.JPG

 これほど見学者に親切な博物館はありません。

 埋蔵文化センターで発掘物を丁寧に説明してくれた埋文の発掘の先生たちを思い出しました。工事用プレハブハウスにずらりとならんだ発掘資料を、私のような見学者に対して親切丁寧に解説してくださった諸先生たちの思いやりを思い出しました。埋文の先生たちも、この博物館も、心根に見学者への親切があるようにおもいます。

 さて、7回にわたる解説で、少しでもやんば天明泥流ミュージアムに興味を持たれた方に朗報があります。毎週土日・祝日には10:30〜と13:30〜の2回、学芸員さんによる展示解説をおこなっています。解説をきけば、感動すること間違いないです。

 実は私は、その解説の内容を、このブログで公開してません。なので、このブログを読んでも学芸員さんによる展示解説と重複するところはありませんので、やんば天明泥流ミュージアムに行くなら、学芸員さんによる展示解説を聞くべきです。


 毎週土日・祝日の10:30〜と13:30〜の2回です。

 群馬県吾妻郡長野原町大字林1464-3
 0279-82-5150
 museum@town.naganohara.gunma.jp

 https://www.town.naganohara.gunma.jp/www/yamba-museum/index.html


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:45| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【6】

 どうして天明の噴火で大量の泥流が吾妻川に流れたか? その原因は鬼押出し園にあると言われています。実は天明の噴火の前には、鬼押出し園の辺りに柳井という大きな湖がありました。その湖の近くには「仏の岩屋」という名所もあって、江戸時代の観光地でもあったようです。

 どうしてそんなところに大きな湖があったかと言うと、火口から鬼押出し園に至る一帯にわたって 不透水層があった。そのたびに大量の水を蓄える装置があって、鬼押出し園から浅間園に至る一体に大きな湖を作っていました。これが何らかの理由で、おそらく大量の溶岩が水蒸気爆殺か何かが起こって湖が決壊したものと思われます。

 問題は、その湖が単なる湖で無かったことです。浅間山山麓に(火砕流でできたと思われる)不透水層。つまり水を透過させない地層があり、その結果、大量の水が鬼押出し園の位置にあった柳井湖に注ぎ込んでいた。


6-27_23.JPG

6-27_21.JPG

6-27_22.JPG


 それが噴火とともに決壊し、大量の土石雪崩がおき、軽井沢おもちゃ王国付近から浅間サンランド方面にわたって流れ、それが吾妻川になだれこんだと推測されます。

 ちなみにこれを発見したのは、群馬大学の早川由紀夫教授で、20年ちかく前の2004年に助教授時代の早川先生に『あかるく楽しい火山教室』を誘致して教えてもらって学習させてもらいました。そして早川先生によって浅間山ミュージアムが設立されて、嬬恋郷土資料館の松島先生・唐沢先生などを迎えて、鹿沢休暇村の協力のもとで、長野原町の住民(大学村の人たち)も一緒に火山学習・地域学習をさせてもらいました。長野原町の住民(大学村の人たち)が加わるきっかけになったのは、土屋文明記念館で北軽井沢をテーマに企画展が開催され、それを私たちが協力したときに知り合った大学村の人たちに興味をもたれたからです。ジオパークができる、はるか以前のことです。不透水層に関することは、東京大学​の荒牧重雄名誉教授に嬬恋村の水道局見学で教えて頂きました。

 早川先生も、荒牧先生も、松島先生も、唐沢先生も、大昔から嬬恋村に多大な貢献をしています。

 話がそれました。

 何らかの理由で土石なだれが発生し、空っぽになってしまった柳井湖に、鬼押出し溶岩が次々とはいりこみ、湖を埋め尽くしてしまったわけです。その残骸が浅間園の吊り橋のところでみられますが、目視するだけでも柳井湖は、かなり深い湖だったことがわかります。相当な量の水を蓄えていたようです。これを『沼』と表現するのは適切ではないでしょう。あきらかに『湖』であり柳井湖が正解だと思います。

 また、鬼押出し園の先端部は、いまでも大量のわき水のでるところで、それを利用して鎌原用水。そして嬬恋村の水道水として利用されています。それでも使い切れない水が、スズラン坂交差点から大笹にいたる県道235号線一帯を湿地にしていて、ちょっとした雨で道路が水浸しになります。

 嬬恋村の土木事務所が、それを改善しようとして、何度も暗渠工事を行いましたが、絶望的なようで、A地点を工事すれば、B地点がダメになり、B地点を工事するとA地点がダメになるという堂々めぐりになるのだそうです。現代の土木技術をもってしても、道路の改善はみこめないくらいの湿地になっている。湿地といっても地盤が悪いというわけでなく、不透水層のために水がわきおこるというものらしい。

 どうして、こんなことになっているのか? これは単なる推測になりますが、浅間山麓に広範囲の不透水層があって、それが鬼押出し園付近に集中して流し込むような地下構造になっていることが推測できます。それが証拠に嬬恋村の水道の水源が、各地の鬼押出し園の溶岩の先端部からとっているからです。溶岩の先端部から水がどんどん流れている。こういう土地に住んでいるということを私たち地元民は、認識すべきですね。

 伊豆山の災害も、人ごとではないわけです。

6-27_24.JPG

6-27_30.JPG

6-27_28.JPG

6-27_31.JPG

 以上、解説したことは、嬬恋郷土資料館でも、やんば天明泥流ミュージアムでも、ほとんどふれられていません。だからあえて、ここに書いたわけですが、仮にも博物館と名がついたら、確定されてない、いわゆる「仮説」を解説するわには、いかないので、ふれるわけにはいかないのだと思います。それだけに古い無難な学説で解説されてしまうので、そのあたりを割り引いて見学されるとよいと思います。

 できれば、「嬬恋郷土資料館」と「やんば天明泥流ミュージアム」をセットで見学されるとよいかと思います。泥流に飲み込まれた八ッ場地区と、乾いた土砂に沈没してしまった鎌原。両者の違いも面白いし、出土品の比較も面白い。嬬恋郷土資料館は、1980年頃の解説がかかれてあるし、やんば天明泥流ミュージアムでは、比較的新しい学説で解説されてあります。2つを見比べると面白いです。そのあとに、浅間園と鬼押出し園を歩けば言うこと無しです。

 鬼押出し園については、神成志保・神成澪・大坂志郎の物語。そして、寛永寺についてと、堤康次郎の物語を知った上で見学されると面白いです。NHK『おしん』のモデル疑惑も囁かれている神成志保・神成澪・大坂志郎の物語については、後日、もっと詳しいエピソード紹介したいと思います。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:52| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【5】

 この博物館が、どうして「天明泥流ミュージアム」かというと、天明の浅間山噴火によって、おびただしい泥流が流れ、村を埋め尽くしてしまった。その泥流が天明時代の生活住居を「遺跡として封印してしてしまった」ことにあります。しかも泥流であったために、当時の生活そのままに封印し、遺跡がタイムカプセルのように保存されてしまった。泥流が、江戸時代をそのまま保存し、それを発掘することによって、分からなかったことが分かってきた。だから「やんば天明泥流ミュージアム」というわけです。

6-27_12.JPG

6-27_13.JPG

 これは鎌原観音堂のある鎌原にしても同じなのですが、少し違っているのは、鎌原には泥流はきてない。発掘をした松島先生によると鎌原には乾いた土石雪崩がおしよせているそうで、そこが泥流ミュージアムの調査結果と違っている。これには松島先生も不思議におもっていたらしく、どの古文書にも「あちこちから水や湯が流れてきた」とあるのに鎌原を発掘する限り、そういう跡はみえなかったとおっしゃっていました。そのせいか、発掘物に鎌原と八ッ場に多少の違いがあります。

 その違いのことはおいといて、まず共通点から。
 当時の農民たちは、いがいに裕福だった。
 その証拠が、続々とでてきている。
 下の画像のように白磁なんかが大量にでてきている。

6-27_11.JPG

6-27_10.JPG

 もちろん鎌原でも、これを上回る高級品がでてきてます。ビードロ鏡・伊万里焼など、八ッ場よりも豪華な出土品がでている。しかも発掘場所は、鎌原でも場末の場所であるにもかかわらず、かなり裕福で無いと所持できなかったビードロ鏡が出てきたことは、当時としては衝撃だったと言います。八ッ場は、そこまでいかないにしても、やはり裕福であったことにはまちがいない。

 ただ、八ッ場が鎌原と違うところは、生活そのものがタイムカプセルとして保存されてきたところ。下の写真は、梅干しと、梅干しをつけた樽が発掘されたもの。この発掘によって当時の梅干しの製造過程と成分が解明されている。

6-27_14.JPG

 通常であれば地中に埋まった有機物は分解されてしまいます。ふつう有機物は腐って残りません。ところが、この梅干しが残る桶が見つかった遺跡は湧き水が豊富な場所に位置しており、そのうえ厚い泥流が積もっていたので、200年以上たった今でも奇跡的に残っていました。

 次の画像は茶釜。茶葉が入っている茶釜も八ッ場の奇跡です。
 この発掘によって、当時の人たちは、お茶を袋に入れて沸かしていたということが、わかった。

6-27_15.JPG

 次の画像は、鉄鍋。この鉄鍋は大きく割れており、それを銅にスズを混ぜた合金で溶接してありました。

6-27_17.JPG

 これは割れた陶器をウルシで接着してありました。
 当時の人たちは、鉄鍋でも陶器でも丁寧に修復して使っていました。
 こういうことが発掘によってわかっています。

6-27_16.JPG

 そして途中まで燃えていた香炉まで発掘されています。

6-27_18.JPG

 あと火がついたまま埋まってしまったキセルも発掘されています。

6-27_19.JPG

 人々が、あわてて逃げた様子が、やんば天明泥流ミュージアムの展示物でよくわかります。

6-27_20.JPG

 ある屋敷では、多くの下駄が発掘されています。下駄には屋号が書いてあって、それぞれ違う屋号だったので、なんらかの集会が開かれている時に泥流が襲ってきたので、裸足で逃げた結果、下駄だけが埋まってしまったということが推測されます。下駄では逃げ切れないとおもったからこその裸足だったのでしょう。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:41| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【4】

 やんば天明泥流ミュージアムを見学してみて第一に思った感想は、大昔の嬬恋郷土資料館みたいだという感想で、なんだか懐かしい気分になりました。やんば天明泥流ミュージアムは、20年前の嬬恋郷土資料館の雰囲気に似ていたからです。

 やんば天明泥流ミュージアムの売りは、最初に見させられるビデオ上映会です。この上映が、その後に見学する展示物に対する伏線になります。これは、昔の嬬恋郷土資料館でも同じで、まずビデオ上映をみてから展示物をみることで感動が数倍になる仕組みがありましたので、この感じが懐かしいなあ・・・と思った次第です。


IMG_2795.JPG

IMG_2798.JPG

IMG_2807.JPG

IMG_2805.JPG


 私が嬬恋村に引っ越してきたのは、 今から20年前ですが、その頃乗っ嬬恋郷土資料館には、鎌原観音堂をはじめとする鎌原地区を嬬恋高校の生徒さんと一緒に発掘した、元嬬恋高校の教師である松島先生が館長でした。 鎌原を発掘した本人が館長だった 。

 その上嬬恋郷土資料館は、農林省の補助金によって作られていました。 だから嬬恋郷土資料館には、キャベツに関する展示と、キャベツ料理のレシピを説明する『ラビットさんのキャベツ料理劇場』と言うロボット人形が展示されていました。とはいうものの、別に関する展示は、ほんの少しで、資料館の展示の9割は鎌原村の発掘による出土品でした。 農林省の補助金で、埋蔵文化遺産の資料館を作ってしまったわけです。

 だから当時の嬬恋村の担当者は、ビクビクしながら農林省の役人の人たちの反応を見ていたと言います。幸いなことに農林省のお役人さん達は
「立派なものを作ってくれてありがとうございます」
と、嬬恋郷土資料館を絶賛したといいます。

 ちなみに、嬬恋郷土資料館は、やんば天明泥流ミュージアムのように「博物館」をうたっていません。あくまでも郷土資料館です。一応名目上は、農産物であるキャベツに関する展示をするための資料館であったわけです。本来なら博物館といってもいいはずなのに、内容的には博物館のレベルだったのに、誕生の仕方が特殊だったために郷土資料館でないといけなかった。とはいうものの、レベルは高かったと思います。何しろ発掘した張本人が郷土資料館の館長だったわけですから、これほど強い話はありません。

 それはともかくとして、昔の嬬恋郷土資料館には、素晴らしいビデオフィルムがありました。現在でも上映していると思いますが、10年ぐらい前から上映ビデオは、半分に短縮されています。では半分に短縮される前の作品は、どういう作品だったかと言うと、フーテンの寅さんで有名な 柴又帝釈天の画像から始まります。天明時代に隅田川に大量の死体が流れ着いた。 それを柴又帝釈天の住職が丁重に葬ったことかからビデオは始まります。

 ここで嬬恋村と柴又帝釈天に一体何の関係があるんだろうか?と視聴者は驚いてしまうわけです。その謎解きを天明3年の浅間山の爆発を解説することによって教えてくれるわけですが、そのさいに信じがたい大自然の驚異を説明してくれます

 溶岩が増水された我妻川の水流と一緒にプカプカ浮いて遠くは渋川の方まで流されてしまうことを解説してくれるわけですが、それらの溶岩の塊の痕跡を吾妻川沿岸に大量に残されていることをビデオで説明してくれました。これでもか、これでもか、という数を紹介してくれたのです。当時の私は

「重い巨大な溶岩が、川にプカプカ浮かんで流される?」
「そんなバカな?」

と驚き衝撃をうけました。これは凄いと思った私は、興奮しながら御客さんに嬬恋郷土資料館の見学をすすめ、私の予想通り、御客さんの反応は良かった。当時は写真撮影が自由だったので、それも含めて観光客による評判がよかった。
 で、館長の松島先生と面識をえて、いろいろ教えて頂くようになると、さらに凄いことがいろいろわかってくる。当時の発掘の様子や、発掘の結果わかったことや、噴火の謎なんかも教えてもらいました。その中でも印象的だったのは、
「天明の噴火の古文書を見る限り、火口からマグマが出てくる記録がひとつもない。けれど溶岩は確実に存在する。この謎が現在までわかっていない」
という松山先生のお話です。 この謎は、 現在では解明されていて、浅間山の溶岩は火成溶岩。つまり空から降ってきた溶岩。だから鬼押出し園の溶岩は、天に向いているという説が主流になっています。つまり火口からマグマは流れてない。

 まあ、そんな話はどうでもいいんですが、この松島先生は、非常に博学な方で、嬬恋村の隅から隅まで調査されていて、色々おしえて頂くことが多かった。鬼押出し園から大笹村へのパイプラインとか、キャベツ畑から縄文土器をひろうとか、古文書の読書会もやった。この先生は、鎌原村を散歩しながら、驚くような村の遺産を見つけている。そして鎌原村風土博物館構想を企画し、村全体を風土博物館として保存すべきと言っていた。とにかく凄い先生だった。

 私は、浅間山ミュージアムの企画として、松島先生を招いて鹿沢休暇村で縄文土器を作ったりしましたが、その体験が本当に面白かったので、いつか嬬恋村の小学生を集めて縄文土器製作プロジェクトを始めようかという話があったんですが、村の方針で郷土資料館を辞任することになってしまい、縄文土器製作プロジェクトも立ち消えになってしまいました。





 嬬恋村から松島先生がいなくなったのは、私にとっては非常に残念なことでした。仕方がないので、土屋文明記念館で北軽井沢をテーマとする展示があったときに、その関係者の一人として、 松島先生に講演をお願いしたりしました。その時残念ながら私は、土屋文明記念館のイベントとして草軽鉄道の廃線跡を案内するために 参加できませんでしたが、松島先生の講演は非常に好評だったと聞いています。あれから十年以上経っていますが、先生はお元気にされているのでしょうか?

 現在の嬬恋郷土資料館は、発掘に携わった人もいないし、 ビデオも短縮されてしまったし、館内は撮影禁止になっているし、キャベツレシピ劇場も機械が動かないみたいなので、以前とはだだいぶちがっています。つくづく残念に思っていたのですが、やんば天明泥流ミュージアムを見学してみて、昔の嬬恋郷土資料館のような熱気を感じて、少しばかり嬉しくなってきました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:40| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【3】

 やんば天明泥流ミュージアムが完成するずいぶん前から、ダムが完成する前から、第一小学校旧校舎は移転されていました。今回、そこに初めてお邪魔したのですが、玄関に入ってすぐ目についたのが下駄箱です。今でこそ誰も下駄を履かなくなりましたが、昭和40年頃まで下駄は健在で、中村雅俊のドラマなんかでも昭和50年頃までは、よく見かけました。あしたのジョーとか、昭和のアニメをみると、当時の子供たちはみんな下駄を履いています。

21627-09.JPG

 下駄屋さんもありました。靴屋でなく下駄屋です。下駄屋でないと下駄の歯を取り替えられないからです。下駄は長いこと使っていると、短くなってきますから、歯を交換する必要があります。下駄屋にもっていくと交換してくれます。つまり靴より長持ちしました。昔の靴は、いまの靴より耐久性がないためにすぐにダメになってしまいますが、下駄なら長持ちした。おまけにフリーサイズなので、小学1年から6年までつかえる。雨の日の水たまりでも平気で歩ける。そして時として武器にもなった。

 けれど、さすがに学校に下駄を履いていくと、先生に注意されましたけれど。で、「下駄なんか履いてきてはだめじゃないか!」と言われると、「じゃあ、先生、どうして下駄箱っていうのさ!」と口答えしたものです。

 でも、昭和50年頃から下駄は、どんどん廃れていきました。気が付いたら誰も履かなくなっていた。私も履かなくなっていた。必ず靴下を履くようになったからです。いつのまにか裸足でいることが、マナー違反のような空気ができてきていた。下駄で友人の家に遊びに行けなくなった。靴下を履いてないと、よその家にあがりにくくなった。こうして下駄と下駄屋が無くなっていった。下駄屋の息子の友人がいたけれど、そこの親父さんが急に出稼ぎするようになったりした。そして下駄屋は無くなってしまった。

 代わりに昭和50年頃から流行りだしたのが「ソックタッチ」というスティック糊みたいなもの。みんなが靴下を履くようになると、靴下がずれ落ちるのが気になってきた。当時の靴下は、良くずれ落ちたので、「ソックタッチ」というスティック糊みたいなもので、靴下のズレオチを防ぐ女の子が増えてきた。

21627-03.JPG

 下駄箱のある玄関から入ると、大きな広間があります。天井板が無く柱がむき出しになっている。で、よくみるとトラス構造でできている。トラス構造というのは三角形を単位とした構造骨組の一種で、変形しにくい構造で大空間や橋の架構に用いられています。だから昔の小学校は、たいていトラス構造でできていました。これだと雪にも風にも強い。そのうえ柱も少なくてすむ。

21627-07.JPG

 で、昔の在校生が作った学校史の年表が貼ってありました。

21627-06.JPG

 興味深いのは、この部分です。
 昭和28年電話が入る。
 昭和29年放送設備が出来る。
 かなり遅いですね。室戸台風以来、多くの小学校が戦前から電話や放送設備をもっていたことを考えるとかなり遅い。それだけ災害と縁が無かったのか? 学校の規模が小さすぎて必要なかったのか? それとも別の理由があったのか?

21627-10.JPG

 昔の教務室の写真ですね。
 壁に緊急時連絡網が張ってある。
 今と違って、昔は緊急時連絡がたいへんで、
 災害のときなんか、すごく苦労されたと思います。

 ちなみに佐渡島で電話が普及したのが昭和40年頃で、一斉に自衛隊に勤める人の家から電話が設置されました。伊勢湾台風(死者5,098人・負傷者3万8,921人)による自衛隊の緊急出動と関係があると思われます。

 友人宅でも農家の家に電話は設置されてなかった。最初は、父親が自衛隊の家だけに普及した。私が育った町には自衛隊の基地があった。だから、いざというときに出動命令が出せるから、自衛隊員の家に電話が一斉に普及したのだと思います。で、それをみた近所の人たちが、電話が便利だということに気が付くと、いろんな家庭で電話が設置されていった。

 すると、子供の遊び場だった電話局の広場に、巨大なボビンのようなものが、ズラリと並んだ。おそらく電話ケーブルが巻いてあったんだと思う。一斉に電話が普及することによって、電話局の広場に、巨大ボビンが大量に出現したのだと思います。その巨大ボビンを玉乗りするように遊ぶのが子供たちの間で流行しました。こうして電話普及の結果、緊急時連絡が電話でできるようになり、災害時における死者が激減していったのだと推測できます。だから伊勢湾台風が、電話普及の起爆剤になったのだと思います。

21627-11.JPG

 廊下に欄間とは珍しい。そもそも欄間のある家屋敷は、武家かそれに準じる家屋敷くらいのもので、昔の農家には欄間はなかった。なのに欄間があるということは、よほど採光に熱心な地域だったのだろうか? ちなみに武家屋敷には、多数の欄間があって部屋をいくらでも区切れるようにしてあった。三十畳の大広間でも六畳六室に区切れた。そして欄間で採光していた。その理由には、刀を上段に振れなくするというものがありました。

 あと木造校舎の廊下には、いろんなところに穴があいていた。節のある木材を使っていたために、節の処から穴が空いたからです。掃除の時に子供たちは、その穴にゴミをよく捨てていたので、廊下の下はゴミだらけだったと思う。あと廊下を雑巾がけをしたわけだけれど、あれは足腰の訓練になったと思う。ワックスがけはやってない。だから昔の木造校舎の廊下は、木の年輪がよくみえた。

21627-08.JPG

 石油ストーブですね。石油ストーブは、かならず廊下近くにあって、そこから長く煙突が窓に向かって伸びていた。断熱効果をたかめるためだったのでしょう。で、思い出すのが、ストーブのそばの席の子供たちは、すごく暑がって服を脱いで、下敷きを内輪代わりにあおいでいたけれど、窓側で、しかも後ろの席の子たちは、寒さでガタガタ震えていた。

21627-12.JPG

 懐かしい机。むかしは、こんな机で、板をめくって机から教科書を出したものです。これだとカンニングが絶対に出来ないし、机の板を交換するだけで、机が新しくなった。昔の子供たちは、机に落書きしたり、彫刻刀で机を彫ったりしたので、こういう机にすると、机の板を交換するだけで新品になる。すぐれものの机でした。いつのまにか無くなってしまいましたけれど。

21627-14.JPG

 給食の器具ですね。こういうものは全国共通なんですかね? 佐渡島でも似たようなものを使っていました。ちなみに50年以上も昔は、給食センターなるものがなくて、各学校で給食を作っていました。だから、けっこう熱々のものが食べられました。4時間目になると授業なんかきいてなくて、ガリ版で書かれた給食メニュー表をながめていました。

21627-15.JPG

 なつかしい。こういうもので勉強しました。昔あって、今の学校で滅びたのが石綿。アスベスト(石綿)に発がん性があることが問題となって、使用が禁止されました。写真に写っている器具で勉強をしたものです。

21627-21.JPG

 石炭ストーブがあった。群馬では石油ストーブになる前は、石炭ストーブだったんですね。佐渡島では薪ストーブでした。薪ストーブだから薪当番というものがあって、毎朝、用務員室に行って薪を受け取ってこなければならなかった。で、薪ストーブだから、都会からやってきた新米の先生には、火をつけることができなくて、小学校の1年生が、かわりに着火してたりしてた。今思うと凄いことなんだけれど、昭和40年頃の小学生の3割くらいは、火をおこせた。薪で風呂を沸かす家が多かったから。あと不思議なことに薪ストーブなのに火吹き棒が、学校に無かった。火吹き棒が無いのに、どうやって火をおこしたのか不思議でならない。

 で、学校には用務員さんが住んでいた。用務員さんの仕事の半分は、冬に使う薪のための薪割りだった。そのうち石油ストーブになるわけですが、石油ストーブになると、いつのまにか用務員さんがいなくなっていた。私は、その後、佐渡島を出て、新潟の高校にいくわけですが、新潟の学校では、ガスストーブだったのに驚愕した。新潟では、石油もでるし、天然ガスもでると聞いて、さらに驚いたものです。

 で、そこに北海道から来た生徒がいて、別の意味でガスストーブに驚いていた。当時、北海道は石炭ストーブだったらしくて、石炭ストーブは火力が強くて暖かいらしく、ガスストーブの火力の弱さに衝撃をうけていた。私にしてみたら「ガスストーブは火力弱くないぞ」と思っていたけれど、石炭ストーブ体験者にとっては違うらしい。

21627-19.JPG

 柱時計。若い人には想像もつかないでしょうけれど、昔の小学校には、黒板係・保険係・生き物係・給食係などの他に『時計係』というものがあった。これは柱時計のゼンマイのネジを巻く係で、毎日ゼンマイのネジを巻かないと時計が止まってしまうのです。でもゼンマイ式の柱時計は、いつのまにか無くなっていた。

21627-17.JPG

 これは1964年の東京オリンピックの聖火トーチらしいです。
 初めて見ました。
 このあたりを聖火が走ったんですね。
 佐渡島は、今も昔も走ってなかったと思う。
 他にも、いろいろ懐かしいものがたくさんありましたが、きりがないので、このくらいでやめときます。

 話は、変わりますが、息子がスタディサプリの算数で、式の計算をやってて驚きました。いまの小学校では、4年生ぐらいで式の計算をやるんですね。私の頃は、中学1年生で習っていますから、すごく難しくなっている。ローマ字は、小学3年の1学期の最初の頃に習っているけど、これも早くないですか? ゆとり教育の反動でしょうけれど、みんな、ついていけるのかなあ? 嬬恋村の子供たちは、みんな頭がよいので大丈夫だと思うけれど、他の地域では大丈夫なんだろうか?

 少子化で、いくつもの学校が統合されて、スクールバスに乗っている時間が多くなって、子供を拘束時間が長くなっている。空手などの習いごとをしたら、それこそ宿題する時間もなくなる。朝6時に起きて準備しないと学校に間に合わないので、夜9時には寝かせないといけない。少子化で学校が統合され、スクールバスで長距離移動すると言うことは、そういうことになる。つまり、団塊時代の昭和の学校とは、全く違う子供たちの生活様式になっいる。

 ただし、昭和の子供たちと違うところは週休2日制度がある。土日が休みであることが、本当にありがたい。土日が休みであるために、なんとか息子に遊びと勉強を提供できる。つまり少子化には、土日が休みが絶対に必要だったわけで、ゆとり教育を止めても、土日が休みの制度を続けたのは英断だったと思います。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:12| Comment(2) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

やんば天明泥流ミュージアムに行ってきた【2】上毛カルタ

 やんば天明泥流ミュージアムに入る前に、第一小学校旧校舎に入ってみました。
 ここだけは入園料なしで入れます。

21627-02.JPG


 最初は、どうして第一小学校旧校舎が、やんば天明泥流ミュージアムにあるのか分かりませんでしたが、第一小学校旧校舎に入ってみてわかりました。長野原町民にとって、この第一小学校旧校舎は、いわゆるシンボルみたいなものなんですね。というか、やんば天明泥流ミュージアムが、長野原の林地区のある理由がわかったし、ここに道の駅をつくった理由もわかった。やんば故郷公園が、ここにあるのもわかりました。ここに長野原の、いや、群馬県民のアイデンティティがあったということです。

 つまり上毛カルタの生みの親である浦野匡彦(まさひこ)氏の生家が、やんば天明泥流ミュージアムに隣接してあった。しかも、浦野匡彦氏の父親は、王城山神社の神主で、上毛かるたファンにとって王城山神社は、聖地だった。

 と、ここまで書くと、他県の人にとって「上毛カルタって何?」ということになりますが、群馬県民のアイデンティティが上毛カルタになります。私は新潟県出身なので、群馬県民の上毛カルタ熱には、冷ややかにみていますが、群馬人の上毛カルタ熱といったら凄いもので、群馬生まれで上毛カルタを知らない奴がいたら絶対にモグリです。

 これは銀座のバーやキャバレーで言われている都市伝説なのですが、
「群馬県出身の女を落とすには、上毛カルタの話題が一番」
という話があって、群馬生まれのうちの嫁さんに「それは本当か?」と聞いたら「おそらく本当だと思う」と言ったくらいですから、あながち都市伝説とも言いがたいところです。

 とにかく群馬県民の上毛カルタ熱は凄いのです。その上毛カルタを作った浦野匡彦氏は、上毛カルタの神様ということになり、浦野一族が、代々、王城山神社の神主をつとめてきたことも含めて、やはり神様と言っていいかもしれません。


 さて、この上毛カルタが誕生したきっかけです。
 戦後、GHQによって学校教育での
 地理・歴史・道徳の授業は停止されていました。
 子供たちは、地理も歴史も道徳も学べなかった。
 GHQによって教育の機会を奪われていた。
 それに対して、密かに
「地理と歴史を学ばせたい」
 という男が現れた。
 浦野匡彦という王城山神社の神主さんのせがれだった。



21627-53.JPG


 浦野匡彦氏は、明治43年、長野原町林地区に十二人兄弟の六男として生まれました。旧制前橋中学から二松学舎専門学校に進み、卒業後は外務省の給費留学生として北京で学び、満州国官吏として北京大使館一等書記官などを務めました。昭和21年、家族とともに北京から群馬に引き揚げた。その後は、恩賜財団同胞援護会県支部を取り仕切り、戦争犠牲者の支援に取り組んでいました。

 敗戦後の世情は混乱し、戦争孤児・寡婦などの境遇は悲惨なものでした。そのうえGHQの指令により、学校教育での地理・歴史の授業は停止されていました。それを残念に思っていた浦野匡彦氏は、子供たちには愛すべき故郷の歴史、文化を伝えたい、という思いを募らせました。そんな中、昭和21年7月15日に前橋市で開かれた引揚者大会で、安中出身のキリスト教伝道者の須田清基と出会い、かるたを通じて群馬の歴史、文化を伝えることを提案され、これだと思います。

 誰もが食べることに精いっぱいの時代。郷土の子供たちに誇るべき群馬の文化と歴史を伝えたい、と同じ思いの人たちとかるた作りに取り組みました。復員軍人や東京から疎開してきた人たちなど、いろいろな人が家族的な雰囲気の中でかるたを作っていました。

 ある日、浦野匡彦氏は農家の軒先に積み上げられた残り物のサツマイモの利用方法からヒントを得てイモ飴を作り、同胞飴(はらからあめ)として売り出しました。それがヒットし、サツマイモ生産農家や運搬・加工・販売する人たちの生活資金になり、その資金の一部が上毛かるた制作のために使われます。はらからは、同胞(同じ国民、仲間)を意味する言葉です。

 昭和22年1月11日の上毛新聞紙上で構想を発表し、県内各方面から題材を募ります。郷土史家や文化人ら18人からなる編纂委員会によってカルタの句が選ばれますが、GHQの検閲にあって何度もダメだしをうけますが、浦野匡彦氏も頑強に抵抗します。


 そのうち論争相手のGHQ側も、
「これは浦野匡彦氏が正しい」
と思い始めますが、組織としてのGHQは、徹底的に弾圧の手をゆるめない。

 あくまでも検閲を行い弾圧するわけですが、弾圧する側にも自分たちが間違っていることはわかっているから、組織としてはダメだしするけれど、現場の人たちは浦野匡彦氏個人に対しては尊敬し、GHQの占領期間が終わってからもずっと、浦野匡彦氏の著書などを読み続けたりする。戦後何十年たっても、浦野匡彦氏の本がでるとアメリカから注文が来たりする。そういう関係になるくらい浦野匡彦氏は敵側に尊敬されていた。

 結局、上毛カルタは、検閲に屈して発表されるわけですが、浦野匡彦氏はカードの一部に暗号を入れた。

 当時の日本では歴史・地理・道徳教育が禁止されていました。国定忠治や小栗上野介をどうしても入れたかったが、GHQの検閲により国定忠治は任侠者、小栗上野介は武士との理由で拒否されてしまいました。読むことが許されなかったこれらの人物を「義理人情」という群馬県民の気質を表す言葉に託し、いつかこの人たちを読んだ札を入れるんだという思いを、力強い雷神様の絵に込めたとされています。つまりGHQにはわからないように、カードに暗号を入れて「GHQに抵抗した」という証拠を残した。

 そして、上毛カルタが完成すると、さっそく子供たちを集めて上毛カルタ大会を開いた。GHQによって学校教育での地理・歴史・道徳の授業は停止されていましたから、子供たちが上毛カルタ大会をして、それに熱中すればするほど、GHQに抵抗することになる。
 しかも、その上毛カルタを作る資金は、『はらから飴』によって作られていた。地理も歴史も道徳も学べなかった子供たちは、上毛カルタに熱中することによって、GHQに抵抗していた。上州人の子供たちが、上毛カルタに熱砂注すればするほど、GHQの鼻をあかしたことになる。


 まったく浦野匡彦という男は、凄いことを考えたものだと他県民ながら感心しますが、同時に当時の上州人たちの心意気というか、上州の教育関係者と上毛新聞社の恐るべき慧眼にも心底感心する。そして「群馬県出身の女を落とすには、上毛カルタの話題が一番」という都市伝説が生まれるほどに上毛カルタは、上州人の心に入っていくわけです。

 そして、かかあ天下の上州女が、上毛カルタに心をよせ、息子や娘に上毛カルタを仕込んで孫や曾孫の世代まで上毛カルタを普及していった。これは凄いことです。

 そのうえ占領期間が終わった時、検閲・弾圧された上毛カルタを浦野匡彦氏は、改訂しなかった。検閲・弾圧された上毛カルタをそのまま使い続け、県民の人口を変えるだけにとどめました。これによって群馬県が保守王国になったとしても言い過ぎではないと思う。上毛カルタには、浦野匡彦氏のサブリミナル効果となって群馬県民の深層に深く入り込んでいると思います。上毛カルタに浦野匡彦と当時の教育関係者の怨念をみますが、これは、他県から移住してきたものにしか、分かりにくいと思う。普通に群馬に生まれた人には、ピンと来ないと思う。

 ちなみに戦後の社会や教育の復興の中で、現在に至るまで、全国 47 都道府県すべてに「郷土かるた」ができていますが、都道府県のレベルから各区市町村や「上毛かるた」と社会科教育・各地域、学校のものまで合わせると、その数は、市販されているものや主なものだけでも、530 点以上あります。

 その内、圧倒的に多いのが、群馬県の 107 点、
 (終戦直後の群馬には196の市町村があった)
 次いで埼玉県 63 点、
 新潟県 27 点となります。

 群馬県の両隣にある県である新潟と埼玉に郷土かるたが多いのは、単なる偶然ではないでしょう。

 上毛カルタの影響をうけているに違いありません。
 なにしろ「上毛かるた」こそ郷土かるたの発祥地なのですから。


21627-64.JPG

 ちなみに吾妻郡では、どの市町村にも郷土カルタがある。
 このような郷土カルタで遊ぶことによって、
 禁止された地理・歴史・道徳の授業を行っていた。
 GHQに抵抗していた。
 それは、GHQ側の担当者も知っていたと思うが、
 浦野匡彦氏の正論に、郷土カルタを禁止できなかった。
 こうして群馬の子供たちは、遊びながら地理・歴史・道徳を学んでいった。

「雷と空風 義理人情」

 このカードに仕込まれた暗号を学びながら・・・。
 こうして上州人たちによって、
 いや、上州の子供と、父ちゃん母ちゃんたちによって

 GHQの弾圧は叩きつぶされたのだった。


21627-63.JPG

21627-60.JPG

21627-59.JPG

21627-61.JPG

21627-62.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 07:48| Comment(0) | 総合観光案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする