2021年10月15日

クマについて【10】北軽井沢のツキノワグマ

 ペンションを開業すべく北軽井沢に引っ越してはたのは、21年前です。最初の年は、御客さんがいなかったので、嬬恋村のあちこちの山に登りました。で、気に入ったのが桟敷山林道。21年前の桟敷山林道は、できたばかりで、カラマツの背も低く、開けていました。高山植物も多くて、道路際にラズベリーがわんさかなっていました。今とは、ずいぶん違っていたのです。

 で、藪の中に入ってみたら使われてない廃道になった道路がいくつもあった。その道路は、休暇村の方まで繋がっていて、途中に水道局の施設があったりしたし、廃墟っぽいコテージなんかもあった。昭和40年代のものとも思える缶ジュースの空き缶が捨ててあったりもした。それらの空き缶は、今の空き缶と飲み方が違っているので、ある世代以上の人には、とても懐かしいものだった。それを
「懐かしいなあ」
と拾い上げてみたら、空き缶にクマの歯形があった。
「このあたりは、クマの生息地なのか!」
と気が付いた私は、クマのフィールドサインを探し歩いたら、簡単に見つかった。ウンチはもちろんのこと、爪痕から昼寝あとまで簡単に見つかった。

 ヒグマもツキノワグマも日向ぼっこが大好きです。ひまさえあれば太陽を浴びる。だからクマの昼寝あとは、三頭分から四頭分の面積になっている。10畳くらいの広い面積が昼寝あとになっている。場所によっては、昼寝場所が大きく移動したりする。太陽の移動とともに木陰が移動するので、日光を浴びるためにクマが移動するからです。
「そうだ! せんべい平に行ってみよう」
せんべい平は、クマにとって理想的な昼寝場所だからだ。

 で、行ってみたら、やはりクマの巣があった。昼寝場所があった。私は宿が閑古鳥なのをいいことに定点観察することにした。とりあえず1週間分の食料を確保して、かなり遠くから双眼鏡で覗いていたのだが、苦労してツキノワグマを発見して写真を撮ったがろくに写ってなかった。当時は、デジカメの性能も良くなく、私は、EOSでフィルム撮影したわけだが、現像してみたら黒い点しか写ってなかった。

 ただ、桟敷山のあたりにクマが活動してるのだけは分かったので、注意するようになった。すると今まで見えてなかったモノが見えるようになる。いたるところにクマの痕跡があるのがわかってくるから不思議である。そうなると何度もクマを見かけるようになる。ただし、現在のせんべい平には、クマはいない。大規模な笹の伐採を行っているためか、ここ数年は痕跡を見かけることは無い。





 次にクマを見かけたのは、鼻曲山である。鼻曲山周辺には、数頭のツキノワグマがいる。私は何度も出会っているが、ここには複数のクマがいる。鼻曲山の登山ツアーに御客さんを連れて行くと、20メートルも離れたところの藪が、ガサゴソと動くことがある。ふつう人間が歩いていたらツキノワグマは、じっと息を殺して動かないが、このように藪が動く場合は、若い子熊の可能性が高い。こういう場合は、私が低音の奇声を発ながら御客さんを誘導するが、低音の奇声を発すると、子熊の奴もじっとして藪がガサゴソ動かなくなる。

 犬でも何でもそうなのだが、低音の奇声は威嚇音を意味する。犬なら「ウーッ」という唸り声がが、これにあたります。逆に高音は負けましたという意味になる。犬なら「キャンキャンキャン」という高音が、これにあたります。だから私は、山に入る時は低音の奇声をあげます。そうすれば、ツキノワグマの奴は、勝手に避けてくれる。逆に高音はどうだろう? ツキノワグマを呼び寄せないだろうか?というのが最新研究で言われていることです。つまりクマ鈴は、高音なんですよね。やたらとクマ鈴を鳴らすのは拙くないか?とも言われるようになっています。

 話がそれました。
 鼻曲山のことです。

 鼻曲山から浅間牧場に至る一帯は、ツキノワグマの密集地帯です。このあたりには、ものすごくツキノワグマが多い。12年ぐらい前のことになりますが、草軽鉄道の路線跡地を調査したことがあったんですが、その時にクマの巣をいくつも発見してしまった。一つは工事用プレハブの廃墟で、そこからクマの臭いがやたらとしていた。かなりの遠くから臭いがプンプンしていた。もちろん糞のあったし、足跡も見つけた。さらに線路際を前進すると放棄別荘地があって、そのうちの一軒の縁の下にクマの巣があった。やはり、すごい臭いだった。こいつはヤバいなあと思った私は、日没前に車に戻って、車で宿まで帰るのだが、帰る途中の17時ちょうどに巨大なツキノワグマに出会う。しかも5回も同じ時間に出会っている。

 17時ぴったりに、白糸の滝方面から伸びてきている登山道から、ノッシノッシと出てきて、道路をよこぎり、浅間牧場に入っていく。その巨体は、ヒグマと同じくらいのサイズで、とてもツキノワグマの体とは思えなかった。そのうえ不思議なことに臭いはまったくしてないので、さっきの工事用プレハブの廃墟のクマとは違うようだ。軽井沢から来たクマのようで、エサがいいのか、すごく太っていた。

 面白いことに、このツキノワグマは、気が向くと浅間牧場の中にどんどん入り込んで、牧場を縦断し、観光客のいるところまでやってきた。当然のことながら警察がやってきて、浅間牧場を封鎖してしまった。で、そのうちいなくなってしまった。浅間牧場側は、これに対して、素晴らしい対策をとっていたので感心した。空の一斗缶と、それを叩く棒をあちこちに配置したのである。クマが現れたら空の一斗缶を棒で叩けばいいのだ。その時に出る音は低音なので、クマにとっては嫌な音になるはずだ。少なくとも高音のクマ鈴よりましである。

 ちなみに鼻曲山で私はツキノワグマに突進されたことがある。一般論を言うと、クマが人間を襲う時は、突進してこない。襲うつもりならゆっくり低姿勢でやってくる。立ち上がったり、突進する場合は、襲うつもりがない場合が多いので、こっちが逃げない限り、相手から逃げていく。だから怖がる必要はなく、じっとしているのが一番なのだが、知識で、それを知っていても、行動にうつすのはたいへんで、やはりドキドキします。

 こういう体験をしたのは、私だけでなく、うちの御客さんに3人くらいいて、やはり突進してきたツキノワグマは、斜め横にそれて逃げていったと言っていました。こういうケースは、鼻曲山でしか聞きません。なので鼻曲山周辺にはツキノワグマが多いのかもしれません。
 
 あとツキノワグマは、浅間牧場が大好きですね。たいしてエサもないのに、よく浅間牧場に入ってくる。一般的に言って、クマは日向ぼっこが大好きなので、浅間牧場が好きなのかもしれません。だから浅間牧場に良く入ってきます。そういえばキツネも浅間牧場が好きですね。逆にタヌキは草原を好まない。藪の中を好みます。クマは、藪より草原が大好き。これは、ヒグマも同じで、危険さえ無ければ草原でフキばかり食べている。

 だから小串鉱山や志賀高原あたりにもツキノワグマが多い。あのへんを17時頃に車を走らせていると、バッタリとツキノワグマに出会います。その時のツキノワグマときたら、猛スピード逃げますね。クマの走る速度が、60qだというのは本当だと思います。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング












posted by マネージャー at 23:50| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クマについて【9】動物学者とマタギ

 1990年頃から1996年頃の話です。地理的に近いせいか北大のワンゲル部と知床半島でよく出会いました。彼らはどういうわけか、 知床山脈を縦走するようなことはなく、羅臼から知床岬に向かって海岸沿いばかりを歩いていました。 東大をはじめとする他の大学は、知床山脈を縦走するくらいの気概を持っているのに、彼らはどうして海岸コースばかり歩くんだろうと不思議に思っていたんですが、よくよく聞いてみたら、彼らも知床山脈を縦走していた。ただし縦走したのは夏ではなくて、冬から春先です。つまり雪のある時に縦走している。

 普通、雪山と言ったら、夏山よりも厳しいのですが、知床山脈に限って言えば、そうではない。
 はっきり言って、知床の雪山は楽に縦走できる。
 ハイマツの上に雪があれば、あっという間にハイマツ帯を通過できる。
 そういうことを知っていたので、北大のワンゲル部の連中は、夏は海岸伝いで知床岬にいく。
 地獄のハイマツ漕ぎは絶対にしなかったわけです。

 私は、彼らに
「雪山を縦走する時に、困ったことはなかったの?」
と聞いたら
「テントを張って、調理していたら雪の中から、冬眠から目覚めたヒグマが出てきたことがありました」
「ええええええええええええ? それでどうしたわけ?」
「テントを撤収して、遠くに逃げましたよ」
 実は、こういう話をよく聞きます。雪の上にテントを張ってガサゴソしていると、雪の中から熊が出てくる話は、腐るほど聞いてきました。1990年代の北海道の雪山にテントを張るワンゲルの間では珍しくないエピソードだったわけです。





 長い前置きはこれくらいにして本題に入ります。

 1990年頃、ヒグマについて調べているうちに、動物学者の言うことと、マタギの言うことに違いがあることに気づき、だんだん気になりだしてきました。また、中国地方の動物学者の言うことと、北海道地方の動物学者の言うことも違っていることが気になってきました。例えば北海道の動物学者は、マタギの伝聞を重視していました。 それに対して西日本の動物学者たちは、そういうものを無視していました。マタギの伝聞にしても、北海道のマタギと東北のマタギでは、微妙に違っているし、北海道のマタギにしても、アイヌの猟師とシャモの猟師では、ヒグマに対する考えが微妙に違っています。

 まあそんなことはどうでもいいとして、面白かったのは、冬眠から目覚めたヒグマの話です。 冬眠から目覚めた熊は、長いこと餌を食べてなかったために体が弱っていると動物学者なんかが言うわけですが、北海道のマタギの人の話だと、 まるで逆です。冬眠から目覚めた熊ほど元気なクマはないと言います。

 どのぐらい元気かと言うと、親子で雪の上に滑り台を作って滑って遊ぶと言う。餌も食べずに遊んでばかりいるという。こぐまも遊ぶけれど、母親も遊ぶ。と言うか母親が率先して遊んで見せて、子熊を遊ばせるようにする。

 我々の常識からすると、冬眠中餌を食べてないわけだから、そんな元気があるわけがないと思ってしまうんですが、そうではないという。むしろ元気に遊んで、 遊んで遊んで遊びまくらないと胃腸が動かないんだという。一週間ぐらい遊んでないと、食事が食べられるようにはならないんだと。

 にわかには信じられない話なんですが、年から年中ヒグマを追いかけているマタギは、そう証言しています。母グマが、こぐまのために滑り台を作るというのも凄い話ですが、自分も滑り台で遊ぶと言うから驚きます。そのくらい、クマというのは、子供に対して愛情深いし、知能も高いというのです。だからこそ命がけで仕留めなければいけないと彼らは思っている。





 クマは、止め足(足跡による追跡を攪乱する為にバックして足跡の着かない場所にジャンプする行動。追跡者からはある地点から突然足跡が無くなってしまったように錯覚する)を使うし、三匹いても一匹しかいないように足跡を重ねたりすると言う。すごいのになるとバックする。止め足でなくてバック。

 手負い熊が使う技で、バックして人間を待ち伏せする。知床半島で唯一、クマに人間が殺された例が、このバックによる攻撃で、手負い熊と猟師の知恵比べでヒグマの方が勝っている。ヒグマというのは、そのくらい知能が高い。つまり警戒心が高い。もちろん後天的に学習して、マタギを撹乱する術を身につけているとは思いますけれど、マタギならではの証言です。だからクマに対すする対処方法を一般化はできないと言われている。個性の差が大きすぎて、対処法則が成立しにくいと言われている。

 もともとヒグマは、アイヌの人たちは「キムンカムイ(里の神様)」と言っていた。つまり里で暮らす動物で山奥にいたわけではない。里山で人間たちのそばで生きていたという。そして人間をじーっと観察している。それが証拠に発信器をつけると、かなり人間の近くにいることがわかるけれど、ジーッと動かない。こっちからは見えないけれど、数メートルのところにいて、じーっと動かない。人間が去って行くのを辛抱強く待っていることが分かっている。

 つまり、もともと臆病な動物だという。それが証拠に水場に出てくる方向が、いつも同じで踏んだ足跡も同じ。人間が、その上を歩いてみると音がしない。つまりクマは、それだけ警戒して同じ処だけを踏んでいる。それだけ用心深い。

 それを私は事前に知っていたのでヒグマに出会っていても慌てることはなかった。彼らが逃げると天地が揺れたが、茂みに入ると、天地の揺れがピタリと収まる。つまり、近距離でじーっとしてて、人間が立ち去るのを待っているわけだ。

 にもかかわらず、人間が茂みにはいってしまうと大変なことになる。
 山菜採りの人たちが、クマにやられてしまうのは、
 こういうことでおきる事故なのです。


 クマは、かなり近距離にいて、人間が去るのを待っているのに、どんどん近づいてくるから襲われるのだ。こういうことをマタギの人たちは、長年の経験から実によく知っている。動物学者よりよく知っている。

 で、知床半島からマタギがいなくなってしまったら、急に海岸沿いにヒグマが現れ始めた。1990年ころからヒグマが、どんどん出てくるようになってきたわけです。で、現在の知床ですが、どうなってるか分からない。マタギがいなくなって何十年もたっているので、ヒグマの性格もずいぶん変わっているだろうし、私が、このブログに書いていることも、今では通用しなくなっていると思う。なにしろクマは、後天的に学習する知能の高い動物ですから。

 次からは、北軽井沢のツキノワグマの話をします。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 07:52| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

クマについて【8】クマを飼う方法

 皆さんは動物園に行ったことはありますか? ありますよね。動物園に行くとクマのコーナーがあります。ヒグマ、ツキノワグマ、ホッキョクグマといろんなクマたちがいますけれど、それらを収容しているところは必ずコンクリートでできています。そして巨大な壁で囲われていて、上から下に俯瞰するようになっています。世界中の動物園、どの動物園に行っても同じような構造になっています。どうしてそのような構造になっているか考えたことがあるでしょうか? これについてはNHKの「チコちゃんは知っている」で、一度やってもらいたいものです。





 答えはとてもシンプルです。クマだったは、穴掘りの名人だからです。もう一つ言うとロッククライミングの名人でもあります。だから垂直の壁で覆われています。昭和33年にできた登別のクマ牧場では、最初の頃は、牧場の中に木がたくさんありました。サファリパークのように、自然の中で生きている姿をお客さん達に見せたいと思ったからです。

 ところがクマ達の食欲は旺盛で、笹でもなんでも春先に芽が出る前に土をほじくり返して食べてしまう。きちんと餌をあげているにも関わらず土を掘って食べてしまうから3年ぐらいで全ての植物が全滅してしまった。もちろん樹木も全て枯れてしまう。理由は冬眠前に樹木の皮を食べてしまうからです。餌があるにも関わらず食べてしまう。これには理由があって、冬眠前のクマは肛門に蓋をする必要がある。そのためには発酵しない食べ物がどうしても必要になってしまう。

 発酵しない植物で肛門に蓋をしなければ冬眠ができないために樹木の皮を剥いで食べたりする。昭和30年頃にはそういうことがわかっていなかったために、あっという間に樹木は枯れてしまった。そういったわけで世界中のどこの動物園に行ってもクマを飼育しているところには植物がありません。みんなコンクリートで囲われている。そうしないと、どんどん穴を掘って逃げ出してしまうからです。

 登別のクマ牧場ではこんな実験をやりました。クマ牧場の中に電気柵を作ってその中にクマの大好物のりんごを入れてみた。ヒグマたちはりんごを食べようとして電気柵に引っかかって感電してバタッと倒れてしまう。そうなるとクマ達は穴を掘ります。穴を掘ってりんごを食べてしまう。そこでコンクリートで穴を掘れないようにした。そしてりんごおいて実験をしてみたら、ヒグマたちはポールを押し倒してりんごを食べてしまう。りんごを守るには絶壁のような壁を作らないと駄目だということがわかった。

 ちなみに今から10年ぐらい前に、家の宿の近所(北軽井沢)にイノシシ牧場というのがあって、そこでツキノワグマを飼っていたんですが、そこでもコンクリートの地面におりをつけて飼っていた。コンクリートの地面でないと穴を掘って逃げ出すわけです。面白いことにそこでは子クマを放し飼いで飼っていました。放し飼いと言っても首輪が付いていて、首輪から大きなタイヤに鎖でつないであったわけですが、こぐまといえども力は強いわけで、タイヤをズルズル引きずり回して庭先で遊んでいました。それはもう可愛い可愛いものでした。こいつは凄いなあと感動した私は、お客さんに宣伝しまくったわけですが、いつのまにかイノシシ牧場は消えて無くなっていました。残念なことです。消えてなくなるとわかっていたら、毎日のようにそこに通って、ツキノワグマの生態を観察したのですか、油断してました。非常に惜しいことをしてしまったと今でも後悔しています。

 話を戻します。

 登別のクマ牧場のことを見ても、クマたちは片っ端から植物を食べてしまうわけですが、唯一食べないものがありました。トマトです。なんかの拍子に牧場の中にトマトの種が落ちてしまって、40センチくらいまでトマトの茎が伸びていることがあった。ところがどのクマもそれは食べないでいた。それどころかそれを避けて通る。それから長ネギピーマン玉ねぎなど匂いの強いものも食べるのを避ける。というわけでクマはトマトを食べないのではないかと仮説を立ててみたわけです。

 で、トマトの実をクマに与えてみたら、むしゃむしゃと食べてしまった。トマトの茎は避けるくせに、トマトの実は食べてしまうんです。ということは、何かの警戒心で食べなかっただけで、こいつは食べられると分かったら、トマトの茎でも食べるようになってしまうかもしれない。

 ところで、登別のクマ牧場に行ったことが、ある人は分かると思いますが、あそこに行くとクマ達が密集して生活しています。狭いところにぎゅうぎゅうづめにヒグマたちが住んでいる。これを不思議に思った人はいないでしょうか? クマというのは縄張りを持つ動物だと言われていました。野生のクマを観察するとクマというのは孤立性が高い。集団生活をしないわけです。そんな動物を集団飼育すると喧嘩するのではないかと思われていた。だからクマ牧場を設計するときに、一匹あたり何ヘクタールの土地が必要なのかと色々計算をされていたわけですが、いざクマ牧場をスタートしてみたら、どんなに密集になっても餌さえあれば全く喧嘩をしないことが分かった。逆に言うと餌が足りなければ餌を取り合って喧嘩をする可能性が高い。そうなるとクマも知能が高いので脱走を試みるかもしれない。

 このことは、非常に重大な示唆を与えてくれます。もし山のどんぐりが不作だった場合や、クマが増えすぎた場合は、山から下りてくる可能性がある。危険を冒してでも畑の中に入ってくる可能性がある。その場合電気柵があっても無駄だということだ。本当に飢えているクマならば穴を掘って畑の中に入ってしまうからだ。幸か不幸か北軽井沢には、どんぐりがたくさんある。家の近所を散歩するだけでも道端はどんぐりだらけだし、別荘地の森の中もどんぐりだらけで、朝散歩すると、どんぐりが別荘の屋根に落ちる音がポンポンと聞こえます。これをツキノワグマが食べない理由がない。逆に言うと、夜夜中にこっそり行ってきてクマ達が別荘の森でどんぐりを食べていても不思議はありません。


09ino-6.jpg


 ただし、そういう事例がほとんどないのは、別荘の住人達が、犬が好きだからだと思う。例えばたぬきがやってきただけで、犬がワンワン吠える。そうするとあちこちの別荘をから連鎖的に犬の吠え声が聞こえてくる。野生動物にしてみたら、全く嫌な感じなのかもしれない。しかし、そういう犬たちをものともしない連中もいる。クマではなくイノシシ等です。彼らは犬なんか屁とも思ってない。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 06:25| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月11日

クマについて【7】ナタとノコギリ

 1992年頃の話です。知床山脈を縦走しようと思って、いろいろ資料を調べてみたんですが全くない。知床半島で何度も北大のワンゲル部と出会って、彼らともいろいろ話をし、一緒のユースホステルに宿泊してますが、地理的に近い北大のワンゲル部は、あまりよく知床を知らない。地理的に近いためか知床探検のためのデータを持ってない。当時の北大のワンゲル部はレベルが高くはなかった。

 困っていると、アウトドアライターの人の紹介によって、アウトドアという雑誌の編集長を紹介してもらい、そこで資料を頂いた。その資料というのは、 東京大学のワンゲルの資料だった。非常に貴重なものでした。他にもいろんな大学のワンゲルから資料を頂いたのですが、 東京大学のワンゲルの資料が一番正確で良く出来ていた。

 そして1996年に実際に縦走してみると、その資料が東大ワンゲル部の性格をみせていた。どういうことかと言うと、稜線を正確に突進しようとしている。もちろん稜線上には、 ダケカンバやハイマツ帯が邪魔しています。ハイマツ帯と言っても、北アルプスのハイマツ帯とは全く違うもので、 お化けのような巨大なハイマツ帯。それが入り組んでいて進路を阻みます。ゴムのように私達の全身をブロックする。腕や足をゴム(ハイマツ)で引っ張られいる感じです。

 普通ならば絶対に前進できないのですが、そこは伝統のあるワンゲル部ということで、少しずつノコギリでハイマツを伐採している。伐採しなければ前進できないから彼らのパーティーは、ノコギリを持っている。で、邪魔なハイマツは、その都度ノコギリで切断している。その切断の後が、登山道のテープの代わりになっている。道しるべになっているわけです。それが地図に【マル切】と書かれてあって、標識がわりになっている。非常に科学的な手段と物量と伝統の積み重ねで縦走を行っている。

 となると、知床山脈縦走するには、ノコギリが必要になってくる。
 ここで問題にぶち当たります。

 ノコギリというのは、ハイマツの枝を切断する以外に使い道がありません。 もし途中で熊に出会った場合、ノコギリでは戦えない。ナタでなくてはいけない。でもナタでは、ハイマツは切断できない。そうなると我々に取れる手段としては、ハイマツ帯を直進するのではなく、遠回りになったとしても迂回するしかない。





  前置きはこのぐらいにして本題に入ります。

 当時知床山脈に入ると、いくつもの大学のパーティーがいました 。
 それらのパーティーは知床沼にテントを張っています。
 理由は、そこが最後の水場だからです。
 そして夜の8時頃に各テントで一斉に気象通報を聞きます。

 今と違って当時はスマホもなければ携帯もありませんので、夜の8時に放送される気象通報の情報によって自分で天気図を書きます。その天気予測によって、知床を縦走するかどうか決めるわけですが、面白いことに各大学ごとに天気図が違っている。つまり予報が違ってきている。

 まあそんなことはどうでもいいとして、各大学のパーティーは、お互い作った天気図と天気予報を交換するわけです。そして色々検討した結果、天候悪化のために知床縦走はできないとみんな断念してしまった。今ならスマホであっという間に分かってしまう天気予報も、当時はこのような原始的な方法でやっていた。ちなみに携帯がない時代ですから、みんなアマチュア無線の免許を取っています。万が一の時は、アマチュア無線で救援を呼ぶしかない。

 そんなことどうでもいいとして、彼らは全員ノコギリを持っていた。ハイマツ帯を縦走するわけだから、当然といえば当然なのだろうが、当時の私は首をかしげていた。熊が出てきたらどうするんだろうと。 ノコギリでは戦えないではないかと。もちろんみんな熊スプレーは持っていたけれど、犬飼さんや、門崎さんや、姉崎さんのヒグマに関する報告書を読む限り、ナタを持っていかないと言う選択肢はなかった。

 当時の統計(たくぎん総研)によれば、ヒグマに襲われた場合、ナタでの反撃が有効だとされていたからだ。その報告に批判的な動物学者も多かったのだが、私は、その統計を信じた。というのも、ある専門家が、とんでもない資料(死んだふりをしたら助かるというカナダの資料)をわたしてきたからだ。それは、たくぎん総研の統計とは真逆だった。私は迷うこと無く、犬飼さんや、門崎さんや、姉崎さんの方を信じた。

 結局、ノコギリは必要なかった。
 むしろノコギリなってない方が良かった。
 なまじノコギリを持っていると、ハイマツ帯を直進したくなる。
 しかし実際は遠回りになる。
 ハイマツ帯を迂回した方が圧倒的に早い。
 一見遠回りに見えてもそっちの方が早いのだ。
 そうなると稜線上を縦走したとは言えなくなるかもしれないが・・・・。

 結局、他の大学のパーティー等は、気象通報から自ら導き出した結論によって縦走を断念したので、ノコギリだろうがナタだろうが関係なかった。縦走のために出発したのは私達だけだったからだ。

 で、やはりナタで良かった。
 安心感がまるで違っていた。

 それ以前に、ハイマツ帯を上手に迂回することで、自然に対するダメージを最小限にできたし、体力も奪われずにすんだ。それが成功の原因だったし、自然を征服しようとしなかったことが結果としてよかった。藪漕ぎというのは、体力戦ではない。頭脳戦なのだ。

 それと「臭い」との戦いである。不思議なことに3週間も原生林をウロウロしていると、嗅覚がするどくなってくる。クマ・鹿の臭いに敏感になる。ハイマツの臭い、山風・海風の臭いまで敏感になり、嗅覚がすぐれてくる。そうなると、気象通報とか、NHKラジオの天気予報などに惑わされない直感(霊感)のようなものが働いて、やることなすこと全て正解を導き出してしまう。神がかってくる。そうなると今度は逆に怖くなってしまって慎重になってしまう。それがいいあんばいに働きますから不思議といえば不思議です。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:12| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

クマについて【6】情報量

 江戸時代の寺子屋の教科書が、やたらと難しいことに驚いたことがあります。これは明治期の小学校の教科書でも同じでした。これが、大正・昭和・戦後と時代が下るうちに徐々に簡単になっていきます。では、令和時代の子供たちが、江戸時代の子供たちより学力が劣っているのかというと、とても大きな疑問が出てくる。『庭訓往来』などの江戸時代の寺子屋の教科書は、確かに難しいのだけれど、当時の子供たちが覚えるべき情報の総量は、現代に比べて圧倒的に少ない。なにしろ江戸時代には、パソコンもテレビもマンガも無い。活字が圧倒的に少ない。『庭訓往来』くらいしかないから、それを何度も読み返すしか無い。あとは、浄瑠璃・歌舞伎・落語・俳諧といったものくらいなので、現代に比べて圧倒的に情報量が少ない。少ないからこそ、それらに対して鋭敏に反応し、恐ろしいほどの才能を発揮したりする。

 これは、飼い犬にも言えるかもしれない。

koro_33.JPG



 うちの宿では、シエルティー(コロ)の犬を飼っているのだが、一度でも可愛がってくれた御客様を忘れない。リピーターさんの車が駐車場に入ってくるだけで嬉しそうに吠える。逆に、初めての御客様には見向きもしない。過去に散歩に連れてってもらった御客さんは、ずっと憶えていて、嬉しそうにワンワン吠える。
「散歩に連れてって!」
と尻尾を振っている。散歩に連れて行ってくれた御客様の臭いを何年も覚えていて、数年ぶりに再会する御客様に対して、大喜びでワンワン吠えて『遊んでよ』とお強請りする。御客様は
「利口な犬(コロ)だなあ」
と感心するのだが、これは誤解である。

 コロのやつは、年から年中、散歩のことばかり考えている。ペットだからエサには困ってないが、散歩と一緒に遊んでくれることに関しては飢えている。四六時中、散歩のことばかり考えているから、「この人は散歩に連れて行ってくれる人だ!」という情報は、絶対に忘れはしない。なにしろ1年中、そればかり考えて生きているからだ。

 うちのコロにとって、宿に泊まりに来る御客様は、散歩してくれるかもしれない御客様なので、その人たちの臭いは、データーベースとして、しっかり記憶されてしまう。コロが、頭が良いかどうかは別にして、年中、散歩しか考えてなかったら、コロの脳は、その一点に集中して、恐ろしいほどの能力をみせるかもしれない。


20-313-07.JPG


 これは、野生のクマにも言えるかもしれない。野生のクマにとっての最大の関心事は食糧問題だ。あれだけの巨体を植物によって維持するには、四六時中食べていなければならない。そのために手っ取り早いのは、人間が栽培している畑が一番効率よく食事が出来る。しかし、そこに入ろうとしないのは、人間の怖さを知っているからだ。

 ただ、独り立ちしたばかりのオス熊は、それをよく知らないために、別荘地や畑に迷い込んで捕獲&射殺されてしまう。それを見ていた熊たちは、人間と距離を置くかもしれない。愛犬コロが、散歩のために恐ろしいほど集中し、大勢の御客様の顧客データーを記憶するのと一緒で、野生の熊たちも、食料の確保と、人間への警戒心のために恐ろしいほど集中し、人間界のデーターを集めているかもしれない。





 知床山脈を縦走しているとき、倒木に腰掛けてやすんでいたら、ヒグマが、のっしのっしと近づいてきた。こういうことは滅多に無いので驚いた。もちろん、こっちは、じーっと立ち止まって相手を睨めつけ、ナタとクマスプレーで戦闘準備する。すると、飛び上がって、ドスンドスンと逃げていった。もちろん天地が地震の様に揺れる。熊は茂みにはいる。入ると天地の揺れはピタリと止まる。つまり茂みの中から、こちらを伺っている。もちろん、こっちから熊の姿は見えない。つまり、熊は、隠れてこっちを伺っているのだ。
「変だな?」
と思った。ヒグマは、必要以上に人間と関わろうとしないから、茂みの中から動こうとしないヒグマに違和感を感じた。
「どうしてだろう?」
と思っていると、仲間の一人が、こしかけていた倒木にクワガタムシを発見した。よくみると倒木には虫たちがたくさんいた。アリの巣があり、熊の大好物が大量に存在していた。

「ああ、すまんすまん。そういうことだったのか!」
「・・・」
「ごめんねクマさん、俺たちは旅たつから・・・」

 私は、巨大なヒグマに謝りつつ、その場をそっと立ち去った。ヒグマにしてみたらランチタイムにいつもの倒木に向かっていたら、殺気だった人間が4人もいてナタに手をかけていたので困惑していたのだと思う。四六時中、食料の事ばかり考えているヒグマにしてみたら、変な姿の人間が進入しているのに、さぞかし面食らっていたに違いない。

 このようにヒグマは、エサに関するデーターと、人間に関するデーターを必死になって集めている。われわれの知らないところで、われわれはヒグマに見張られているかもしれない。

 これは、ツキノワグマにしても同じで、彼らは、信じられないくらいに我々を観察している。人間や自動車などをよく観察している。観察しつつ、夜中に町中に入り、街中を流れる川の、川沿いに密集してサワグルミの林に進入して、また柔らかいクルミをムシャムシャと食べたりする。食べられる時期は、たったの1週間で、時期が過ぎると食べられなくなるので、クマにしてみたら必死である。こうして深夜に沢筋を下りてきて、大急ぎで街中のクルミを食べて、逃げるように去って行く。ずくそばには、観光にきた自動車が走っていたり、夜の夜中にランニングする人間がいたりするのだ。そんなときクマは、茂みの中で用心深くピクリとも動かずに、災難がさっていくのを待っている。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 00:37| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

クマについて【5】『子熊物語』

 今まで、ヒグマの恐ろしい話ばかりしてきたが、今回は、ヒグマの可愛らしい話をしたい。


0080_3.jpg


 その昔、フランス映画に『子熊物語』というのがあった。母を失ったヒグマの子供を別の熊が育てるという映画だったが、
「嘘くせー」
と思ってしまった。当時、熊に関して色々調べていて、かなり詳しいつもりだった私は
「自分が生んだ子供でも無いのに育てるかよ!」
と、その映画を見ながら、映画を作っていたフランスの映画監督を小馬鹿にしていた。しかし、よくよく調べていくと、熊は、血縁の無い孤児を育てるという研究結果があった。北海道の登別のクマ牧場で、そういう事例が報告されていた。


i-img1200x849-1602363406y4vodg14231.jpg


 登別のクマ牧場の存在は大きい。登別のクマ牧場のおかげで、野生のヒグマが保護されていると言っても過言では無い。もともと登別のクマ牧場は、熊の食肉を目的として作られている。自然を愛する熊愛好家にしてみたら、とんでもない存在であると思われそうだが、登別のクマ牧場のおかげで、ヒグマの密猟が大した儲けにならなくなってしまい、結果として、ヒグマを密猟する人がいなくなってしまっている。間接的に登別のクマ牧場は、野生の熊をたすけているのかもしれない。

 まあ、そんなことは、どうでもいいとして、登別のクマ牧場によって、いままで分からなかったヒグマの生態が解明されている。その中でも衝撃的だったのは、エサを充分に食べられなかったヒグマが、子熊の養育を放棄するという恐るべき事実と、養育を放棄された子熊を血縁の無い別の熊が養育する事実である。

 さて、長い前置きは、このくらいにして、本題に入る。





 これから話すことは、にわかには信じられないかもしれないが実話である。昭和21年。北海道の日高地方に、とある母子家庭が住んでいた。4歳の息子と、その母親だった。終戦直後ということもあって、母親は栄養失調のために失明してしまった。4歳の子供を育てるどころではなくなった。母親は、息子を養子にだした。300ヘクタールも農地をもつ大地主のところへである。そこには、女の子ばかりで、男の子が無かった。そこへ養子にだされた。

 しかし4歳の少年は、新しいお父さん・お母さんになつかなかった。それに腹を立てた養父は、4歳の子供を死ぬほど殴ったりした。しかも、その直ぐ後に男の子が誕生した。養子の少年は、用無しとなって、年齢を1歳誤魔化して、5歳で小学校に入れられてしまい、家業を手伝わされた。馬や牛のエサを運ばされ、羊の放牧をさせられた。動物は、相手が子供だと、小馬鹿にして言うことをきかない。牛や馬に蹴られて
毎日傷だらけになったが、誰も解放してくれなかった。血まみれになって働いても、誰もいたわってくれなかった。

 学校から帰ると、おつかいが待っていた。町の商店からリヤカーで重い荷物を何キロもの距離をはこんだ。買い物は付けで買い。月末に払うシステムだったので、少年は、荷物を運ぶだけの買い物だった。

 学校に行く前には、羊の放牧をした。羊たちは少年の言うことなど聞かないので、引きずり回され倒れ、泥だらけになった。そのまま学校に行くと「汚らしい」とか「親無し子」とからかわれて虐められた。友達は一人も出来なかった。家に帰ると豚小屋や牛舎の掃除。誰も仕事を教えてくれないので、牛の乳を絞れば蹴られ、馬のエサをやれば噛みつかれた。誰も守ってはくれなかった。だから牧場の脇道をのぼり、近くの山に登って海をみた。こっそり抜け出して、遠くに見える海をみることだけが、ささやかな楽しみだった。

 そして小学2年生の春。少年は海をみるために、雪解けの山道を登っていると、子熊をみつけた。可愛い子熊だった。少年は、子熊を抱き上げようとしたら、子熊は逃げていった。少年は追いかけると、突然、母熊が現れて、少年の頭を張り倒した。少年は、ふっとんでしまった。そして気を失ってしまった。

 そして何時間たったろう?

 少年が目覚めると、夕方だった。少年は、ヒグマの巣穴に寝かされていた。母熊は、傷ついた少年の頭をなめていた。やさしそうな目だった。少年の足下には、子熊が寝ていました。母熊は、その子熊と少年をかわるがわるになめました。少年は、この熊の親子に家族の愛情みたいなものを感じてしまった。養父・養母にはない愛情を感じてしまった。そして涙がこぼれてしかたなかった。そして、いつしか寝てしまった。

 翌朝、少年が目覚めて、大急ぎで養父のもとに帰りますと、酷くしかられましたが、熊にやられた傷については、何も聞かれませんでした。そして小学校に登校し、先生に熊の好物を聞くと「リンゴでしょう」とのこと。少年は熊にリンゴをもっていこうと考えます。重いリヤカーで4キロ先にある商店で買い物するのは、少年の役目ですし、買い物はツケで行います。その時にリンゴも買って、熊に持って行ったのです。熊の親子は、リンゴを美味しそうに食べ、少年は、やっと本当の家族をみつけたのです。しかし、ツケでリンゴを買ったことがバレて、少年は死にそうになるくらいに殴られ、そして・・・・。

 以上の話は、『クマに森を返そうよ(沢田俊子)』という本の一節(実話)です。息子が夏休み中に図書館で借りてきた本で、息子は、この本の感想文を書いて宿題として提出しています。

 少年が、ヒグマの巣穴に寝かされて、傷ついた少年の頭をなめていた。
 少年の足下には、子熊が寝ていた。
 母熊は、その子熊と少年をかわるがわるになめていた。

 にわかには信じられない話しですが、登別のクマ牧場の報告を大量に読んでいる私は、実話であると思っている。本当に、ありえると思っている。


 というのも、後天的に学習するヒグマは、個体差が大きく、いろんな性格の個体があるからです。そして、登別のクマ牧場の研究報告からもあるとおり、映画『子熊物語』のような母を失ったヒグマの子供を別の熊が育てるというケースもありえることを考えると、クマに一律に『お仕置き放獣』することが正しいかどうか疑問になってくる。個体差が大きいから、一律の対応に疑問点が出てくる。お仕置きによって、人間を執拗に恨んで攻撃してくるような個体が誕生しないともいえないからだ。

 クマの個性の多様さをなめない方がいい・・・・というのが、動物写真家である宮崎学さんの考えであり、私も同じような感想をもっている。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング










posted by マネージャー at 00:01| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

クマについて【4】合戦小屋と燕山荘

 10月2日の土曜日は、息子の運動会でした。もちろん宿屋は大忙しです。緊急事態宣言の解除もあって、前日の10月1日から御客様の予約が入ってしまった。運動会当日にしても、御客さんはゼロだっさたので、安心して運動会に出られると思っていたら、まさかの「緊急事態宣言の解除」で、予約がドド〜っと入ってしまった。

 おまけに運動会の方は、新型コロナウイルスに対する配慮から、午前中に終了するプログラムになっていて、そのために私たは息子の競技を見れなくなってしまった。御客さんのチェックアウトは、10時なのに対して、運動会の競技は11時すぎに終わってしまうからです。つまり、夫婦で息子の競技はみられず、私だけがビデオ撮影するしかなかった。で、運動会が終わると、大急ぎで帰って御客さんを迎える準備。そして、その翌日には北アルプスに登るために出発しなければならない。大忙しである。

 土曜日の運動会のおかげで月曜日は、振替休日となっている。つまり、日曜日・月曜日と連休なので、北アルプスに一泊できる。で、どこにしようかと悩んだあげく、雷鳥で有名な燕岳に登ることにし、もともと帝国ホテルグループであったスーパー山小屋である『燕山荘』に泊まることにしました。


21-10-3-10.JPG
(卵をあたためている雷鳥。燕山荘付近には、雷鳥がたくさんいる。しかし噴飯ものはダックスフンドを連れてきた登山客がいたことだ。雷鳥で有名な燕岳に猟犬連れてくるのは止めて欲しい。それをキャーキャー喜ぶ女性諸君も、よく考えて欲しい。ものすごく罪深いことだと。燕山荘も登山道入り口に『犬は禁止』と書いた方がよいと思います)


 北アルプスの山小屋には、二大グループがあって、槍ヶ岳肩の小屋のグループと燕山荘グループ(燕山荘、大天荘、ヒュッテ大槍、有明荘、合戦小屋)の二つが覇を競い合っていますが、去年は槍ヶ岳肩の小屋で、酷い接客に嫌な思いをしたので、今年は最高峰レベルの山小屋と名高い『燕山荘』に泊まってみようと思ったわけです。

 10月3日(日)。なんだかんだで御客様のチェックアウトが、10時をすぎてしまっていたために、北軽井沢を出発したのが10時30分。登山口に車が到着したのが13時。なんだかんだで登り始めたのが13時20分でした。


21-10-3-01.JPG
(登山口・中房温泉)


 ここから燕山荘までの標準的なコースタイムは、4時間10分。コースタイムどうりに登れば、17時30分に燕山荘に到着できます。ただし、このコースは、北アルプス3大急登の一つで、すごい登坂の連続が続きます。なので、途中に多くの休憩所が作ってあり、第一ベンチから、第十ベンチまで十ヶ所の休憩のためのベンチがあり、ザックを下ろさずに休憩できます。さすが、燕山荘グループが整備しているだけのことはあり、登山道には、いろんな工夫がされていました。私自身、子供が生まれるまでは、北軽井沢の登山道をいくつか整備していたので、その苦労は痛いほどわかります。


21-10-3-03.JPG
(北アルプスで、もっとも急な登りで有名なコース。けれど、この日は、5組の小学生連れの家族と、4組の幼児連れと出会っている。息子が3歳の頃は、幼児連れの家族は皆無だっただけに、時代も変わったなあと感心する。ちなみに、ここでもベビーキャリアは見かけなかった。幼児は、しっかり自分の足で歩いている。)

21-10-3-04.JPG
(ベンチがたくさんあるので、休憩がてらに地図を確認したりできます。読図訓練の一コマです。子供に読図を教えるのには、とても良いコースだと思います)


 15時55分。合戦小屋に到着。合戦小屋は、燕山荘グループが経営する小屋で、いわゆる山小屋レストランで、夏はスイカを食べさせてくれることで有名です。普通、山小屋でスイカなんか食べることはできないのですが、登山口から合戦小屋まで荷物運搬用リフトが繋がっているので、スイカが食べられるわけです。また、このリフトのおかげで、燕山荘は通年営業ができます。そして、ヘリコプターを使わずに大量のゴミ類を下界に下ろせるわけです。

 そのおかげで、燕岳付近は、自然がよく保護されていて、雷鳥の天国になっています。もし、少しでもゴミで汚されていたら、それをエサにキツネ・カラスなどが、あがってきて、アッというまに雷鳥は全滅してしまいます。それを燕山荘スタッフたちは、防いできたわけです。なので、警戒心の無い雷鳥の雛たちは、燕山荘の庭先にヨチヨチと歩きながら遊びにきたりします。これは、世界的でも日本アルプスだけにしかみられないことで、非常に珍しいことで、世界中の鳥類学者たちが驚愕しています。かって雷鳥のような存在の鳥は、世界中にいっぱいあったのですが、全てヨーロッパ人が虐殺してしまったからです。つまり雷鳥の存在は、日本人の良心そのものである・・・ということらしい。


21-10-3-09.JPG
(雷鳥の雛が無警戒にやってくるところは燕山荘くらいのものでしょう。こういう別天地に猟犬をつれてくることは、本当に謹んでもらいたい。)


 ところが、今から数十年前に雷鳥に危機が訪れます。原因は、この合戦小屋で出していたスイカにあります。御客さんが食べ残したスイカの皮の臭いにクマたちが合戦小屋に集まってきて、その周辺から動かなくなってしまった。すくに対策するのですが、一度スイカの味を学習してしまったクマはテコでも動かない。どんなに威嚇しても動かない。もう射殺しかないということになって、それも嫌だと思って、無い知恵を振り絞って考えだしたのが『お仕置き放獣』です。クマを捕獲してお仕置きして、二度と近寄らせないようにした。これが『お仕置き放獣』のはしりです。

 で、この『お仕置き放獣』には賛否両論がある。宮崎学氏は、反対論者である。ヒグマの会なども、そういう考え方に近いかもしれない。40年前の知床岬のルシャの漁師たちは、ひたすら『追い払い』に徹していた。道路にクマがいたら車で追い払ったが、草原にいる限り無視していた。お互いテリトリーをはっきり分けていた。これができたのは、ある程度、交通インフラと機械力があったからだろう。合戦小屋と燕山荘には通用しないスタイルかもしれない。




↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 23:49| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

クマについて【3】燕山荘と「お仕置き放獣」

 熊にあったら死んだふりをするといいという迷信があります。これは迷信です。ではどうして、死んだふりをしたら助かるという迷信が生まれたかと言うと、ヒグマとライオンは根本的に違うからです。

 ライオンは一度獲物を仕留めると、他の動物には見向きもしません。逃げる相手など無視して、仕留めた獲物を貪ります。けれど本来草食動物であるヒグマはそうではありません。一度仕留めたとしても、逃げる者がいたとしたら、そっちの方を追いかけてしまいます。

 ヒグマが人家を襲った時に、絶体絶命に陥って食われるだけだという時に、他の人間が逃げてしまうと、そっちの方を追いかけます。だから絶対に逃げてはダメなんです。これがライオンのような根っからのハンターだったら、一度仕留めた肉を手放すような事はありません。ここがヒグマとライオンの違いです。誰かが逃げると、今にも食い殺されそうになっても助かってしまう。ヒグマは動く者を追いかけてしまう。





 前置きはこのぐらいとして、北海道のとある海岸で食事を作っていた時に、オスのヒグマがこちらに向かってきて立ち上がったことがあります。こいつは「やばい」と思った私は、奇声をあげてヒグマに突進して行きました。ヒグマのやつは、慌ててしげみに逃げていたわけですが、その時は、いつものように大地がドスンドスンと揺れることはありませんでした。岩場の上だったからです。

 私はヒグマに突進したわけですが、決して無茶なことをしたわけではありません。ヒグマは崖の上にいて、私とヒグマの間に谷のようなものがあったので、私の突進はこけおどしでした。手にはナタとクマスプレーをもっています。ヒグマに対してナタが有効なことは、いまはなき拓銀総研の報告で、当時あきらかになっていました。

 で、私がヒグマに奇声をあげて突進しているところに、友人が援軍にきて、二人で奇声をあげたわけですが、ヒグマは藪の中にどんどん消えていきます。普通ならやぶにクマが消えると、藪はピクリとも動かないのですが、今回はどういうわけかやぶがどんどん遠くに波打って消えていく。つまりヒグマはどんどん逃げていたわけです。

 一緒にいた友人は
「ここから逃げよう」
と言いました。

 しかし逃げるも何も、もう日没で、逃げるところがない。ここには道路も無ければ登山道も無い海岸なのだ。逃げたところでヒグマの方で追いかけようと思ったら、確実に捕まってしまう。だから、その日はそこでビバークしました。警戒のためにラジオの音声をガンガンならしたわけですが、その時ちょうどアトランタオリンピックが開催されていて、日本サッカーチームがブラジルに勝って、大歓声をあげていた。

 ちなみに、ほぼ同じ頃に、ヒグマの写真家の星野道夫さんが、TBSの動物奇想天外の撮影時に、ヒグマに襲われて食べられてしまっていた。彼は「この時期は、サケが川を上って食べ物が豊富だから、ヒグマは襲ってこない」と思っていたらしいが、ヒグマの知能と、後天的な学習能力をあまくみていたのかもしれない。個体によってキャラが違うヒグマに一般論は通用しにくい。

 通用しにくいといいいえば、最近流行りのツキノワグマに対する「お仕置き放獣」に関することも、賛否が分かれるところです。お仕置き放獣というのは、人間のそばにやってくるツキノワグマを罠で捕らえて、唐辛子スプレーなどを使ってお仕置きをして、人間の強さ怖さを十分に教えて、山奥に放獣することを「お仕置き放獣」と言います。

 これを日本で最初に行ったのが、日本最高ランクの山小屋と言われる「燕山荘」です。これについては、後日述べるとして、この「お仕置き放獣」は、軽井沢町を中心として、長野県の多くの市町村で採用されています。これに否定的な見解を持っているのが、動物写真家の宮崎学さんで、個体によって大きくキャラが違っているツキノワグマに、一律に採用することの危険性を訴えています。







 それはともかく、実は昨日から今日のお昼頃まで、家族で山小屋の燕山荘に宿泊し、合戦小屋で休憩したり、燕岳を散策したりしていました。もちろん燕山荘のご主人から、ツキノワグマを「お仕置き放獣」するにいたった経緯を伺っています。これについては、明日にでも報告したいと思います。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 18:22| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

クマについて【2】

 一般的によく言われている
「クマは警戒心が強くて臆病だ」
という。それは本当だと思う。もちろん根拠がある。

 私は何度もヒグマやツキノワグマと出会い頭にあっていますが、ほとんどの場合向こうの方から逃げていきました。で、逃げる時には天地が揺れます。地震のように大地が揺れる。しかしその逃げて行くクマが藪の中に入った途端に、大地が揺れなくなる。つまり動かずにずっとこちらを伺っている。すぐそばにいるのだ。姿を消したらピクリとも動かない。

 距離からすれば20Mから30Mぐらいだと思う。すごい至近距離にいるわけだがピクリとも動かない。動かずにこちらをじーっと伺っているわけだが、藪の中に隠れているために、こちらからはその姿が見えない。仕方がないので、ゆっくりとその場から離れるわけだが、やはりやぶは動かない。クマは息を殺してじっとしている。非常に用心深いのだ。

 こういうケースは、知床山脈の稜線上とか、普段人間が現れないところで起きるケースが大半である。漁師の番屋がある海岸沿いでは、ヒグマたちも、それほど用心深くはない。漁師たちが作業していても、車が走っていても、われ関せずで、四六時中、草ばかり食べている。しかし、そういう光景は1990年以降の話であって、それ以前では、知床半島の海岸にヒグマが出ることはなかった。海岸にヒグマが出るようになったのは1990年頃からである。

 理由は単純明快で、ウトロにいた二人のハンター(密猟者)が、いなくなったからだ。一人は不慮の事故で死んでしまったし、もう一人は、引退して東京の方に去ってしまった。そのためにヒグマが海岸に出るようになったのである。ハンター達は、船で海岸に上陸しクマを仕留める。だからヒグマたちは絶対に海岸に出てこなかった。知能の高いヒグマは、人間をよく観察します。観察しまくって、何が安全であるか、何が安全でないかを見極める能力を持っている。人間が考えるより、彼らは非常に知能が高い。

 私は仲間四人と、クマがエサを食べている草原にテントを張ろうとした。すると漁師たちは「その場所は危ないから、この車庫にテントを張りなさい」と親切にしてくれた。そして私たちの山行計画を聞いてきた。私は
「テッパンベツ川から知床岳に登り、そこから知床岬に縦走する予定です」
と答えました。すると漁師たちは
「テッパンベツ川にクマはいないから大丈夫だ」
と答えました。これは本当でした。彼らは無知を装いますが、実はいろんなことを知っています。彼らにヒグマの事を聞いても
「さあねえ」
「俺には分からねえなあ」
と惚けますが、そんなことありません。実にいろんなことを知っている。その逆が町の人達で、出発前にいろんなアドバイスをしてくれましたが、それらの情報には嘘も多かったし、いい加減なものがいっぱいあった。ところが漁師たちの
「テッパンベツ川にクマはいないから大丈夫だ」
は本当だった。





 本当にヒグマはいなかった。
 なぜそれが分かるかと言うと糞がないからである。
 知床にはあちこちにヒグマたちの糞がある。
 鹿のフンもあれば、鳥の糞もある。
 どこもかしこも糞だらけである。
 足の踏み場もないくらいの糞の山なのだ。
 動物の糞を踏まなければ、大地を歩けないくらいの糞の山。

 野生動物が糞をしても、寒さゆえに分解されないで残っているだめだと思われる。だから私たちが糞の上を歩くとそこに新しい道ができた。雪のトレースのように道が出来た。そのくらい糞が多かった。その中でもヒグマの糞は独特の匂いを保つ。私たちは、ヒグマの糞を見つけるたびに匂いを嗅いだ。特に新しい糞は、湯気がでていた。そういう場合は、ヒグマの臭いがした。人間の鼻は、大自然の中に1週間もいると、非常に嗅覚が敏感になる。これは私だけの話では無くて、20人の参加者全員が、1週間で野生動物の臭いをかぎ分けられるようになった。

 それはともかく、湯気がでていたヒグマの糞の話にもどる。周りはハイマツだらけなので、ヒグマの奴も私たちの通る道を通っているらしい。というか、私たちがクマ道を通っていた。その証拠が、ホカホカの糞である。おまけにハイマツの新しい実がクマに囓られていた跡まであった。そんな藪漕ぎをやっていた私たちは、テッパンベツ川に行くと、クマの形跡が無かった。クマどころか鹿さえみかけなかった。
「テッパンベツ川にクマはいないから大丈夫だ」
という漁師たちの話は、嘘では無かった。彼らは非常に正確な知識をもっていた。ただ、外部の人間に簡単には教えてくれないだけだった。これは、1990年から1994年頃の話である。今は、どうなっているのかわからない。





 当時は、スマホも携帯も無かった。あっても電波が届いてない。天気予報は、ラジオの気象通報を聞いて、自分で天気図を書いて、天気を予測した。昔は気象の知識が無いと山に登れなかった。だから山ではラジオが生命線だった。おまけに40sの荷物を背負っていた。水の浄化装置・ロープ・ハーネスから軽ボートまで背負っていた。で、いったん山に入ると、無駄になるのが金(マネー)だった。一番無意味なものになってしまった。で、ヒグマのいない沢筋を登っていくと、巨大な雪渓があり、ゆくてに巨大な滝が見えてきた。そして、シマフクロウの鳴き声が聞こえてきた。

 今なら雪渓のおかげで楽に登っていける。3日たったら、楽には登れないだろう。行くなら今しか無いが、シマフクロウの声が気になる。知床岳をとるか、シマフクロウ観察をとるか悩んだが、知床岳をとってしまった。今だったらシマフクロウだろうけれど、当時の私は、知床山脈縦走の方に魅力があった。

 で、ロープで体を縛ってビバークして、知床岳にのぼり、夢のような湿原を下っていくと、久しぶりにクマのウンチに出会った。鹿にも出会った。当時の自然関連の書籍には、標高600メートル以上のハイマツ帯には、鹿もクマもいないと書いてあったが、普通にワンサカいた。いたどころか、私たちは彼らに見張られていた。そんな気がした。彼らの姿は見えないのだが、彼らが近づくと、強烈な臭いがするからだ。鹿にいたっては、キャンキャンと鳴いて警戒音を出していた。大きな角があるのに、どうやってハイマツの中を鹿たちは歩いて行くのだろうか? 不思議でならなかったし、そもそも鹿が鳴くことさえ、今まで聞いたことがなかったので新鮮だった。動物たちは、そんな私たちを遠巻きに警戒していたようだった。姿こそは見せないが、臭いだけはしたからだ。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:ヒグマ 知床
posted by マネージャー at 22:04| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

クマについて【1】

 浅間山の外輪山を縦走すると、眼下に嬬恋平野がよく見えます。とても良い景色なので足を止めてキャベツ畑と林を見るわけですが、あちこちに巨大な太陽光発電が並んでいるのが見えます。太陽光発電による環境破壊によって森はどんどん狭くなっていくようです。下山後、佐久方面に降りていったわけですが、途中いろんな場所が伐採されて、カラ松が植林されていました。これは二度上峠でも一緒で、広葉樹林が伐採されてカラ松が植林されています。そして気になることはツキノワグマなどの野生動物の食料がますます減っていくことです。


IMG_4466.JPG


 北軽井沢では、ちょっと散歩をすると栗・どんぐりの実が、あちこちに落っこちていて、森の中にある別荘の屋根に、ぽつんぽつんと木の実の落ちる音がします。散歩すれば、その音がよく聞こえます。森の中に響いてくるわけです。そんな森が、太陽光発電などによって、里山から消えつつあるのは非常に残念なことです。

 話は変わりますが、クマというのは、執着性が非常に激しい。例えば落ちているどんぐりを見つけて食べたとすると、そのどんぐりは自分のものだと思ってしまう。毎日のように、その場所に行ってきてドングリを食べに行きます。それを誰かが取ろうとすると、泥棒だと思って攻撃することもある。春先に山菜を取りに行ったご老人達がクマに襲われるのはそのせいです。クマにしてみたら、自分の所有物を盗まれたということになってしまう。そういう性質がクマにはあるわけで、これが問題となってくるわけです。

 里山がどんどん開発されていて、餌がなくなって畑に降りてきたとする。そして一度そば畑の作物を食べると、その畑の所有権は、そのクマにあると言うことになってしまう。一度そうなってしまったら、非常に危険な状態になります。最初は野菜を食べるくらいで済むのですが、野菜だけで済まなくなってしまう。畑の側を歩く人間までも攻撃される可能性が出てくるわけです。だから絶対にくまたちを畑に近づけてはならない。

 戦前の北海道で人間がヒグマに襲われる事件が何件も起きていますが、当時はヒグマの生態がよく知られてなかったために起きてしまった事件だとも言えます。ヒグマについてよくわかってなかった時代では、畑が荒らされても、腹を立てるぐらいであんまり対策を立ててなかった。畑の次には、民家の軒先に行ってきて、軒先に吊るしてあるトウモロコシを食べたりする。そして、その対策を立ててないと、最後には人間が襲われることになる。だから最初に畑に入った時点で、駆除するべきだったわけで、お互いに不可侵の状況をつくるべきで、それを怠ると大災害が起きてしまう。





 では、一般的によく言われている
「クマは警戒心が強くて臆病だ」
というのは間違いなのかと言うと、間違いではない。

 確かに臆病な動物で警戒心も強い。
 だからこそ人間をよく見ています。
 信じられないくらいに人間のそばで息を殺して私たちを見ている。
 そして人間をよく観察している。
 観察した上で、ゴミを漁ったり、山菜を食べていたりする。
 人間はそれに気がつかないだけだったりする。

 信じられないくらいに人間の近くに生存していて、人間の生態をよく観察していることが分かっています。つまり後天的に学習する動物であるわけです。(だからクマ鈴は危険であることが定説になりつつある。それについては、後述します)

 それだけに個体差が大きくて性格もバラバラで、ツキノワグマはこうだとか、ヒグマはこうだとか、一般的に言えなかったりする。だから余計にクマに対して決めつけた発言はできない。学習能力が高いので、一頭一頭のキャラクターが本当に違っている。つまりクマと人間は、意外にお互い近いところに住んでいる。クマは、それを知っていて、多くの人間たちは、それを知らないだけなのだ。問題は、人間をよくしらない若いオスクマが独り立ちするときである。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:31| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

空飛ぶ座布団

 最近、雨ばかりで、山に登れなくて、引き籠もっているので体の調子が悪くてイライラしています。こういうとき、近くにジムが有ったらと思いましたが、よくよく考えたら新型コロナウイルスがあるので、仮にジムが有っても通えませんね。でも、まあ、やまない雨は無いわけですし、新型コロナウイルスがおさまってから、晴天つづきの日本晴れになってくれたほうが、ありがたいと思い直しました。

 心配なのは、ドングリ・栗などの出来具合ですね。これが不作になると、山からイノシシやクマたちが下界に下りてきて畑を荒らしますから、そっちの方が怖いです。11月15日になると、狩猟が解禁になりますが、そのときにハンターさんたちが、うちに泊まりに来ますが、彼らの情報によると、最近のクマたちの動向に驚かされます。去年は、37頭も下界に現れたクマが捕獲(殺された?)されたと伺いました。去年も長雨でドングリが不作だったし、その前年には、台風19号がありましたから、それと関連があったのかもしれませんが、原因は分からずじまいです。

 嬬恋村にクマが多いことは、20年前から知っていましたし、登山ツアーで何度も出会ってますし、個人的にクマの定点観察を、桟敷山・鼻曲山付近でしたこともあります。シャクナゲ園でも毎年のようにマーキングされていますし、旧草軽鉄道跡地・浅間牧場とゴルフ場の境界線にもよく出没します。

 秋になると夕方17時頃に、大きな雄クマが、大きな体をユサユサと揺らしながら、道路をよこぎって浅間牧場に入っていくのを何十回とみていました。それが、ある年度から、ぱったりと見えなくなってしまうと「捕獲されてしまったのかなあ」と心配してしまう。小浅間山でも、ここ5年くらい、クマを見なくなりました。新しいマーキング(爪痕)もありません。そうなると「捕獲されてしまったのかなあ」と思ってしまう。

 去年、小浅間山に登に行ったら、登山口で軽井沢町役場の人と警察が、登山者にチラシを配っていました。私ももらって登山しながらチラシを読んだんですが、内容がお粗末だったので、余計なことだとは思いつつ、これは間違いだという点だけを指摘しましたが、当人は、チラシを配るのが目的だったようで、指摘しても無駄でした。特にクマ鈴が効果あるような書き方は、まずいと、理由もつけて言ったのですが、柳に風というか、
「この道路は営林署の管轄だから」
という見当違いの発言が飛び出すしまつで、こりゃダメだと立ち去りました。ただ。若い警察官だけは、しきりに感心してクマの話を聞きたがっていたので、現場の最前線にいる人たちは、好奇心が強いんだなあと感心しました。

 それはともかくとして、気になることは、最近、鹿が増えてきたことです。20年前には全くみなかった鹿たちを、軽井沢からの買い物帰りに、よく見かけるようになってきました。ちょっとヤバいなあと思っています。逆に見かけなくなったのが、フクロウです。台風19号以降、フクロウを見かけなくなっている。それ以前は、うちの近所の森でも、よく見かけたのに。これは台風19号による水害が原因だったのか? それとも、最近、大量に建設されている太陽光発電が原因なのか? よくわかりません。おそらく両方が原因なのでしょうが、いぜんは、何度も見かけたフクロウを全く見かけなくなったのには、ちょっと焦りを感じています。





 唯一の救いは、夜に軽井沢から国道146号を走ると、森の中から座布団(むささび)たちが飛び回っているのを、時々、見かけるのが救いです。そして空飛ぶ座布団を見かけた日は、かならず良いことがあるから不思議です。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:39| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

北軽井沢のツキノワグマについて 最終回

 あれは25年前のことです。25年前に北海道の山奥に1ヶ月ほど潜入することになった私とその仲間は、ヒグマのことを徹底して調べました。 調べていくうちに、大きな疑問にぶち当たりました。研究者の中で、 ヒグマについて正反対なことを言う人たちがいるからです。

 ヒグマについて研究している先生に「ヒグマに襲われたらどうすべきか?」と問い合わせると、 彼らはカナダの事例をもとにしたヒグマへの対処方法教えてくれました。それによると、抵抗せずに亀のようにゆっくり待って相手が去っていくまで待てというものです。いわゆる死んだふりですね。

 これに真っ向から反対してる人達もいました。もう潰れてなくなってしまいましたが、拓殖銀行のシンクタンクである拓銀総合研究所というところが、日本では死んだふりをして助かった例がないと言い、日本において助かったケースは、全てナタで反撃した例ばかりであると統計で証明していました。

 これに対する反論もたくさんあって、特に有名なツキノワグマ研究家が、そんなバカなことはないと、反論されておりました。ヒグマ研究家は反撃しろという。ツキノワグマ研究家は、反撃なんかとんでもないという。逆なら分かるんですが、恐ろしいヒグマを研究している方が、ナタでの反撃を推奨している。

 どっちの説をとるか迷った私は、反撃する説を採用しました。知能の高いクマのことですからカナダの事例があてにはならないと考えたからです。知能が高いと言うことは、後天的に学習することが多い。つまり日本の事例を重視すべきだと。なので人数の分の熊スプレー(当時の価格で1本1万円)とナタを購入し、数ヶ月にわたって反撃のイメージトレーニングを行いました。熊スプレーも実際に発射してみて、その強力なことも身をもって体験しました。幸いなことに反撃するような危険な事態に陥りませんでしたが、こちらが反撃する気満々だったのが、ヒグマを寄せ付けなかった気がします。もちろん幸運もあったでしょう。

41S6e-bhWxL__AC_.jpg

  そんなことはどうでもいいとして、面白かったのは、襲われたら反撃するべきだと言った人たちのが、登別クマ牧場の関係者達だった。自然保護を絶対化する人たちとは、少しばかり毛色が違っていたことです。

 登別クマ牧場と言うと、動物園のような観光施設をイメージしますが、最初から観光施設だったわけではなく、最初はヒグマを増やして儲けるつもりだった。つまりクマの家畜化を考えていた。というのも熊の手とか、熊の胆とか、毛皮とか、熊の剥製が、昭和時代では高値で買い取られたからです。ただし、野生の熊が殺されることは、ほとんどない。ならば牧場で育てようということになったわけです。熊の家畜化。まさにクマ牧場を考えていた。

 ところが簡単にはいかなかった。どんな柵も、どんな施設も、ヒグマたちは簡単に破壊してしまう。おまけに穴を掘るのが得意なために、動物園のように、すべてコンクリートで囲った施設にせざるをえない。で、家畜化をすすめたけれど思ったほどヒグマの商品価値は高くなかった。現在のような動物園としての観光施設で延命するしかなかった。

 しかし、これがヒグマの研究に革新をもたらしてしまった。散々ヒグマに手を焼いたクマ牧場の人達によって、ヒグマの生態が、少しずつわかってきた。例えば、いつ子供を産むかということがずっとわからなかったのだが、クマ牧場のおかげで分かるようになった。出産の過程を録画することによって朝生むのか?夜生むのか?何時間かけて生むのか?というのが分かるようになったわけです。 で、急速にヒグマの生態が解明されていった。

 これに対してツキノワグマの場合、大きく遅れをとってしまった。
 本州には、登別クマ牧場のような存在は無く、
 個人のツキノワグマ好きが、ツキノワグマを飼育して調べている状態だった。

 その中で最も有名なのが宮沢正義さんです。

unna44557.jpg
 宮沢正義氏(http://kumamori.org/about/adviser/masayoshimiyazawa/から借用)
 1927 年長野市生まれ。長野電鉄勤務、農業のかたわら、
 独学で10頭のツキノワグマを20年以上も自宅で飼育。



 彼は長野郊外の自宅でツキノワグマをのべ10頭も飼育して研究をすすめていた。いわばツキノワグマ版のムツゴロウさんみたいなものですが、こういう野生動物好きの人たちの地道な研究によるところが大きかった。こういう人たちには、ツキノワグマの家畜化という視点がありませんし、それゆえに資本力も無く、大規模な実験ができていません。北海道のヒグマ研究に対して不利だった部分があります。

 ちなみに宮沢正義さんは、嬬恋村(万座温泉豊国館)・山田牧場(志賀高原横手山)に縁がある人です。


2000-11-02_1.jpg
 昔の万座温泉


 まあ、そんなことはどうでもいいとして、どういうわけか群馬県の吾妻郡(嬬恋村・長野原町あたり)では、ツキノワグマをペットとして飼う人が多くいました。もちろん北軽井沢にも15年前までは、ツキノワグマをペットとして飼っている人がいました。うちの宿の近くの人で、イノシシ牧場を経営している人が、ツキノワグマを飼っていたのです。子グマら首輪をつけ、その首輪に鎖を繋いで、その鎖が大きな古タイヤに結びつけてありました。そのイノシシ牧場は、もう存在していませんが、古い『るるぶ軽井沢』を古本屋で見つけたら掲載されているはずです。

2000-11-05.jpg

2000-11-00.jpg
 クマの檻

2000-11-02.jpg

2000-11-03.jpg


 今にしてみたら信じられないことなんですが、北軽井沢とか、川原湯渓谷の露店の土産物店で、檻にいれるでもなく、普通にツキノワグマをペットとして飼っている人がいました。川原湯渓谷は、八ッ場ダムに沈んでしまいましたが、その土産物店(露店)は、番犬のように飼っているペットのツキノワグマをダシにして観光客をあつめ、たいそう繁盛したと聞いてます。

IMG_0092.JPG

 残念ながら私が、北軽井沢に引っ越してきたときには、店をたたんでいなくなっていましたが、昭和の昔は、観光バスが何台も駐まって、一種の名物になっていたというから驚きます。群馬とか、長野では、ツキノワグマはペットにしても、家畜にして儲けようとは考えなかったようです。この感覚が、本州に登別クマ牧場のような存在が、できなかった理由かもしれません。

 そういえば、ツキノワグマのムツゴロウさんこと宮沢正義さんも、飼っていたツキノワグマに首輪をつけて、しかもワラで編んだ縄をリードにして、普通に近所を散歩していたようで、その写真がたくさん残っていますが、つくづく、昭和という時代はノンビリしていたと思います。今なら考えられないですね。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:54| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

北軽井沢のツキノワグマについて その3

 熊が人を襲う時のサインというものがあります。これは随分、昔に調べてわかったことなのですが、本当に人を襲う熊というのは、立ち上がったりしないそうです。走って突っ込んでくることもない。本当に襲うつもりのクマは、ゆっくり歩いてくる。のっそりのっそりと首を下げてゆっくり歩いてくるのだそうです。こういう熊が一番危ないらしい。幸い、私はそういう熊に出会ってないので、今日まで命が残っています。知床でヒグマとやってこれたのも、この知識があったからです。

 ただ問題なのは、熊は知能指数が高いために個体差がありますから、絶対そうとは言い切れないことです。

 何十年か前に、やたらむやみに人間に突進してくる熊がいました。 そのヒグマを射殺して調べてみたら、癌だったようです。かなり末期の癌で苦しみもがいていた形跡があったようで、我々の知ってるヒグマの行動と違う行動をとっていたのは、そのせいだったとも言われています。つまり、ヒグマはこうだとか、ツキノワグマはこうだことか、その習性を簡単に決めつけることが、できないということなんですね。





 話は変わりますが「となりのツキノワグマ」という本で、宮崎学さんが面白いことを言ってます。 2006年に長野県が出していたツキノワグマの推定生息数は1300頭から2500頭ということでした。ところが、 2006年度に558頭のツキノワグマが殺されたという統計が出てきました。世間はその生息数を鵜呑みにして これは大変なことだと騒ぎ立てました。 慌てた長野県はこの推定数を1900頭から3700頭に引き上げました。

 これに呆れたのが、動物写真家の宮崎さんです。
 そんないい加減な数字を出したのは、どういうことだと!
 どういう根拠で、熊の生息数を出したんだと。
「そもそも一桁違う!」
と思ったのが、動物写真家の宮崎学さんでした。

 そこで彼は、2007年以降に半径2 Km 以内という狭い地域(里山)に、十箇所にカメラを仕掛けたのですか、 この非常に狭い地域に信じられない数のツキノワグマが撮影されることになりました。それらの写真は「となりのツキノワグマ」という本にデカデカと載っているんですが、なるほど、すごいものです。2 km 以内の地域に、熊がいるとは・・・と驚いてしまいます。

00asowu.jpg

https://fireside-essay.jp/miyazaki/tsukinowaguma/138.html


  これを北軽井沢、いや嬬恋村に当てはめて考えてみても、思い当たることはたくさんあります。登山道を歩けば、たくさんのクマ棚(クマが木の葉を食べた痕跡)があります。もちろん糞もある。シャクナゲ園にいたっては、毎年のように展望台が壊されてしまっている。あまりひどいので、今では壊されないように鉄の階段に作り変えられてあります。

 熊のやつは、四季の移り変わりに敏感で、ある時期は、柔らかいくるみの実ばかり食べる。そのクルミをクマが食べられる時期は、7月の一週間くらいしかない。時期を逃すと堅くなって食べられなくなる。なのでクマにしてみたら必死です。

 また、ある時期になるとフキばかり一日中食べている。フキも食べられる時期も短かいので、クマたちは、植物の成長ぐあいを敏感に感じ取って、食べるものが大きく変わっていく。ある時期の万座のクマは、ねまがりタケのタケノコを必死になって食べる。しかし、それは人間の好物でもあるために、それを巡って事故にならないかと心配しています。

 栗もクマの好物です。北軽井沢には栗が多いので、そこにクマがいても不思議は無い。そもそも、クマたちは、野菜が大好きなので、いつ畑に現れてもおかしくありません。例外はトマトです。登別のクマ牧場にトマトのタネが落ちて、それが繁殖したのですが、クマたちは誰も食べようとしない。しかし、実をもいでクマに与えたらムシャムシャ食べてしまった。どうやらトマトの茎が苦手だったらしい。

2016nkb.jpg

 ちなみに、このクマ牧場では、面白い実験をしています。クマ牧場の中に電気柵を作ってその柵の中にクマの大好きなりんごを置いてみた。最初クマたちは電気柵の電気ビリビリと来てひっくり返ってしまった。成功したなと思っていたらクマ達は行列を作って電気柵の周りをぐるぐるぐるぐる回ってしまう。そのうちクマ達が穴を掘り始めた。くまの腕力はすごくて、 それはもうパワーショベルのようにどんどん立穴を掘っていく。 なるほどこうやって冬眠の穴を作るんだなと、いう具合に穴を掘っていく。 そしてりんごを食べるわけです。

  これは参ったと、今度はコンクリートの基礎を打って電気柵を作ってみました。そしてリンゴを置いてみると、穴を掘ることのできないクマたちは、立ち上がってポールを倒してしまった。そしてゆうゆうとリンゴを食べたわけです。 その間たったの1日。熊が本気になったら、農家の皆さんは、絶体絶命ということです。もちろんこれはヒグマの話なので、ツキノワグマが、このような行動に出るかどうかはわかりません。


 最後に、北軽井沢にある某キャンプ場のオーナーの話です。





 そのオーナーは、レトリバー(大型犬)を飼ってて、ジープで出かけて野山に犬を放したら、そのレトリバーが、子グマを咥えて、嬉しそうにやってきた。青ざめたそのオーナーは、子グマを放り出し、ジープに飛び乗って、大急ぎで逃げ帰ったそうです。春の北軽井沢で、レトリバーを放し飼いにしてはいけません。レトリバーの習性をあなどっては痛い目にあいますぞ。今日もを長くなったので、この辺でおしまいにします。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:37| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

北軽井沢のツキノワグマについて その2

 ツキノワグマによる人身事故で一番有名なのは十和利山熊襲撃事件だと思います。これはどういう事件かと言うと、 、2016年 (平成28年) 5月20日から6月10日にかけて、秋田県鹿角市の十和利山山麓で発生した事件で、ツキノワグマが山菜採りに来ていた人を襲って4人が死亡、4人が重軽傷を負ったというもので、ツキノワグマにおける最悪の獣害事件で、非常に珍しいケースです。襲ったのはオスです。





 で、これと似たケースが、軽井沢でもおきています。やはり5月から6月にかけてで、山菜とりの人が軽井沢でツキノワグマに襲われています。どうして山菜採りの人が襲われるかというと、クマは、自閉症的に、確保した物や場所を保持しようとします。そこにライバルがやってくると、ライバルを排除する習性があります。

 このへんは群馬の人には分かりにくいところですが、長野県・秋田県の山菜採りの人は、趣味で自分が食べるために採ってるというより、業者さんのように大量に山菜を採る人たちで、そういう人たちが自分のテリトリーを荒らし回るわけですから、クマたちは怒って排除するのがツキノワグマです。

 一般的に言ってクマは、エサをみつけたら、そこから動かずに食べ続けます。朝から晩まで食べてないと、あの巨体を維持できません。そのうえ山菜は、食べられる時期というか瞬間が短いですから、余計に争って食べます。それを横取りしようとする奴が現れたら怒るのが当然です。

 また、この時期は、発情期のちょっと前に当たり、オスクマは、体力を蓄えなければなりません。人を襲って大惨事になるのは、このオスの方です。十和利山熊襲撃事件における4人の犠牲者のうち3人を襲ったとみられているクマもオス(84キロ)で、4歳だったといいます。





 あとクマは藪漕ぎが好きでは無く、開けた平原や林道や登山道を好みます。だから山菜採りの人とかち合うことも多いわけです。私も鼻曲山で何度もクマに会ってますが、姿を見ることはあまりなく、藪の中にいるのを確認することが多いです。私たちが登山道を歩くと、先に気がついたクマが、藪に隠れているわけで、藪をミシミシ言わせて大きな黒いものが動いているのがみえたり、藪が動いているのがみえたりする。こういう時は、かならずにおいがします。で、私たちが去って行くと、クマも登山道にもどって、食事を再開始めるわけです。もし、私が、そこに留まって山菜を採っていたら襲われた可能性があります。

 こういうことが何回か続くと、こちらも知恵がつきますから、登山道では時々、絶叫するようになりました。絶叫して登るとクマの気配が消えるからです。クマ鈴ではダメです。あれは高音域ですから。犬でもそうですが、「キャンキャン」といった高音域は、「負けました」という意味なので、鈴をつけるならクマ鈴では無く、低音域のカウベルがいいでしょう。でも、そんなもの重たくてしょうが無いので、男のドスのきいた絶叫が一番です。


 ここでヒグマの話に変わります。
 知床のヒグマです。

 知床では、1990年頃までヒグマの姿を見ることがなかった。1990年頃から、やたらと出没するようになります。原因は単純明快で、ヒグマの密猟者が、その頃を境にいなくなったからです。これは地元では有名な話で、密猟者が消えたらクマも安心してでてきた。

 密猟者は、船でヒグマを探します。だから海岸に用心深いヒグマが出ることはなかったのです。ところが一人の密猟者が事故で亡くなり、もう一人の密猟者が老齢で引退したとたん、クマたちが山から下りてきました。そして自然保護活動が盛んになり、知床はクマの楽園になり、クマはじゃんじゃん増えていった。そして石を投げたらクマに当たるほど増えていった。

 この間、たったの10年です。
 クマの繁殖力は、すごいの一言です。





 私は、1996年に知床半島に一ヶ月ほど潜入していましたが、37頭ほどヒグマに出会ってます。そのうち二回は、1メートルの至近距離で、立ち上がって威圧してきたクマを大声(低音の絶叫)で追い払ったことがあります。仲間が逃げようと言ってきましたが、意味が無いので逃げずにテントをはり、火を燃やして、夜中ラジオを流しました。もちろん手にはクマスプレーとナタをもっています。

 その夜のことです。
 アトランタオリンピックのサッカーで、日本がブラジルを破ったのは。
 マイアミの奇跡をラジオで聞きながら満天の星を眺めていました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 19:36| Comment(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

北軽井沢のツキノワグマについて

 北軽井沢でも、この時期になると、冬眠を控えたクマが、さかんに栗・どんぐりなどのエサを食べるようになります。ハイキングや登山する方は、充分に気をつけてください。大きいクマをみつけたら、慌てずに目線をそらさずに、あとずさりしてください。クマが突進してきても逃げてはだめです。背をみせた場合、敗北を認めたことになり、襲われる可能性があるからです。熊は、本能的に逃げるものを追います。

 ちなみに大きなクマが二頭いたら、それは親子です。体が大きくとも子グマの可能性が高いです。皆さんは、ツキノワグマといったら全て同じだと思ってる人が多いですが、ツキノワグマにも種類があって、広島県のツキノワグマと、群馬県のツキノワグマでは、全く大きさが違うし、生態も多少違っています。群馬県のツキノワグマは、三国系といって、体も移動距離も大きくて、他県のツキノワグマとも積極的に交流します。





 私は、晴れていれば毎日のように登山しているので、何十回とクマに会ってますが、オスクマの巨大なことに、毎回驚かされています。それに比べてメスクマは小さい。一番、出会う回数が多いのは、昔なら桟敷山・小浅間山でしたが、今は見かけることはありません。現在、よくみかけるのは鼻曲山登山道の入り口でもある国境平付近が圧倒的に多く、その付近にある放棄別荘地のプレハブ小屋で巣を作っているからです。あと白糸の滝方面から浅間牧場に入る登山道にも出没し、ユサユサと体の脂肪をゆらしながら浅間牧場に入っていくところを何度もみかけています。こいつは17時頃になると、白糸の滝方面から浅間牧場の方に入っていきます。

 私は、浅間牧場を息子と散歩するのですが、さすがに浅間牧場で出会ったことはありません。無いですが、11月に降雪があると、クマの足跡を見かけることが何度かありました。つまり11月になっても、まだ冬眠してないということになります。

 ところでクマたちは、あの巨体を維持するために、しょっちゅう植物を食べていなければいけないので、エサばかり食べています。しかし、胃腸や歯が、草食動物のものと違っていて、犬と同じ歯であるために、植物と言っても人間が食べられるレベルの、やわらかい植物しか食べられません。だから冬になると降雪の有無にかかわらず冬眠せざるをえないのですが、逆に言うと、クマの大好物は、人間の作る野菜だったりするわけです。





 民家近くに迷い込むクマもいますが、大半は母親から別れたばかりの子グマです。クマは2年に一度、子供を産みますが、逆に言うと2年に一度、母クマから離れる子グマがいるわけで、その子グマが民家付近に迷い込むわけです。子グマといっても巨体です。子グマは生まれてから2年ほど母親と一緒に行動します(クマが成獣になるのは4歳)。かわいい子グマにみえるのは、春のうちだけで、秋になると母クマ並みの巨大となります。なので複数みえたら親子である可能性が高いわけです。

 で、一般的に母クマは、子クマを二頭生むので、二頭みかげたら、もう一頭、近くにいると思って間違いありません。その状態が一番危険な時です。母クマがどこかに隠れている可能性が高くて、子グマは呑気にしている状態なんです。なので、二頭みかけたら、人生最大のピンチだと思って、一刻もはやく立ち去るべきです。間違っても撮影しようとは思わないことです。

 あと、クマ鈴ですが、これはあまり役に立たないことがわかっています。一般的に言ってクマは耳が悪い・・・というか、音に敏感でないからです。しかし人間の話し声には敏感に反応することが分かっています。長くなったので、今日は、ここまでとします。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:53| Comment(2) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

軽井沢とクマについて

 熊が出るとか出ないとか、いろいろ大騒ぎしていますが、私はあまり心配することはないと思っています。むしろ大げさに騒ぎたてて人々の外出が少なくなると、クマたちはどんどん人間の領域に入り込んできます。そちらの方が心配です。

 とは言うものの不安でしょうから、クマに出会った時の対処方法を述べておきたいと思います。熊に出会ったらどうするか? 実は、これといった決め手はないんですよね。なぜならば、クマの知能指数が高いからです。つまり学習能力が高いために、個体によって、クマの性格が全く違ってくるのです。

13-8-15a-20.JPG


 私は20年位前に知床半島の山の中で37回ヒグマに出会っていますが、クマの習性は地域によってまったく違っていました。斜里町側と羅臼町側では、まるで違っていましたし、同じ羅臼町でも一山超えると全くキャラクターが違っているんです。

 たとえば、民家のある相泊では、犬を鎖で繋いでいるために、クマが犬を食べちゃう事例がありました。しかし、そこから5時間ぐらい歩いていったところの漁師小屋では、犬を放し飼いで買っていたために、クマは犬を恐れて漁師小屋に近寄りません。その漁師小屋は、無人の時にクマが侵入して、ジュースだのお酒だのを食べていてニュースにもなっているにもかかわらず犬を恐れて近寄ってこないんです。しかも、その犬というのは、チワワに毛の生えたような豆柴犬の雑種なんですよ。

 おもしろかったのは、ルシャというところの漁師たちとクマたちの関係です。そこにはヒグマが大量にいるわけですが、お互い共生して生きていました。目と鼻の先で、クマと漁師が生活しているわけですが、クマたちが、林道に入り込むと、漁師たちは車で追いたてます。クマはすぐ逃げちゃいます。といっても、林道から5メートルぐらい藪の中に入ったら、漁師たちは放置したままです。だからクマたちは、林道に入らないように、 1日中、蕗を食べています。こうして目と鼻の先で、共に生きているわけです。

 こういうことが可能なのは、クマの知能が高いからなんですよね。

 しかし知能が高いから個体によって性格の差がありすぎる。つまり、クマに対する対処方法というのは、これといった決め手がないわけです。傘を開くと逃げるクマもいれば、逆に向かってくるクマもいます。火を恐れるクマもいれば、恐れないクマもいる。逆に言うと、その知能指数の高さを、学習能力の高さを利用して、クマに対処することもできるはずです。

 一般的に言って知能の高い動物は臆病です。
 用心深い。
 もちろんクマもです。

 だからこちらからサインを出して、相手に用心させれば、相手の方で勝手に消えてくれることが多いはずです。もし、出会ったら、動かずに、じーっとにらみつけること。場合によっては戦う事。絶対に死んだふりをしてはいきません。日本においては死んだふりをして助かった事例はないです。

 これは、たくぎん総研というシンクタンクが、過去の事例を調査して、死んだふりをしてはいけないという結論を出しているんです。たくぎん総研の報告では、鉈で戦ったケースが生還率が高いと書いてました。臆病な動物ですからクマも驚いたのでしょう。

 話わかりますが3歳以上の日本犬が、あれほど排他的で攻撃的なのは、私たちの祖先がクマに対して対処するために改良した結果だと私は推測しています。クマ臆病ですから、日本犬が放し飼いにされているところに近づかなかったと思います。だから訓練した日本犬を放し飼いにしていれば、クマたちは嫌がって近づかないはずです。とは言うものの、今の日本の社会ではそういうことが不可能なので、別な方法をとるべきです。

 その方法というのは、クマたちに何らかのサインを送ることです。例えば、来て欲しくない場所に、電気柵を作るとか、定期的に爆竹を鳴らすとか、徹底した下草刈りをすれば、クマたちは移動せざるを得ません。もともとクマというのは、あまり移動しない動物です。1年を通して、ずっと同じところに生活している。移動距離も、 100メートルとか、せいぜい500メートルぐらいです(秋を除く)。

13-8-15a-10.JPG

 あと山菜とりに一人で入る人がクマに襲われる例をよく聞きますが、ほとんどの場合営林署の林道ではないでしょうか? 営林署の林道は、滅多に車が通りません。もちろん一般車も通れませんので、クマにとっては自分の庭みたいなものです。林道の脇には山菜が沢山ありますので、それを親子のクマたちが食べます。子熊と母熊が、林道をはさんで両側にいる場合、そこに人間がきたら非常に危険です。あと、子熊は2頭いるのが普通です。合計3頭が広範囲に散らばって山菜を食べている。そこに人間が入ることは、非常に危険です。

 あと、ヒグマの親子は、 2年くらい一緒に行動します。ツキノワグマも恐らく同じだと思いますが、クマたちは子離れが遅いんです。逆に言うと、子熊でも2年目の子熊がいる可能性があります。皆さんが巨大なクマだと思っていても、それは好奇心の高い子熊の可能性もあるわけです。熊の目撃例の多い年は、そういう若い子熊が大量に出ている可能性もあります。

 そもそもクマは、あまり移動しないんですよね。
 秋は別にして、春も夏もそんなに移動はしません。
 つまり1カ所にとどまって動かないんです。
 食べてばかりいます。

 で、そこに突然人間が現れるとびっくりして襲ってくる可能性が出てきます。しかし大抵の場合は、向こうから気がついて、そそくさと逃げていきます。仮に、大きく立ち上がったとしても、どーんと地面を叩いて逃げていくだけです。

 逆に姿勢を低くして、こちらをじっと見つめている時は危険な時です。前触れもなくおそってくる可能性がある。そういう場合は、こちらも動かずに、じーっとにらみつけるのが有効です。ただ、こういうことは滅多にありません。相手をかなり刺激しないかぎり大丈夫です。普通にしていたら、相手から去って行きます。

 あと油断ならないのは、熊も病気をするということ。知床の事例で記憶しているのですが、人間に突進してくるクマがいて、それを打ち殺して解剖してみた事件がありました。そしたら、そのクマは末期ガンだったんです。つまり、余命短いクマで激痛に苦しんでいた。激痛ために冷静な判断ができなくなり、用心深さも吹っ飛んでしまって、人々に突進してきた可能性があるんです。そういう事例もあるんですね。まあそういうことも、頭の隅に置いて、もともと用心深い動物であるということを念頭に、一緒に生活していけばよいのではないでしょうか?

 ある意味、それだけ自然が豊かであるという事なので、これも立派な観光資源です。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

軽井沢・北軽井沢のニホンリスに危機がおとずれている

 今日、住宅エコポイントを目当てに二重窓の工事が完了した。これで全客室が二重窓になった。これは大きい。というのも北軽井沢は、1年間のうち8ヶ月間もストーブを使う地域だからだ。だから省エネのための設備投資が跳ね返りやすい。

 その逆に、あまり効果が無いのが太陽光発電である。雪が降る地域だから発電効果が良いわけが無い。なのに70ヘクタールの森(村有地)を伐採して太陽光発電を作られるところだった。本当に危ういところだったが、良識ある村民の皆さんによって何とか阻止できた。ここは嬬恋村民が誇って良いところだ。

 逆に阻止できなかったのが軽井沢町である。あの自然保護に熱心な軽井沢町民が、南軽井沢の10ヘクタールの森を伐採し太陽光発電所を作ることを阻止できなかった。この件に関しては、軽井沢新聞社も色々と誌面で問いかけてきたが、ダメだった。無念である。今後は、こういう悲劇がおきないようにしたい。

 ところで軽井沢と北軽井沢に特定外来種のタイワンリスが侵入した可能性があるという。タイワンリスは適応能力も高く、繁殖力旺盛なために早いペースで増えているらしい。今では日本で最も生息数が多い。そして「ニホンリス」は、絶滅危惧種(LC)に指定されてしまった。鎌倉では、『餌付けをしないように』と呼びかけていて、他の地域でも農作物の被害など問題になっている。

 今のところ、うちの庭に来るリスは、ニホンリスの方が多いのだが、今後はわからない。そこで軽井沢・北軽井沢のニホンリスを守っていくために、ご自宅にくるリスが本当にニホンリスなのかどうか確認して、もしタイワンリスであれば、町役場に通報をしていただきたい。詳しくは、下記サイトを


http://jpmuseum.com/ploc/pr/nakano/taiwan/index.html

◆タイワンリスの特徴
・お腹が白くない。
・耳が丸くて小さい

他にも特徴があるが、耳を見るのがいちばん良い。
ニホンリスの耳は、すこし尖っている。
また、お腹が白い。
タイワンリスは、耳が丸くて小さい。
お腹も白くない。

といっても、わかりにくいかもしれないので、北軽井沢ブルーベリーYGHの庭に来たニホンリスの写真を貼っておきます。腹が白くて、耳が尖っています。目のまわりも白いです。

2015_03.JPG

2015_03.JPG

タイワンリスは、耳が尖っていません。丸いです。
お腹も白くありません。
目のまわりも白くありません。

2015_03.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

アニマルトラッキング

 昨日は、ふたご座流星群が極大でしたが、皆さんのところでは、たくさんの流れ星が見えたでしょうか。北軽井沢では、ちょっと雲がありましたね。そのせいか朝起きてみたら、一面が真っ白でした。こんな日には、愛犬コロを連れて散歩をするに限ります。

 なぜならば、雪が降った後は、いろんな動物の足跡が見れるからです。人間たちがまだ布団の中にいる頃、森の中を散歩をすると、いろんな動物たちの息づかいがわかります。歩いて50 mほど進むと、早速イノシシの足跡が見えました。歩幅と蹄の大きさを考えるに、大して大きくはありません。

 さらに100メートルぐらい森を前進すると、野うさぎの足跡と、タヌキの足跡もありました。リスの足跡もあります。紀州鉄道列車村のホテルパルコールあたりを歩くと、カモシカの足跡も見られます。このあたりは、たくさんの建物が密集しているのですが、大半が別荘であるために、人の気配がありません。だから色んな野生動物が生息しているみたいです。夏だと考えられないのですが、 12月を過ぎると、山の方から野生動物が降りてくるようです。

 しかし、さすがにツキノワグマや狐の足跡はありません。それらは浅間牧場にいくとみられます。本来ならば、ツキノワグマは冬眠に入っているはずなのですが、まれに浅間牧場で足跡を発見できます。過去に何度かそれを写真に撮って、このブログにアップしています。興味のある方は、このブログの過去ログをご覧になってください。

 ちなみに、浅間牧場辺りを徘徊しているツキノワグマの巣は、もう廃墟になっている別荘の縁の下にあります。そこで冬眠をしてるのです。夕方近くになると、廃墟別荘地帯から浅間牧場辺りにやってきて、大好物の野草をむしゃむしゃ食べています。でも雪の降る頃には、冬眠体制に入りますので、初雪から23日後には、もうクマの足跡は見ることができなくなります。

 このように動物たちの足跡を探す事を、アニマルトラッキングといいますが、よく自然ガイドたちがスノーシューを使って盛んにやっていますよね。ですが、ぶっちゃけて言うと、スノーシューで山奥に行くよりも、実は北軽井沢ブルーベリーの宿の近辺を長靴散策する方が、簡単に見つけることが出来るんですよね。それも宿から100メートルから200メートルぐらい離れたところで見つけられます。わざわざスノーシューを履いて山奥に行かなくてもいいんです。

 まぁそんなこと言っても、宿のそばでアニマルトラッキングをやったとしても、あまりありがたみがないでしょうね。やはり景色の良い所に行きながら、数少ない動物の足跡を発見する方が感動も大きいかもしれません。高級レストランのコース料理よりも、腹ペコで食べた山頂のおにぎりの方が美味しいですもの。

 ちなみに私は、今日も小浅間山に登ってきました。

 15年前に北軽井沢にやってきた頃は、冬の小浅間山に登る人なぞ1人もいなかったのですが、今じゃ毎日大勢の人が上っています。私が散々このブログやホームページで小浅間山の紹介をしてきたからか、たくさんの人がやってくるようになりました。つくづくネットの力は恐ろしいと思います。

 まぁそんな事はどうでもいいんですが、 15年前だと冬の小浅間山は動物の足跡でいっぱいだったんですが、これだけ人が上ってしまうと、動物の足跡は全くないですね。どこを見ても、全く見えない。あるのは一緒に連れてきた愛犬コロの足跡だけです。そうです私は愛犬コロと一緒に小浅間山に上っているのです。

 すると後ろの方から賑やかな声がしてきました。どうやら某ホテルの自然ガイドが率いる団体さんのようです。大きな声で身振り手振りで自然解説をしていました。私はどんな解説をしているのかなぁと、ちょっと耳をすましたのですが、どうやらアニマルトラッキングをやっているようでした。

 あれ?
 動物の足跡なんかないはずだぞ?

と、首をかしげていたのですが、よくよく見ると、愛犬コロの足跡を指して、これはタヌキでしょうか?狐でしょうか?とお客さんに問い掛けているのです。あちゃー。

『こいつはやべえ』

 今更この足跡は、愛犬コロの足跡ですよなんて言えませんので、団体様に見つからないように、薮をこいで下山しました。もちろん登山道を外れています。別にこっちは悪いことをしているわけでは無いのですが、どうにもバツが悪くてコソコソ帰ってしまいました。それにしてもガイドさん、もうちょっと勉強した方がいいですよ。まぁそのおかげで、森の奥地でカモシカに出逢えたのだから良かったのですけれど。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

熊にパッタリ

最初に断っておきますけれど本物ですから。
着ぐるみではないですから。

kuma-001.JPG

ちなみに場所は本白根山のリフト乗り場のそば。

kuma-002.JPG

kuma-003.jpg

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモシカにばったり!

カモシカにばったり!

13-8-12c-01.JPG

13-8-12c-02.JPG

13-8-12c-03.JPG

13-8-12c-04.JPG

13-8-12c-05.JPG

13-8-12c-06.JPG

13-8-12c-07.JPG

13-8-12c-08.JPG

13-8-12c-09.JPG

13-8-12c-10.JPG

13-8-12c-11.JPG

13-8-12c-12.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

さいきん珍しくなくなってきたカモシカ

さいきん珍しくなくなってきたカモシカ。
どこにでも現れるようになってきたのですが、
まあ、それはいいとして、
困った事に、ニホンジカも現れるようになってきた。
ニホンジカが、これ以上増えると
カモシカの立場がヤバイかもしれない。

IMG_2035.JPG

IMG_2037.JPG

IMG_2041.JPG

IMG_2043.JPG

IMG_2046.JPG

IMG_2050.JPG

IMG_2054.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

地獄谷野猿公苑ツアー

地獄谷野猿公苑ツアーの写真です。
雪が降ると、さすがに絵になりますね。

2013-2-25-21.JPG

2013-2-25-01.JPG

2013-2-25-02.JPG

2013-2-25-03.JPG

2013-2-25-04.JPG

2013-2-25-05.JPG

2013-2-25-06.JPG

2013-2-25-07.JPG

2013-2-25-08.JPG

2013-2-25-09.JPG

2013-2-25-10.JPG

2013-2-25-11.JPG

2013-2-25-12.JPG

2013-2-25-13.JPG

2013-2-25-14.JPG

2013-2-25-15.JPG

2013-2-25-16.JPG

2013-2-25-17.JPG

2013-2-25-18.JPG

2013-2-25-19.JPG

2013-2-25-20.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング<
/A>







2013年01月08日

高峰山のスノーシューツアーの帰りにカモシカが?

高峰山のスノーシューツアーの帰りにカモシカが?
これは、みなさんラッキーでしたね。

12-1-2b-01.JPG

12-1-2b-02.JPG

12-1-2b-03.JPG

12-1-2b-04.JPG

12-1-2b-05.JPG

12-1-2b-06.JPG

12-1-2b-07.JPG

12-1-2b-08.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

ブルーベリーの庭に集まる小動物たちを紹介

今日は、ブルーベリーの庭に集まる小動物たちを紹介。
最近、リスたちだ大胆不敵になってきました。
ずうずうしくも、庭のヒマワリのタネを盗み食い。
野鳥たちは、遠目からギャーギャー叫んでいます。

12-12-25-01.JPG

12-12-25-02.JPG

12-12-25-04.JPG

12-12-25-05.JPG

12-12-25-03.JPG

12-12-25-07.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

カモシカ アプトの道にて

アプトの道にはカモシカが多いんですよね。
だいたい3回に1回の確立で会えますね。

12-11-24c-2199.JPG

12-11-24c-2200.JPG

12-11-24c-2202.JPG

12-11-24c-2201.JPG

12-11-24c-2203.JPG

12-11-24c-2204.JPG

12-11-24c-2205.JPG

12-11-24c-2206.JPG

12-11-24c-2207.JPG

12-11-24c-2208.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

熊にバッタリあってしまった

峰の茶屋から、林道を使って石尊山に行こうとしたら、熊にばったり会ってしまった。過去に小浅間山で、2回くらい会っているのだが、石尊山へいく林道で会ったのははじめてだ。残念ながら写真は撮れなかったが、かなり大きかったように思う。

それにしても秋なんだなと感心した。

林道に熊が出るということは、冬眠前に山葡萄などの実を狙っている証拠だとも言える。
邪魔しては悪いので、素直に撤退して、浅間山に登ることにした。
といっても、峰の茶屋から浅間山にむかうルートも熊がよくでる場所なのである。
ここにも山葡萄がたっぷりあるし、いろんな実もなっている。

しかし、今年は、どういうわけか熊が出ない。目撃者もいない。足跡も見えない。熊糞もない。どうしてだろう?と思ったら、ブルドーザーみたいなのが現れた。火山学者たちである。彼らは、11月まで電磁波の調査をして火道の位置の特定をしているらしい。そのためにブルみたいなのが走り回っている。どうりで熊やカモシカが見えなくなったわけである。

ちなみに浅間山は、今が草紅葉のピーク。山肌が赤く萌えている。その美しさは、小浅間山からも、よくみえると思う。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

野鳥とリスの戦い

北軽井沢ブルーベリーYGHでは、野鳥に餌(ヒマワリ)をあげています。
理由は、野鳥が害虫を駆除してくれるからです。
しかし、その餌を横取りする奴が居る。
こいつです!

12-7-7-9−03.JPG

ちなみに、嫁さんはリスの味方。
私は、野鳥の味方です。


12-7-7-9−01.JPG

それにしても、いったい、どうやって、こんな高いところに登ったのだろうか?


12-7-7-9−02.jpg

12-7-7-9−04.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

野ウサギの子供

もう時効なので、公表しますが、
1ヶ月ほど前に、鷹繋山の奥の藪の中で野ウサギの子供を発見しました。
最初は、ネズミだと思ったのですが、よく見ると野ウサギの子供でした。
あんまり可愛いので、持って帰ろうかと思ったのですが、
よく考えてみたら、野ウサギは、子供の産み落としなんですよね。
で、子供は絶対に動かない。
ひたすら母親が戻ってくるのを待つんです。
で、母親は、時々、子供の所に戻ってきて乳を与えると聞いている。
と言うことは、持って帰ったら、とんでもないことになる。

しかし、これを理解しない人は、
「母親に捨てられたのでは?」
と勘違いして持ち帰る人が多いですね。
ホームページを検索すると、そいうい書き込みがたくさんでてくる。


なので、そのまま放置して帰ってしまいました。
それから、その道は通らないことにしたのです。

1週間前に、再びその道を訪れたときには、
当然のことながら何もいなかったですね。
無事に大人になれたんだろうか?

それにしても、野ウサギの子供たち。
人形のようにピクリともしませんでした。
そういえば、タヌキの子供を見つけた時も、全く動きませんでしたね。
小さな子供たちは、こうやって身を守っているのかもしれません。

ちなみに野ウサギというやつは、かなり凶暴です。
いぜん捕まえて飼ったことがあるんですが、
一晩で金網を食い破って逃げていきました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

ツアー中のことです。
あれ? 何だろう?

12-5-1-1-01.JPG

何かに気がついたようです。

12-5-1-1-02.JPG

これは!

12-5-1-1-03.JPG

一万円札。
いや、雄の雉ではないですか!

12-5-1-1-04.JPG

雌だったら大変です。
卵を抱いていますから、絶対に逃げません。
雄は、違います。
人間の視線をそらそうとします。
ですから、近くにメスがいたかもしれませんね。

12-5-1-1-05.JPG

12-5-1-1-06.JPG

ちなみに、日本キジは、絶滅寸前です。
コウライキジとの交雑が進んでいるからです。
ちなみに、写真のキジは、日本キジの純血種だと思われます。
コウライキジとの交雑種は、首の周りに白い模様があるからです。
また、コウライキジの羽も茶色いです。
ですから、この写真は、日本キジの純血種の可能性が高いですね。
それだけに非常に珍しい写真です。
この写真を撮った人たちは、かなりラッキーだったかもしれません。

12-5-1-1-07.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

庭にリスたちが

最近、庭にリスたちが、よくくるようになってきました。
大雪で、よほど餌が無いとみえます。
リスたちも大変です。

IMG_0611.JPG

リスが来る理由は、小鳥たちにあげているヒマワリのタネ。
樹からジャンプして小鳥たちの餌を食べに来ます。

IMG_0612.JPG

そして、悠々と帰って行きます。

IMG_0615.JPG

IMG_0616.JPG

IMG_0610.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:リス
posted by マネージャー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする