2018年05月29日

ニュージーランド娘の話

関係のない方は、ごめんなさい。私用に、このブログを使います。
うちの宿でボランティアをしていた元女性ヘルパーさんが、
病(白血病)にかかってヤバい状態です。
御主人から御連絡がありました。
まだ余力があるなら、沖縄にとんで行こうかと思いましたが、もう意識もないらしく・・・・・沖縄行きは断念です。

xx009.jpg

御主人曰く、元気だった頃は、
北軽井沢ブルーベリーYGHでヘルパーしていたのを楽しそうに語っていたらしく、
多くの友人の話を御主人にしていたらしい。

しかし、御主人には、その関係者というか、
奥さんの人脈を知らないために、
容体が急変したために私に電話連絡をしてきました。
で、私から、現状を、このブログを使って知らせることにしました。
つまり、そういうことです。

しかし電話は、御迷惑がかかるから控えた方が良いと思います。
彼女を知っている方は、メールも知っているかと思います。
何か伝えたいことがありましたらメールでお伝えしてください。
現在、沖縄におられる方、これから沖縄に行く予定のある方は、
御迷惑にならないように細心の注意を払いながら御連絡をとってください。

DS8-04.jpg

 年賀状では元気そうだったのに残念です。
 4歳の娘さんと、2歳の息子さんがいます。

 去年は、元シアトル領事の外交官が、12歳の子供を残して胃癌で亡くなっていますが、その時に幼い子供を置いて先立つ悔しさを、無念さをさんざん見てきたので、4歳の娘さんと、2歳の息子さんを残しての闘病生活は、本当にやりきれなかったと思います。また、将来、4歳の娘さんと、2歳の息子さんが大きくなったら、北軽井沢での、お母さんの事をたくさん語ってあげたいと思っています。なので、いつか沖縄に訪れたいと思っています。

 せめて、北軽井沢ブルーベリーYGHで
 楽しそうにしている写真を送ってあげようかと思います。

 こんなことなら、春休みに沖縄旅行に行ってくるんだったなあ。それにしても子育てで、何かバックアップできることはないだろうか? 息子のお古なんかあげたってしょうがないだろうし。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 15:31| Comment(2) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

今日から5日間、新しいヘルパーさんが働いてくれます

今日から5日間、新しいヘルパーさんが働いてくれます。
高校1年生のユキちゃんです。
猛暑の館林からやってきました。
館林の住民いわく『身の危険を感じる暑さ』らしい。
それにくらべれば嬬恋村は天国かな?
朝晩は寒いくらいだし。

IMG_2722.JPG

ちなみに彼女が持っているキャベツは、幻のキャベツ419。
市場に出回わらないもので、
柔らかくて甘くて歯触りがあるくせに割れやすい。
これを食べると他のを食べられない。
癖になる味です。
羽生田農園で1個百円で買えます。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

5年ぶりにヘルパーさんが登場することになった

 ここ最近、雨が多いためかお客さんが少ない。というか、うちのように大自然中にある宿は、曜日ではなく、天候に左右されることが多い。天気が晴れれば、平日でもお客さんがたくさん入るし、天気予報が悪ければ、週末でもお客さんが少ない。そのために、先週は晴れた平日の方が週末よりもお客さんの数が多かった。ツアーがないこともあって、週末のお客さんは、たったの4人だった。で、面白かったのは、その4人のうちの1人が学校の先生であり、残りの3人はユースホステルをよく利用する学生さんであったことだ。こういう組み合わせが、起こり得るのが、この世界の面白いところである。

12-11-22-03.JPG

 昔、うちの宿が、大勢のボランティアスタッフ(ヘルパー)を雇っていたとき、高校生の女の子と、学校の先生が一緒に働いていたこともあった。先生と生徒が、同じ釜の飯を食べて、一緒にベットメイクをするわけだから、これも考えようによっては面白い話でもある。

 話がそれたが、うちの宿ではボランティアスタッフ(ヘルパー)を雇うのを止めている。ホームページにもそのように書いてある。だからずっと雇わないつもりだったのだが、親戚の女の子(高校1年生)が、頼んできたために体験で8月に1週間程度雇うことになってしまった。

IMG_1076.jpgsato.jpg

 本当は親戚といえども、雇うつもりはなかった。仕事はきついし、高校生なんだからもっと楽しいことがあるのではないか?と思っていたからだ。しかし、その子は、もう何年も前から(中学生の頃から) 、うちの宿でヘルパーをしたいと言っていたらしい。それをずっと、ご家族が止めていたのであるが、熱意に根負けした形になってしまった。まぁいっかい現実を見た方が、その子のためにもなるのかもしれない。それに過去に高校生が働きに来た事は何度もある。というか、昔は毎年1人から2人ぐらいいたものだ。

 本当なら、忙しい夏休みではなくて、もっと暇な時期に1日位の体験ヘルパーをした方が良いのではないかと思ったのだが、その子の方にもいろいろとスケジュールがあるらしいので、 8月上旬にお手伝いしてもらうことになった。いずれこのブログで、活躍ぶりの報告があると思う。

 それにしても、久しぶりである。
 うちの宿で最後にヘルパーが働いたのは2010年であるから、
 5年ぶりのヘルパーさん登場となる。
 さて、どんな子がやってくるのだろうか?




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

元ヘルパーさんが、子供さんを連れて訪ねてきてくれた

 北軽井沢ブルーベリーYGHは、ここ5年くらいヘルパーを雇っていない。
 理由は、私の体力に限界が来たからである。

 私は、ヘルパーには、労働力として期待してない。御客さんへの親切心をお願いしている。だからキュウリを1本切るのに1時間かかっても文句は言ってないし、笑ってみていた。ニンニクの皮むきに3時間かける人が居ても、全く問題ない。その人に人生勉強してもらえればよいと思っているからだ。

 なので、北軽井沢ブルーベリーYGHがオープンした頃は、ヘルパーさんが10人くらいいたことがあった。客室が17人なので、ヘルパー10人に御客さんが7人ということもあった。ある時などは、御客さん1人にヘルパー10人と言うときもあり、御客さんが、かなりびっくりしていた。11人で食事しているのに、御客さんは一人しかいなかったからである。

 当然のことではあるが、赤字である。
 食費は11人分かかるが、売り上げは1人分しか無いからである。
 しかし、それで良いと思っていた。

 なぜならば、私自身が、ユースホステルでヘルパーをすることによって、いろいろな勉強をさせてもらっていたからである。私は、1993年と1994年に釧路牧場ユースホステル(星野牧場ユースホステル)でヘルパーをした。そこで貴重な人生経験をさせてもらった。
(詳しくは http://kaze3.com/helper/makiba/makiba11.htm )

 なのでユースホステルの経営者になってから、ご恩返しのつもりで大勢のヘルパーさんを向かい入れた。

 しかし、歳をとり体力の限界を感じたので。2010年を最後にヘルパーさんの採用はやめてしまった。今後もヘルパーさんを採用することは無いと思う。御客さん相手だけで目一杯だからだ。とてもヘルパーさんの相手までできない。

 前置きはこのくらいにして、本題に入る。

 先日、元ヘルパーさんが訪ねてきた。
 結婚していて、美人の奥さんと1歳7ヶ月のお子さんも連れてきてくれた。
 うちの息子とは、同級生になるお子さんだった。
 さかんに「かわらないなあ」を連発していた。

 実際には、施設的に大きな変化があったわけだが、にもかかわらず「かわらないなあ」を連発していたのは、『雰囲気』が変わってなかったからだと思う。そもそも記憶なんてものほどあてにならないものはない。しかし、独特のニオイというか、雰囲気は昔と変わってなかったのだろう。

 で、うちの嫁さんが、ちょっといい話を聞かせてもらった。

 元ヘルパーさんが、奥さんになる恋人と、お付き合いをはじめた頃に、元ヘルパーさんは、北軽井沢ブルーベリーYGHでヘルパーをしていたことを話したらしい。
 その恋人さんは、さっそく北軽井沢ブルーベリーYGHのホームページを読んだらしい。そして『こういう所でヘルパーした人なら』ということで結婚が決まり、お子さんが産まれ、そして北軽井沢ブルーベリーYGHまで訪ねてきてくれたのだ。しかもお子さんは、息子と同級生ときている。なんともいえない感動が、私の心に伝わった。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 15:39| Comment(10) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

ラスベリーYHのヘルパー・りんごちゃんを預かってみた

ラスベリーYHのヘルパー・りんごちゃん(台湾国籍)を3日間預かりました。
ラスベリーYHのマネージャー夫妻が、所用で3日間でかけるためです。

14-7-17-01.JPG

本来なら、3日間の間、りんごちゃんを遊びに連れていくところだったのですが、あいにくその期間は、浅間自然学校のガイドの仕事がはいっていて、遊びにつれていけませんでした。また、りんごちゃんとも会話が充分に出来ませんでした。ちょっと残念でしたね。浅間自然学校のガイドの仕事というのが、浅間山山麓を歩いて一周するというもので、いつものガイドより長時間かかる仕事だったので、そのせいもあります。

14-7-17-02.JPG

14-7-17-03.JPG

で、最終日、りんごちゃんが、大量の台湾式餃子(水餃子)を作ってくれました。それを御客さんに出したら大好評。私も食べてみて驚きましたね。なにしろ生姜とキャベツをざく切りにして入れるんですから、本当にびっくり。その方式だと水餃子にしかなりませんが、かなり美味しい水餃子ができる。非常に勉強になりました。台湾では、水餃子は主食で、これが出るときは御飯はでないらしい。

ちなみにりんごちゃんは、台中出身。以前、台湾の陳さんというヘルパーさんが北軽井沢ブルーベリーYGHに来たことがありましたが、陳さんも確か台中産まれ。その陳さんは、バリバリのアンチ中国でしたが、りんごちゃんは親中国。同じ台湾人でも、いろいろ違うところも興味深かったです。

14-7-17-06.JPG

14-7-17-09.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

めでたい話

実は今年は、朗報が多かった年ですね。

御客さんの結婚や、おめでた。
もちろん、うちの嫁さんもおめでた。
スタッフの土井君も、ぶじ再婚しました。
今はあえて伏せておきますが、
北軽井沢ブルーベリーYGHの某リピーターさんも近いうちに結婚します。

さて、ここからが本題です。

知ってる人は、知ってるでしょうが、
元スタッフのわんたろうさん(ヘリコプターのパイロット)も結婚するんですね!

いやーめでたいなあ!

で、新婚旅行に12月月8日と9日に嫁さんを連れて北軽井沢ブルーベリーYGHに泊まりに来るのですよ!

今から楽しみですよ!
結婚式は、どうするんだろう?
たのしみだ!




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

今日は、元ヘルパーの宇山君が泊まりに来てくれた!

今日は、元ヘルパーの宇山君が泊まりに来てくれました!
しかも、国家試験に合格して、晴れてお医者さんになっていた!
嬉しいねえ。

心なしか逞しくなったような。
きっと、素晴らしいお医者さんになるんだろうな。
私は、そう確信しています。

というのも、うちの元ヘルパーで、
お医者さんになった人は、彼だけではないからです。
実は、何人もいる。

しかし、彼だけは、他のお医者さんたちと毛色が違っている。
いろんな場所でアルバイトしていたし、
もちろん全国のユースホステルで、ヘルパーをしていた。
さらに医学部に行く前に農学部を卒業している。
いろんな場所で苦労しているのだ。

だからヘルパーとしても、すごく仕事が出来た。
当然のことながら、ヘルパー代もはずんだ。
約束より多額の謝礼を払っている。
それだけの仕事をしていたということだ。
それだけ御客さんに対して誠実だったということだ。
それが私の彼への評価だったのである。
だから、ヘルパーを終えて帰るときに、彼は驚いていた。

「こんなにもらっていいんですか?」

そういう謙虚さに、私は「しまった!」と思った。
こんなに謙虚なら、もっと払っておけばよかったと後悔したのだ。

ちなみに私は、ヘルパー代を約束より低く出すことは無い。
しかし、その人の頑張りによっては、こっそり謝礼を多くした。
たいした額では無いけれど、それが頑張った人への勲章だと思うのである。

そんなことは、どうでもいいのだが、
とにかく、宇山君は、良い医者になると思う。
彼の腕はしらない。
彼の医者としての技術は知らない。
しかし、彼の人間性なら知っている。
きっと、良い医者になるにちがいない。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

土井・須崎御両人の結婚式が、無事に終わりました。

土井・須崎御両人の結婚式が、無事に終わりました。
祝福してくれた皆様、ありがとうございました。
彼らは、今頃、ハワイ島で新婚旅行を楽しんでいることでしょう。

12-4-1-7-01.JPG

12-4-1-7-02.JPG

12-4-1-7-03.JPG

12-4-1-7-04.JPG

12-4-1-7-05.JPG

12-4-1-7-06.JPG

12-4-1-7-07.JPG

12-4-1-7-08.JPG

12-4-1-7-09.JPG

12-4-1-7-10.JPG

12-4-1-7-11.JPG

12-4-1-7-12.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

須崎さんは無口 7話

須崎さんは無口 7話

 須崎さんは、最初から謎に満ちていた。
 土曜日に泊まらずに日曜日のツアーに参加していた。
 そして日曜日に宿泊した。
 当然のことながら、日曜日に他の客はいない。
 なので、一人ぼっちで夕食を食べることになるので、
 それじゃあ淋しかろうと思って、
 私と土井君とうちの嫁さんも一緒に食べることも多かった。
 で、私は、いつも須崎さんに話しかけていた。

「須崎さん、土曜日に泊まれば、みんながいて賑やかで楽しいのに」
「・・・・」
「静かなのが好きなの?」
「・・・・」
「ああ、そうか静かなのが好きなんだ。ふーん」

 私は、須崎さんの沈黙から彼女の心理を読み取っていた。
 ただし、正解かどうかは分からない。

「で、須崎さん、明日はどうする?」
「・・・・」
「どこに送迎しようか?」
「・・・・」
「朝4時でいいなら、土井君が熊谷駅まで送っていけるけれど」
「・・・・」
「あ、でも、せっかく北軽井沢に来てるんだから、軽井沢銀座とか見学するよね?」

 その時、はじめて須崎さんは沈黙を破った。

「朝4時に・・・・」
「え? 朝4時に土井君と帰るの? 朝4時だと朝が辛いよ?」

 土井君も言った。

「そうそう、せっかく北軽井沢にきたんだから、鬼押しとか、浅間牧場を散策して帰れば? 土井が送ると言っても熊谷までだし」

 土井君は、適切なアドバイスを須崎さんにしていた。
 しかしである。
 いつも沈黙して、人のアドバイスを素直に受け入れる須崎さんが、この時だけ反論した。

「朝4時に・・・・」

 おや?と私は思って沈黙したが、
 しかし空気の読めない土井君は、さらに彼女私を思いとどまらせようとした。

「それじゃ、せっかく宿泊費を払っているのに、北軽井沢ブルーベリーYGHのベットに寝るのが4時間くらいになっちゃう。もったいないよ。明日はゆっくりしていけば?」

 土井君は、あくまでも正論を言い続けていたが
 それを見るに見かねた、うちの嫁が話に割り込んできた。

「(うちの嫁)須崎さんさんはね、土井君の車に乗りたいんだってさ!」
「(土井)キャッ!

(なお、この物語は、フィクションではありません)

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:06| Comment(7) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

須崎さんは無口 6話

須崎さんは無口 6話

須崎さんは無口の連載をスタートさせた時、嫁さんが口をはさんだ。

「無口な人に、無口っていったら傷つかない?」
「どうして?」
「無口な人は、無口って言われるのが一番いやだっていうよ」
「馬鹿だなあ、逆だよ逆!」
「え?」
「世間一般では、それを『おいしい』というんだよ」
「はあ?」
「世の中、いじられて、なんぼなの。無口が原因で無視されるよりいいんだよ」

 そもそも、北軽井沢ブルーベリーYGHにおいては、無口な人ばかりもてている。これは、女に限らない。男においてもそうなのだ。いったい、どういう事になっているんだ? アニメ界においても、無口キャラばかりがモテている。今や無口がトレンドなのか? 時代も変わったなあ。昔だったら会話の弾む人の方がモテてたのに。

 しかし、考えてみたら、私が嫁さんに某ユースホステルでナンパされたときも、たまたま私は無口だったなあ。その時は、訳あって誰とも会話してなかった。ムスッと黙って本を読んでいた。そこに話しかけてきたのが今の嫁さんだった。もちろん、住所交換なんかしてない。少し会話して寝た。私は、翌朝、5時の早朝の鈍行列車に乗る予定だった。それにのって、北海道から東京まで帰るつもりだった。で、朝4時にユースホステルを出発しようとしたら、玄関に彼女が見送りで立っていた。驚いた私は、そこではじめて住所交換したのだが、その彼女が後の嫁さんになるとは、当時は思いもしなかった。





 まあ、そんな事は、どうでも良いとして、御客さんがゼロだった日、それでも土井君と須崎さんが、北軽井沢ブルーベリーYGHに遊びに来た。そして、土鍋料理を食べて2人で温泉にいった。私と嫁さんは、食器を片付けて寝た。私たちは、御客さんがいなければ、寝るのが早い。

 当然のことながら土井君と須崎さんが温泉から帰ってきたとき、私たちが寝ていた。つまり、北軽井沢ブルーベリーYGHのロビーには、土井君と須崎さんだけになってしまったことになる。普通なら、ここで客室に帰ってしまうところだが、この2人は、夫婦だけで消灯時間まで、お茶会をやったらしい。しかし、不思議である。いったい何の会話をしたんだろう?

 いや、この二人に会話があるのだろうか?

 土井君は、酒を飲みながら10年前からワンパターンな親父ギャグを言うだけだし、とてもじゃないが、土井君のワンパターン親父ギャグでは、須崎さんを笑わすのは難しいと思う。いったい、この二人に、どんな会話があるのだろうか?


 まだ土井・須崎の婚約が決まる前。
 つまり、2人が、単におつきあいしている時のことである。

 星空温泉ツアーがあって、車が2台でることになると、須崎さんは、必ず私の車に同乗した。土井車には乗らなかった。事情を知っている他の御客さんが、
「あらら、いいの?」
「彼氏の車に乗らないの?」
と冷やかすのだが、須崎さんは涼しい顔。土井君から逃げるように私の車(佐藤車)にかけこんでくる。

 で、土井君は、かわいそうなくらい、キョロキョロと須崎さんの姿を探している。
 見ていて哀れなくらいである。
 真剣な顔で彼女の姿をさがしている。

 そして、佐藤車に須崎さんの姿を見つけると、複雑な顔つきで、
「全員あつまったね」
と言って車に乗り込んで出発する。

 口の悪い御客さんの中には
「何が全員だよ! 一人しか捜してないくせに」
と叫ぶものだから、車内は大爆笑となる。

 そのとき、私はバックミラーで須崎さんの顔をのぞいてみたのだが、
 彼女は涼しい顔で笑っていた。
 ああ、この若き二人の運命はいかに!


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

須崎さんは無口 5話

須崎さんは無口 5話

最近、北軽井沢ブルーベリーYGHの御客さんは、無口な人がもてる。

無口な人が、なぜもてるのだろう?
ひょっとして無口ブームがきたのか?
無口がトレンドなのか?

という疑問は、さておいて、無口な須崎さんは、車の免許証をもっていながら運転が出来ないらしい。

「運転は覚えた方が良いぞ」
「・・・・」
「昔、俺が埼玉の春日部に居た頃に、近所の友人の車の練習を教えたんだよ」
「・・・・」
「開店前のスーパーの駐車場を何時間もグルグル回るんだけどね、あんまり単調なんで眠たくなるんだ」
「・・・・」
「で、助手席でウトウトしているとギャーという叫び目を覚まし、あやうく激突するところだったりする」

この時、須崎さんがクスリと笑った。
思わず勝った気がした。

「ほら、喰え! 鍋をもっと食え!」
「・・・・」

私は、鍋の残り。
栃尾揚げの一切れと、残り汁を須崎さんの茶碗にぶちまけた。
須崎さんは、またクスリと笑った。
また勝った気がした。


どうでもいいが、須崎さんを見ていると、学生時代の無口な友人を思い出す。
どういうわけか、学生時代の私のまわりには無口な奴が集まってきた。
別に私が無口が好きなわけでは無く、
むしろ嫌いな方なのだが、
どういうわけか無口な奴が集まってくるのだ。
で、旅行とかキャンプといった行事になると、いつのまにか無口なのだけが周りにいる。

隣のテントでは、ドンチャン騒ぎしているのに、
私のテントは静かすぎる。
それでは、何かむかつくので、

「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス」

という事になるのだ。
この癖が、歳をとっても抜けなくなり、
ユースホステルを使った旅にも発揮するようになる。

まあ、その話は、また後日。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:26| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

須崎さんは無口 4話

須崎さんは無口 4話


須崎さんは、ちょっと陰が薄い。
幽霊のように突然、現れて、私たちを驚かす。

「あれ? なんか背後にいるな?」

と思ったら須崎さんなのだ。
何をするのだろう?
と見ていたら、大量のペットボトルに水を汲んでいた。
嬬恋村の水は、湧水なのでセシウムなどが無検出。
それを汲んで帰ろうとするのだが、
1本あるいは2本づつの空のペットボトルを持ってきて、
遠回りに厨房水道蛇口にやってきて水を汲んでいる。
それを何回も何回も繰り返している。
見ていて、能率悪いことこのうえない。

いつまでも、背後に座敷童みたいなのが徘徊されてはかなわんので、私は彼女から空ペットボトルを奪い取り、

「残りの空ペットボトルを全部持ってきて!」

と言って、私が水を次々と入れた。
私がやれば、須崎さんの10分の1の時間もかからない。


そんな須崎さんたちと、喫茶「ゆうゆう」に昼飯を食べに行った。
相変わらず、座席についても黙っている。
何とか彼女にしゃべらせたい。と、思った。
彼女をしゃべらせたら、何か勝ったような気がするからだ。
単語一つでも言わせれば、勝ったような気がする。


で、私は究極のネタで須崎さんを攻撃した。

「須崎さん、土井君は、なんで前の嫁さんと別れたか知ってる?」

このネタに絶対に食いつくかと思ったら、
もうすでに彼女は、土井君に聞いていた。
まあ、そうだよなあ。
いくら何でも聞くよなあ。

よし、こうなったら次のネタで攻撃してやる!

「須崎さん、実は、君は、もてていたって知ってた?」
「・・・・」
「須崎さん狙いの御客さん、たくさんいたんだよ」
「・・・・」

全く動じなかった。
かなり手強い。
なかなかの強敵である。
彼女をしゃべらすのは、かなり難しい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

須崎さんは無口 3話

今日、御客さんがいなかったので、土井君に
「来なくていい」
と言ったにもかかわらず、嫁さん連れて来た。

「二人っきりで、デートすればいいじゃん!」

と思うのは私だけ?
仕方ないので土鍋料理を振る舞うことにした。
もちろん、野菜てんこもり。
肉は無し(正確に言うと出汁用に豚バラ30グラムだけ入れている)。

代わりに揚げ・豆腐・シラタキたっぷり。
超ヘルシー野菜鍋。
それも巨大な10号土鍋で2時間煮る。

野菜は、土鍋の2倍の量を入れるけど、煮立つと小さくなる。
だからスープが野菜の出汁で濃厚になる。
もちろん野菜しか入ってないので、超底カロリー。
これだと、死ぬほど満腹になっても、300カロリーも無いかも知れない。
おまけに、健康のために御飯は無しにした。
これだと、腹一杯食べても超低カロリーなのだ。
ただし、美味い日本酒は1合だけ飲むことにする。


でも、土井君と須崎さんが、カロリー不足になっても困るので、
土井君と須崎さんにはサワラの西京焼きとフライドポテトもつけた。


ちなみに、最近、わが家は、野菜てんこ盛りの土鍋料理がブームである。これだと、どんなに食べても200カロリーくらいしかとれないので、1週間で3キロ痩せてしまった。そのせいか、無性に牛丼を食べたくなってしまい、吉野屋の牛丼屋で並を2杯食べてしまったりする。で、リバウンドしてしまうのだが、そんなことは、どうでも良いとして、土鍋をつつきながら無口な須崎さんに質問してみた。


「土井君のことを何て呼んでるの?」
「・・・・」
「どいぴー?」
「・・・・」
「きーぼう?」
「・・・・」

今日の私は、日本酒も手伝って、しつこい。
無口キャラと徹底抗戦する気でいる。
ちょうど遠藤酒造の朝しぼり(20度)があったので、
そいつをグビグビ飲みながら絡んでみた。

「分かった、けん坊だろ!」
「・・・・」

ちなみに、土井君の母親は、
息子のことを「けん坊」と呼んでいる。

関係ないが、ラズベリーYHの曽原正俊君は、
母親に「まあ坊」と呼ばれている。

曽原君の嫁さんは、曽原君のことを
「まーびー」と言っているらしい。
というか自分のことを自分で「まーびー」と言ってるという噂も聞いた。

ちなみに、うちの嫁さんは、機嫌の良いときは、私のことを
「お兄さん」
と呼んでいるが、普段はたいてい
「おじいちゃん」
である。これは、私の物忘れが酷いためである。


まあ、そんな事は、どうでもよい。
無口キャラの須崎さんは、
土井君のことを何て呼んでいるのか?
これを聞き出さない限り、一歩もひかんぞ!
と酒を食らいながら詰め寄ったら、土井君が愛(?)の助け船を出してきた。

「『ちよっとお』だね」

なんだ、つまらない。
私は、無言で袖を引っ張るだけかと思っていたのに。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 04:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

須崎さんは無口 2話

須崎さんは無口 2話

 須崎さんの無口ぷりは、過去ヘルパーの中でも、1位か2位を争うくらい。
 ちょっと面白いので、観察してみた。

 お茶会が終わって、みんなが寝室に戻る。
 もちろん須崎さんも戻る。

 私と嫁さんは、後片付けをする。土井君は、事務所でノートパソコンを開いて何やらメールをチェックしたりするわけですが、飲んだっくれの土井君は、酔いが回って睡魔におそわれているのか、パソコンを開いたままコックリコックリやっている。夜の25時過ぎまで、うたた寝をしているわけだ。まあ、ここまでは北軽井沢ブルーベリーYGHでは、日常とも言える風景である。面白いのは、ここから先である。

 私と嫁さんが、食器洗いなどの後片付けをしていると、2階から忍び足で誰かが降りてくる。
「誰だろう?」
 と見ていたら須崎さんだった。
 
 彼女は、相変わらず沈黙したまま忍び足で、
 舟をこいでいる土井君のそばにいって、
 土井君の服をいじらしく引っ張った。
 
「・・・・」
「・・・・」

で、沈黙のまま2人で2階にあがっていったのである。
夜遅い時間であった。
それを見ていたうちの嫁さんが一言つぶやいた。

「愛だね」

 愛に言葉はいらない。
 服をいじらしく引っ張っる仕草こそが
 地上最強の愛かもしれないからだ。
 

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

須崎さんは無口 1話

 震災以降、もうヘルパーは、雇わない方針だったのですが、その方針も崩れつつあります。
 原因は、土井君が結婚するためです。
 土井君の結婚相手は、須崎さん。


 最初、須崎さんを御客さんとして遇していたのですが、そうなると須崎さんの宿泊費を土井君が払うことになる。これだけでも心苦しいのに、土井君だけが働いて、須崎さんが御客さんのままテーブルに座っているのは、なんとも変だった。

 変だったけれど、1ヶ月間、そういうスタイルをとっていた。
 でも、やはり変だったので、ヘルパー扱いということにした。
 
 で、1年ぶりにヘルパーが登場したわけですが、何をかくそう彼女は、過去ヘルパー割烹着娘(日置さん)の高校の時の部活の先輩。
 
 で、その部活というと
 「演劇部」
 であった。
 
 演劇部の先輩なのに、無口である。
 過去ヘルパーの割烹着娘が、3分間しゃべらないと死んでしまうのに対し、
 先輩の須崎さんは、3分間しゃべると死んでしまうらしい。
 そのくらいの無口。
 うちの嫁さんが

「好きな色は?」

と質問しても、しばらく考えている。
(山田洋次監督が、そういう人です)

で、こっちが質問したことさえ忘れた頃に解答しようとしているのだが、
その頃には、こっちは別の話題で盛り上がっているのだ。
よーするに

『完全無欠のステゴザウルス系』

なのである。

その無口ぷりは、過去ヘルパーの中でも、1位か2位を争うくらい。
ちょっと面白いので、観察してみた。
すると......



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

2005年度のヘルパーさんが遊びに来てくれました

2005年度のヘルパーさんが遊びに来てくれました。
http://tour.kaze3.cc/staff/helpers05.htm

DSCF2830.JPG

当時、18歳だった2人も、今や立派な社会人。
二人とも美男美女になりました。
すばらしいことです!
ツアーにも参加してくれました。

11-10-9-30.JPG


無口だった彼らも、今じゃ見違えるほど大人に。
人間て、成長する生き物ですね。
もはや別人です。
今後の活躍を祈りたいと思います。

11-10-9-31.JPG

11-10-9-32.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング<
/FONT>




posted by マネージャー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

今日は、なつかしの元ヘルパーさんが2名泊まっています

今日は、なつかしの元ヘルパーさんが2名泊まっています。

年度によって、ヘルパーさんにも、いろいろキャラがありますが、
今日、泊まってふくれたのは無口4人衆の時代のヘルパーさんです。
2005年のヘルパーさんたちの2人です。

http://tour.kaze3.cc/staff/helpers05.htm

うーん、懐かしい。
久々に顔を見ると、大人になったなあという感じ。
だって、2005年当時は、大学1年生だったものなあ。
それが、いまじゃ立派な社会人。
歳がたつのは早いですよ。

あの時代は、ブログで『ヘルパー物語』を書いてなかったものなあ。
もし、書いていたら、すごく面白かったのに残念。
とにかく、面白いことがいっぱいあったので。

あと、2005年頃は、北軽井沢ブルーベリーYGHの仕事がきつかった時代です。
あの当時のヘルパーさんたちにとっては地獄だったことでしょう。
あれにくらべれば、他の仕事なんて楽(?)だと思います。


あと、どうでも良いけれど、◆◆さんは、
北軽井沢ブルーベリーYGHに来たびに美女になっていくなあ。
昔の童顔を知ってるだけに、驚き桃の木。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング<
/FONT>



posted by マネージャー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

元ヘルパーさんが、泊まりに来てくれる

今年は、まだ1人もヘルパーさんがいないです。
ですから、ちょっときつかったんですが、
あえてヘルパーさんを雇いませんでした。
というか、応募も無かったんですが。

正直言って、ヘルパーさんを雇うのは心苦しい。
理由は、キツイからです。
以前、ユースホステルをオープンさせたいという50歳代の人を雇ったんですが、
『こんなにキツイとは』
と言って、ユースホステルのオープンをあきらめたくらいですから。


しかし、ヘルパーやるには楽なユースホステルもあるんです。
うち(北軽井沢ブルーベリーYGH)がキツイだけ。
逆に言うと、うちでヘルパーやったら、
どんな仕事をしても『楽勝』に思えるかも知れない。

で、ヘルパー希望者に忠告しておきます。
泊まってみて、『いい宿だな』と思ったら、ヘルパーしたらキツイと思います。

御客さんにとって良い宿 = ヘルパーしたら地獄

なのは間違いないです。


110514-5-67.JPG


ここからが本題。


今日から2泊3日で、元ヘルパーさんが、泊まりに来てくれる
宇山君です!

uyam.jpg

詳しくは、ヘルパー宇山君の憂鬱のシリーズをどうぞ
ヘルパー宇山君の憂鬱1〜7

http://kaze3.seesaa.net/article/104587815.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104588460.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104590990.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104609027.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104642867.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104768522.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104787356.html
http://kaze3.seesaa.net/article/104835792.html

医学部の彼は、無事、卒業できるんだろうか?
いい医者になってほしいなあ。
応援したいなあ。
『男子3日あわざれば、刮目してみよ』
と言いますが、どんなふうに成長しているんだろう?
今夜の御茶会が、楽しみです!



それから、もう少ししたら、女性の元ヘルパーさんもやってきます。

09yoshi-01.JPG

彼女も、ヘルパーしてたころは、
中学生かと思ったくらい子供っぽかったけれど、
数年後に遊びに来てくれたときは、すごい美女に変身してた。
『女子も3日あわざれば、刮目してみよ』
ですね。
こちらも会うのが楽しみです。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

神戸牛黙示録 その5

神戸牛子さんは、今日も平常運転。

「スペイン留学した理由は、第2外国語がスペイン語だったの?」
「いえ、違います。うちの大学には、第二外国語が無いんです」
「じゃ、独学でスペイン語?」
「はい」
「すごいねえ、よくスペインの大学の授業がわかったねえ」
「いえ、わかりませんでした」
「はあ?」
「分からないんで、単位をあきらめかかっていたんです。何いってるんだか、さっぱり分
からないので」
「だよなあ、言葉、わからなかったら、どうしようもないよなあ」
「なので試験の時も、全くあきらめていたんです」
「ふーん、じゃ、単位おとしたんだ」
「それが、隣に座っている人たちが、カンニングさせてくれたんですよ」
「え?」
「スペインの人たちは、親切なんです」
「それって、親切なのか?」
「そうなると欲がでてくるじゃないですか、あきらめてた単位がモノになるかもしれない
と」
「・・・・」
「でも、せっかくカンニングさせてもらっても、字がきたなくて分からないんです」
「・・・・」
「だから、この字は、何と書いてあると小声で聞いたりしました」
「先生にバレるだろう」
「バレバレでした」
「そりゃ声出したらバレるわ」
「声も何も、最前列なので、先生の目の前でカンニングしてますから」
「なーんや、それ!」
「先生も、親切な方ですよね」
「それって親切なのか? で、単位はとれたんかい」
「とれました」
「なんちゅう、いい加減な大学じゃ。まるで日本の大学と一緒じゃないか。で、カンニン
グさせてもらった人は、君の友だちか何かだったの?」
「いえ、全く知らない人でした。で、お礼を言おうと思ったら消えていなくなっていまし
た。こういうのって無償の行為なんでしょうね」
「おい!」



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 15:57| Comment(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

神戸牛黙示録 その4

神戸牛黙示録 その4

新しいヘルパー岡田さんは、
生まれも育ちも神戸!
神戸と言えば、神戸牛!
そして神戸大学農学部で牛関係の研究をしているとか!
で、昨日は、はじめての休日。

「どこ行ってきたの?」
「松本牧場の牛乳屋さんです!」

そうきたかー!
やっぱりね。
ついでに、みるく村のローアン君にも会ってくればよかったのに。
ローアン君は、スペイン人ではないからなあ。





でも、そこまで牛にこだわる理由は何だろう?
ちょっと聞いてみた。

「どうして農学部にはいったの?」
「環境系の仕事をしたかったんです」

はあ?
どうして環境系の仕事で農学部?
これには訳があります。
単なる農学部じゃ入学者が少ないので
環境の名前をつける学科が増えているんですよね。
農学部にかぎらず、
理学部や工学部にも環境学科
文学部や法学部にも環境学科
でも、やってることは昔から変わってないらしい。
さすが環境ブーム!

「で、どんな仕事をしたいと思ったわけ?」
「ばくぜんと砂漠系の仕事をしたいと」
「?」

別に牛にこだわっているわけではないのか。
でも何故砂漠?
砂漠には、小人さんでも住んでるのか?
謎だ。

5816.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 13:32| Comment(2) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

神戸牛黙示録 その2

神戸牛黙示録 その2

新しいヘルパー岡田さんは、
生まれも育ちも神戸!
神戸と言えば、神戸牛!
そして神戸大学農学部で牛関係の研究をしているとか!


5816.JPG


「ところで岡田さん、どうして北軽井沢ブルーベリーYGHのヘルパーに応募したの?」
「海外のユースホステルをつかってみて、一度、ユースホステルのスタッフの仕事をしてみたかったんです」
「へえー海外に行ったことあるんだ?」
「実は、ヨーロッパに留学してたんです!」
「ヨーロッパ? すごいねえ、どこの国に留学してたの?」
スペインです」
「え?」



「やっぱりつながりか.....orz」


つづく


↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 20:46| Comment(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

神戸牛黙示録 その1

新しいヘルパーさんやってきました。生まれも育ちも「神戸」!
神戸っこです。
しかも神戸大学生。
今日の朝から働いてもらっています。
ユースホステルが好きな女子大生。

「ところで何学部なの?」
「農学部です」
「稲とかつくってるの?」
「牛関係です」
「牛かあ・・・・・」

 そういえば、神戸で有名なのを思い出した!
 神戸牛だ!


kkl77575.jpg


 といっても、神戸に広大な牧場があるわけではないんです。
 神戸牛の大半は、口蹄疫で有名になった宮崎牛だっさりする。
 
 ちなみに私は牛年だったりする。
 
 北軽井沢も牛の産地だったりする。


つづく


↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 17:06| Comment(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

2人目のヘルパーさん決まりました

2人目のヘルパーさん決まりました。

2人目のヘルパーさんも二十歳の学生さん。
若い女性2人に活躍してもらうことになりました。
どんな人がやってくるか楽しみです。
早ければ、明日から登場です。

今週は、パワースポット氏が、いませんが、
2人の若い女性ヘルパーさんで華やぐことになるよていです!


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 07:54| Comment(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ユウ物語 第伍話 野鳥にキャッ!と

ユウ物語 第伍話 野鳥にキャッ!と

image16.JPG

佐藤「このゴールデンウィークで一番働いたのは、野鳥だな」
ユウ「すごい種類がいますね」
佐藤「ちょっとメタボ気味だけどね」

ber-15.JPG

ユウ「でも自然がいっぱいって感じです」
佐藤「そういや君の自宅は和歌山だっけ?」
ユウ「和歌山市内です」
佐藤「御両親も?」
ユウ「いえ、父も母も徳島県の山奥です」
佐藤「大歩危・小歩危の近く?」
ユウ「はい」
佐藤「自然がいっぱいなところだね」
ユウ「そのせいか父は、自然好きで山屋さんです」
佐藤「登山家ですか、いいですねえ! 山屋には悪い人はいないというしね」

image15.JPG

ユウ「だから父は、時々、山に行って、花をとってきます
佐藤「・・・・」

(それって......orz)
(いや、あえて突っこまないでおこう)


xswedc-2.jpg


佐藤「どんな花」
ユウ「水仙」
佐藤「水仙かあ」
ユウ「その盗掘してきた水仙なんかを、自分が散歩するコースに植えるんです」
佐藤「・・・・・」

(ああ突っこみたい。でも突っこまない)
(その先が聞きたいから)


xswedc-1.jpg


佐藤「自分が散歩するコース?」
ユウ「父は、毎日散歩するのが趣味なんです。で、自分が散歩するコースに、かたっぱしから花を植えて、素晴らしい景観にするんですよ」
佐藤「いい話しだなあ」
ユウ「山で盗掘してきた花を植えるんですけどね」
佐藤「・・・」


(突っこみたい。突っこみてー)
(でも、突っこむと検閲に引っかかる恐れがある)
(ここは、平静を装って、なにくわぬ顔を保たねば)


xswedc-3.jpg


ユウ「で、自分が散歩するコースを花いっぱいにしたんです」
佐藤「・・・(これって、いい話しなのだろうか?)」
ユウ「で、ある日、父が嬉しそうに帰ってきて、こう言ったんです」
佐藤「?」
ユウ「別の人が、盗掘して植え替えた水仙の花のところに『勝手に盗らないでください』という看板が立ててあったと」
佐藤「・・・」
ユウ「道ばたの名も無き水仙のために盗掘禁止の看板まで作って立ててくれるひとがいる。世の中も捨てたものではないと、父は喜んでいました」
佐藤「・・・」




xswedc-7.jpg




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング










posted by マネージャー at 08:50| Comment(2) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ユウ物語 第肆話 ちょっとスネイク

ユウ物語 第肆話 ちょっとスネイク

image16.JPG



佐藤「自宅では主に何を食べてるの?」
ユウ「コロッケです」
佐藤「コロッケ?」


0656.jpg


ユウ「いえ、コロッケです」


0657.jpg


佐藤「夕食に?」
ユウ「朝晩」

佐藤「え?」

ユウ「夕御飯には揚げたてコロッケなんですが、朝には煮コロッケ」
佐藤「はあ?」
ユウ「朝は、コロッケを煮たのを食べます(キリッ)」


0655.jpg


佐藤「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ?」

ユウ「煮コロッケです」
佐藤「コロッケを煮るわけ?」
ユウ「水と醤油を半々で割って煮るんです」
佐藤「辛そうだなあ」
ユウ「これが美味しいんです」
佐藤「・・・・・」
ユウ「晩ご飯でコロッケを食べるでしょ? その時にお母さんが、朝いくつ食べるの?って聞いてくるんです。で、3つというと、煮コロッケが3つ出てきます」


image10.jpg


佐藤「あのー、もしもし」
ユウ「はい」
佐藤「コロッケのカロリー知ってますか?」
ユウ「知りませんが、何か?」
佐藤「180キロカロリー。御飯一膳も180キロカロリー。で、もし、コロッケ3個に御飯3杯おかわりしたら、1080キロカロリーになります」
ユウ「それが何か?」
佐藤「ちなみにシュークリームのカロリーが180キロカロリー。もし、コロッケ3個とシュークリーム3個ならどっちを撰ぶ?」
ユウ「シュークリームですね」
佐藤「・・・・」


image15.JPG


ユウ「佐藤さんは何でも知ってますね」
佐藤「何でもは、知らないよ。知ってることだけ」






091230-4.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:40| Comment(4) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ユウ物語 第参話 そうはいくモンキー.....orz

ユウ物語 第参話 そうはいくモンキー.....orz

image16.JPG

ユウ「**の飛行機にのったんです、そして**をして、**になって、**で、**だったんです」
佐藤「アハハハハハハハハハハ」
ユウ「可笑しいでしょ」
佐藤「爆笑モノだな」
ユウ「大失敗でした。あ、言っときますけれどブログには書かないでください」

image15.JPG

image11.jpg

佐藤「なんだっとととととととととととととととととととぉ!」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ユウ「**だったんです、そして**で、**だったんです」
佐藤「アハハハハハハハハハハ」
ユウ「そして**をして、**になって、**で、**だったんです」
佐藤「アハハハハハハハハハハ」
ユウ「あ、言っときますけれど、これもブログには書かないでください(どうだ、マイッタケ)

image14.JPG



佐藤「検閲だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

image28.JPG

なんだ、その勝ち誇った顔は.....orz。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:41| Comment(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

ユウ物語 第弐話 わかやマイマイ

ユウ物語 第弐話 わかやマイマイ

image16.JPG

佐藤「ユウちゃんは何処の出身?」
ユウ「生まれも育ちも和歌山県和歌山市です」
佐藤「あ、それでお土産が梅干しだったのか」
ユウ「和歌山名物です」

 ところでユウちゃんは、ゲストハウスをやりたいらしい。ゲストハウスというのは、主に外国人が宿泊するユースホステル形式の宿で、京都を中心に大人気です。ユースホステルよりもゲストハウスに泊まる外国人の方が多いくらいです。

佐藤「で、どこでゲストハウスをやりたいの? やっぱり和歌山?」
ユウ「迷っているんですが、関西のどこかで開業しようかなと」
佐藤「関西かぁ」
ユウ「でも奈良は御客さんが来ないらしいんです」
佐藤「どうして?」
ユウ「奈良・京都・大阪は接近しているので、どこに泊まっても大差ないんです。そうなると、有名どころの京都を宿泊先に選ぶ人が多いんです」
佐藤「奈良の方がいいと思うんだけどなあ」
ユウ「奈良いいですよね?」
佐藤「人も少ないし、飛鳥地方は雰囲気出てるし」
ユウ「ですよね」
佐藤「ところで、一人じゃ宿出来ないと思うけれど」
ユウ「一人でやる予定です」

image12.jpg

佐藤「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ?」

image13.JPG
(そんなバナナ!)

佐藤「一人で?」
ユウ「一人で」

image10.jpg

佐藤「彼氏はいないの?」
ユウ「いません」
佐藤「募集は?」
ユウ「・・・・」
佐藤「一人じゃ大変だよ」
ユウ「女友だちとやろうかなぁ」

image15.JPG

佐藤「うーん、女どうしが一緒に宿をやるパターンは、無くは無いけれど、たいてい数年後に分裂解散しているなあ」
ユウ「そうなんですか?」
佐藤「男同士が一緒に経営しているペンションならけっこう長く続いているところが多いけれど」

http://www.reaale.com/

佐藤「ひょっとして男嫌い?」
ユウ「そんなことないです。そういうふうに見えますか?」
佐藤「いや、見えるわけではないけれど」
ユウ「・・・」
佐藤「女一人だと、たいへんじゃない? だって、どんな人が泊まるかわからないんだよ?」
ユウ「だから女性専用のゲストハウスをやりたいんです」
佐藤「あ、なるほど、それはいいかも!」

ntbkcap100309_4.jpg

佐藤「・・・(やっぱり男嫌いなのかなあ?)」
ユウ「・・・(そんなことないです)」




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:47| Comment(3) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ユウ物語 第壱話 たかいクラブ

ユウ物語 第壱話 たかいクラブ

ゴールデンウィークの新人ヘルパーさんがやってきました。
高井祐子さん。ユウちゃんですね。
思えば、去年もGWの新人ヘルパーさんは、ユウちゃん。

image16.JPG

それはともかくとして、
ヘルパー早々、御客様の注目をあび
リピーターの某Hさんに

「あなたですか、参拾歳代のヘルパーさんは」
「え? なぜ私の年齢が分かるのですか?」
「見ればわかりますよ」

リピーターの某Hさんは、このブログを読んでいますから、

http://kaze3.seesaa.net/article/146444461.html

ゴールデンウィークのヘルパーさん情報を事前に知っていたわけです。
しかし、新人ヘルパーのユウちゃんは、このブログの存在を知らなかった。

ユウ「ショックです」
佐藤「何が?」
ユウ「私の年齢が見られただけでバレてしまいました」
佐藤「はあ?」
ユウ「御客様のHさんに「あなたですか、参拾歳代のヘルパーさんは」と言われました」
佐藤「・・・・」
ユウ「なんで私の年齢を知ってるんですか?って聞いたら「見ればわかりますよ」と言われたんです。もう弐拾代には見られないということなんですね。サバよめないんですね」
佐藤「いろいろ突っこみたいところは、いっぱいあるけれど、とりあやず、こっちに置いといて」
ユウ「?」
佐藤「君の年齢のことは、すでに北軽井沢ブルーベリーYGHのブログで公表してあるのよ」

http://kaze3.seesaa.net/article/146444461.html

ユウ「え? ブログって何ですか?」

image15.JPG

佐藤「ブログ読んでないの?」
ユウ「婚活の部分は読みました」

http://www.kaze3.cc/06-news/ketkon.htm
image10.jpg

佐藤「orz....(突っこみたいけれど、とりあえず我慢しよう)」
ユウ「???」
佐藤「よく婚活のページ発見できたね。このページを発見する方が、北軽井沢ブルーベリーYGHのブログを発見するより難しいのに」
ユウ「?」
佐藤「それはともかく、御客様の殆どは、私のブログの読者なのだよ。最盛期には、一日二千アクセスを超えることもある。そのブログに君たちの失敗談をドンドンアップされるのだよ」
ユウ「えええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

image11.jpg

佐藤「皿なんか割ったら書くよ!」
ユウ「そんなバナナ」

image13.JPG

佐藤「どうだ参ったヶ」

image14.JPG




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 02:31| Comment(4) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ユウ物語

GWの新人ヘルパーさん登場! 今年もユウちゃんです

今日から新人美人ヘルパーさん登場です。
高山祐子さん。

ユウちゃんですね。

思えば、去年もGWの新人ヘルパーさんは、ユウちゃんでした。
将来、ゲストハウスを経営したいという夢があるので、接客好き。
御客様と、よくお話しします。

yu-02.JPG

とっても明るくて、働き者ですが、
ちょっとドジっ娘。
で、さっそく、ボケてくれました。
そのボケぶりは、また後日紹介しましょう。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:55| Comment(2) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

ニュージーランド娘が結婚!

xx009.JPG


人気ヘルパーだった
ニュージーランド娘が結婚したらしい!


IMG_1007.JPG

おめでとうございます!

ファンの皆様、今後の彼女を
あたたかく見守ってあげてくださいね。

DS8-04.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:29| Comment(6) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする