2009年05月01日

川原湯温泉・温泉卵ツアー

究極の贅沢とは、温泉卵の聖地、川原湯温泉で
温泉卵を造って一杯やるツアーかもしれませんね。
今回は、そんなツアーを実行してみました。


まず、川原湯温泉の源泉に行きます。
そして足湯に浸かるために靴を脱ぎます。

tamago-1.JPG


温泉卵は、壁にかかっている竹駕籠を使って造ります。

tamago-2.JPG


卵は、温泉街の店で売ってますので、
それを買って使います。
たった150円で、最高の美味を味わえます。
5人なら、一人頭30円で、最高の温泉卵を2個づつ食べられます。

tamago-3.JPG


駕籠に卵を入れて温泉に浸します。
ここの源泉は、79度なので、
温泉卵を造るにはもってこい。

温泉卵は、卵の黄身と白身の凝固する
温度の違いを利用して造られたものです。

白身は、80度で完全に固まるのに対して、
黄身は、70度で完全に固まってしまいます。

で、79度の源泉は、黄身だけを固めるのにもってこい!

tamago-4.JPG


これが完成品。
黄身が固まっているのに
白身はドロドロの半熟。

tamago-5.JPG


これが美味いんだな。

tamago-6.JPG


飲んで食べたら一っ風呂。
聖天様の湯で極楽気分。

温泉街から少しだけ坂を上がったところにある無料の露天風呂。
白い湯の花がたくさんある混浴の温泉です。
効能は、安産にきくらしい。
しかし、残念。
今日は、男ばかりでした。

tamago-7.JPG


せっかくなので、聖天様にもお参りを。

tamago-8.JPG


ここは安産にきく神社だとか。
(厳密に言うと、神様ではなく仏様なのだが)

余計な突っ込みは、無しでお願いします。

tamago-9.JPG


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

衝撃の写真−ダムに沈む吾妻渓谷1

衝撃の写真−ダムに沈む吾妻渓谷

この写真は、吾妻渓谷の見晴台です。

Psyo-1.JPG

で、5年前の見晴台の写真。
人物の背後に美しい風景が広がっていますね。

Psyo-2.JPG


しかし、
今回、吾妻渓谷ツアーで、
同じ場所から撮影してみると
こんな無残な姿に....orz。


Psyo-3.JPG

もうすぐダムに沈んでしまうんですね。
しかも、工事の魔の手は、
遊歩道にまで伸びてきている。

Psyo-4.JPG

ああ、吾妻渓谷の運命やいかに。
つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

川原湯温泉ツアー

もうすぐダムに沈む川原湯温泉ツアーにいってきました。

川原湯温泉は800年ほど前に源頼朝が鷹狩りの際に発見したと伝えられ、王湯の壁には源氏の紋所のささりんどうがついています。泉質は含食塩石膏硫化水素泉、79度の源泉です。

群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯290
TEL:0279−83−2960
料金300円

写真に写ったささりんどうの紋みえますか?

kawa-09-1.JPG


これは川原湯神社。

kawa-09-2.JPG

創建は1814年。境内には与謝野鉄幹の歌碑もあります。神社の参道沿いや境内にはたくさんの馬頭観音や双体道祖神などが佇んでいます。川原湯神社は川原湯の湯かけ祭りでも、紅白に分かれた衆のお清めを舞台となっています。

kawa-09-3.JPG

kawa-09-4.JPG


さて、ここは温泉卵発祥の地でもあります。
源泉79度は、温泉卵に最適温度。

kawa-09-5.JPG

ここで温泉卵をつくります。

kawa-09-6.JPG

美味しそうですね。
卵さえ持ってくれば、誰でも無料で造ることが出来ます。
ここに来る人は、コンビニで卵を買ってきましょうね。

kawa-09-7.JPG

400年前、突然温泉が出なくなったことがありました。村人達は困り果てたところ、あるニワトリが、卵を産み落としたところから、お湯が再び出てきたのでみんながお祝いをすることになりました。それが湯かけ祭りです。


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

今年の湯かけ祭りは容赦がなかった!2

今年の湯かけ祭りは容赦がなかった!2

テレビカメラなんかは、集中砲火をうけていました。

kawa09-08.JPG

kawa09-09.JPG

kawa09-10.JPG



去年まで一般客に見せてくれなかった手締め式。

kawa09-11.JPG


被害にあった郵便ポスト。

kawa09-12.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

今年の湯かけ祭りは容赦がなかった!

今年の湯かけ祭りは容赦がなかった!

kawa09-01.JPG

kawa09-02.JPG

まずは、酒樽で振る舞い酒です!

kawa09-03.JPG

お祭り開始!

kawa09-04.JPG

過激! 衝撃! 阿鼻叫喚!
カメラマンを狙い撃ち!

kawa09-05.JPG

kawa09-06.JPG

kawa09-07.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

11月最後の吾妻渓谷

11月最後の吾妻渓谷

kawara-01.JPG

みんなでハイキングしてきました。
参加者には、全く目の見えない方も。
でも、大丈夫!
北軽井沢ブルーベリーYGH の御客様は、
とっても優しい方ばかりなので。

kawara-02.JPG

ちなみに北軽井沢ブルーベリーYGH の1号の御客様も
全く目の見えない御夫婦でした。
ここは仙人窟。

kawara-03.JPG

見晴台。

kawara-04.JPG

葉っぱが無いので、見晴らしが良いのです。

kawara-05.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

阿鼻叫喚の無間地獄が!

だんじりも真っ青の戦う祭!

湯かけ祭り報告


今年の湯かけは、過去最強でした。
色々な地獄絵図がみられましたね。

Pllo-001.JPG

Pllo-002.JPG

ことしは気合いが入ってました。
芸能人も、テレビ局も、ねらい打ちされていました。

Pllo-005.JPG

このレポーターは、30回くらい、お湯をかぶってました。
集中攻撃されてましたね。
もちろんカメラさんも、照明さんも。
テレビ局にも遠慮無しですよ!

Pllo-006.JPG

見物客も追いかけ回して、お湯をざぶん!
若い女性の悲鳴が!
中には頭からかぶせられる人も何人か。
自分から、かぶせてもらうひとも何人か。
もう、狂っているとしか言えません。

まさに阿鼻叫喚の無間地獄!

IMG_1484.JPG

今年は、16名の湯かけツアー参加者がいましたが、
全員が無限地獄を体験してきました
ぬれてない人はゼロです。

↓この地獄絵図をもっと読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 14:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

明日は湯かけ祭りですね

明日は湯かけ祭りですね

IMG_4728.JPG

川原湯温泉は吾妻川の渓谷にある静かな温泉です。今から800年ほど前に源頼朝によって発見されたといわれ、草津の湯治の仕上げに入浴された温泉でもあります。ただ八ッ場ダムの建設により数年後にはダムに沈むことになっています。

IMG_4812.JPG

 奇祭、裸祭りとしても有名な「湯かけ祭り」は毎年1月20日(大寒)の早朝に地元の繁栄を祈り、1年の無病息災と平穏無事を祈願して行われます。

IMG_4816.JPG

 400年ほど前、ある日、突然温泉が出なくなってしまった。村人達はたいへん困り果てていたが、ある村人が温泉の匂いをかいだところ、ニワトリの卵をゆでた臭いがしたそうです。

IMG_4839.JPG

 そこで川原湯神社に鶏を奉納しお祈りしたところ、再びお湯が噴きだした。初めは「お湯わいた、お湯わいた」と言ってみんな喜んでいましたが、そのうちに「お祝いだ、お祝いだ」と言いながら、みんなでお湯をかけるようになったというのが「湯かけ祭り」の始まりといわれています。

IMG_4889.JPG



↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 01:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

吾妻渓谷

吾妻渓谷

 吾妻渓谷は、吾妻川に架かる雁ガ沢橋から八ツ場大橋までの約3.5kmにわたる渓谷です。川原湯温泉から約1.8kmの探勝遊歩道は、ゆっくり歩いて片道40分の家族向きのハイキングコースです。懸崖や奇石、滝など変化に富んだ見どころが続き、渓谷の美しい眺めを一望できます。すばらしい景観に季節ごとの彩りを添えます。特にムラサキツツジの咲く4月中旬、新緑におおわれた5月、紅葉の美しい10月下旬から11月上旬にかけてが、渓谷探検に最高のシーズンです。

helper4.jpg

 関東の耶馬溪とも称される吾妻渓谷沿いの吾妻川崖上に源頼朝が発見したといわれる素朴な川原湯温泉は、自然につつまれた静かな温泉として昔から親しまれてきました。付近には吾妻渓谷や天然記念物である川原湯岩脈、不動の滝などがあり、露天風呂、王湯、笹湯をそれぞれ楽しみたいみのです。また、毎年1月20日早朝より400年の歴史をもつ湯かけ祭りが行なわれます。将来、八ッ場ダムの底に沈む予定です。

http://town.agatsuma.gunma.jp/hkeikok.html

hiaga.gif

よろしければブログの人気投票願をどうぞ


続きを読む
posted by マネージャー at 01:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 吾妻渓谷・川原湯温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする