2022年03月26日

息子が九歳になった

息子が、今日、九歳になった。
息子が生まれて九年もたってしまったのだ。


21-1031-10.JPG


ひとより成長が遅れていたために、いろんな専門の先生のサポートをうけながらも、今日までやってきた。
さいわいなことに、私が脳科学に夢中になっていたので、いろいろな手法で知能を伸ばすことができた。
おかげで勉強の方は、さほど苦労はしてないし、知能検査でも高い数値をだしている。
しかし、それでも、成長の遅れは隠しようがなかった。
1年生の2学期になる前までは、クラスメイトと会話もままならなかったし、いつもワンテンポ遅れていた。
ステゴザウルス系といか、鈍かった。鈍くさかった
会話能力も幼かった。
なので特殊学級である『言葉の教室』に通わなければならなかった。
つまり学力と、成長の遅さは関係なかった。
知能検査の結果と、成長の遅さにも関連性がなかったといえる。
学力も知能も、親の私が後天的に高めただけであって、それが成長の遅さをカバーすることはなかった。

しかし、親の私から見て息子の成長が劇的に改善されたと思われる切っ掛けはあった。
特殊学級である『言葉の教室』である。
息子は『言葉の教室』を楽しんでいた。
あと、教科書の音読だ。
この2つは、幼稚園の頃には無かった教科だった。
それだけに効果が高かったと思う。


IMG_1293.JPG


 あとスポーツである。軽井沢の風越体育館がやっているスポーツ教室に出席することによって劇的に成長したように思う。新型コロナウイルスで教室は閉鎖されてしまったけれど、それまでに行った運動で息子の会話力は非常にアップしたと思うし自信もついた。そして、最近になってようやく、みんなに追いつきつつある。どうやら、スポーツと音読は、子供の脳を鍛えるようである。今年は、もっとスポーツと音読をさせてみたいと思う。そろそろ『論語』あたりの音読をさせてみようかと思っている。

 ただし、失敗もあった。算数だ。息子の算数力は年々劣化しつつある。息子は1年生のときに、百マス計算を2分から3分でできていた。それが2年生になったときも10分もかかっていたので、これは拙いと思って、もう一度、百マス計算を毎日させたが、4分より早くできることはなかった。で、3年生になって、久しぶりに百マス計算をやらせてみたら、また10分もかかったので、もう一度、百マス計算を毎日させたが、こんどは4分30秒より早くできることはなかった。これはどういうことだろう? 計算力は確実に退化しつつある。ただし、難しい問題を解く力はつけている。なのにも計算力だけが退化している。なぜなんだろうか?

 文字も汚くなった。
 息子の字が綺麗だったのは、小学校1年生がピークだった。
 その後、年々、きたなくなっている。
 不思議だ。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:13| Comment(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月18日

北軽井沢は大雪です

諸事情で、ブログの更新ができなくてすいません。

話は変わりますが、北軽井沢は大雪です。今年は、よく雪が降ります。車で北軽井沢に来られる方は、スタットレスタイヤか、タイヤチェーンを必ず持参してください。チェックインは、できるだけ日没前に行うよう心がけてください。スタットレスタイヤの人も、油断してはいけません。製造から4年をすぎると、夏タイヤと変わらなくなります。製造年月日については、タイヤの中心部に書いてあります。例えば「0121」とあれば、2021年の第一週目の製造という意味です。「3318」と書いてあれば、2018年の33週目に製造という意味です。あと、雪道での運転についてのコツも申し上げておきます。

1.時速40キロ以下で走る。
2.上がり坂で安易にストップしない。
3.充分な車間距離をとる。
4.後ろが渋滞になっていたら道を譲る。
5.チェーンは、早めに装着する。
6.日没前に目的地に到着する。
7.スリップ注意の看板がでたら速度を落とす。
8.野生動物の飛び出しにも慌てない。
9.急ハンドル・急ブレーキはさける。

 以上を心がけてください。
 いつもより、余裕をもって安全をこころがけて運転してください。





つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:10| Comment(0) | スキー・雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

高所作業の詩 その1

 今から数年前に、脱サラした夫婦が北軽井沢の中古のペンションを買って宿業を始めました。そのご夫婦はとても仲の良いご夫婦なんですが、ペンションを始める前は、ご主人は飲食店業界で働いており、奥さんは出版業界という別の職種でそれぞれ働いていたそうです。本当に仲の良い夫婦なんですけれど、一緒にペンションを始めた途端に険悪になったという話を聞きました。

 これは、よくある話で、色んな所で同じような話を聞くことができます。ご主人が飲食業界で長い間、働いていると、その業界の癖というか垢のようなものが染み付いてしまうんです。というのも飲食業界は、極端な封建社会の中にあり、暴力もいじめも普通にはびこっているからです。

 令和時代はわかりませんが、昭和時代にそのような職業がわんさかありました。そういう場所は大抵女性が働いていません。ほとんど男ばかりの所が多かったような気がします。板前さんとか、築地の市場とか、そういう場所には男しかいなかったのが昭和時代の特徴です。

 そんな昭和時代に人生の大半を捧げてきた、五十代や六十代の男性たちには、業界の癖というか垢のようなものが染み付いてしまい、粗暴で攻撃的なところが身について取れなくなってしまいます。そういうところが嫌だなあと思いつつ働いていたはずなんですけれど、長年そういう場所に身を置いてしまうと本人が気が付かないところで、職人気質のようなものが染み付いてしまう。

 脱サラしてペンションとか民宿を開業する人たちには、そういう人達が多いわけです。飲食業界で働いてきた男だからこそ、ペンションや民宿をやっていけると思ってこの世界に飛び込んでくるわけですが、これが悲劇の始まりだったりします。今まで一緒に仕事をして来てないご夫婦が、老後になって一緒にペンションを始めると、急に夫婦仲が悪くなったりする。

 別々に働いている時には何でもなかったことなのに、夫婦で一緒に始めてしまうと今までの働き方の違いによって、急に仲が悪くなってしまう。ご主人の方は、飲食業界の慣習を奥さんに押し付けようとしますが、奥さんにしてみたら
『お前はいつから偉くなったんだ?』
『お前(だんな)に雇われているわけではない』
という気分ですから、夫婦仲が急に悪くなるのも無理のない話だと言えます。

 北軽井沢ブルーベリーYGHでも、オープン当初は似たようなことがありましたが、うちの宿で、それほど悪化しなかったのは、オープン2年目に別館のペンションティンカーベルを買い取って、夫婦別々に、それぞれ別の宿を営業した為に、お互いが自由に経営ができたためだと思います。

 前置きはこのくらいにして本題に入ります。





 1ヶ月近くかけて公共スペースの壁の抗ウイルス工事を完成させました。夫婦で一緒に作業をしたんですが、久しぶりに高所作業をやったものですから、私の職人気質と、嫁さんの素人作業がぶつかってしまいました。当たり前といえば当たり前なんですが、うちの嫁さんは女性なので高所作業をした経験がありません。だから高所作業の常識がないために、なんだか私から注意されます。注意されるんだけれど、言うことを聞かない。

 もちろん嫁さんが素人だというのは分かっているので、こちらは難しいことを要求しません。要求するのはたった一つで、2時間働いたら1時間休憩するというルーティンだけです。しかしうちの嫁さんときたら、結構な働き者なので、2時間働いて1時間休憩すると言うことができない。どうしても働いてしまう。しかし休憩せずに働いてしまうと事故が起きる。


 私は昔、高給がもらえるために高所作業の仕事を散々やってきましたので、その危険さを知っています。とあるガラス清掃会社で働いた時は、会社から成田山のお守りを支給されたり、生命保険に入れられたりしたので、どうしてだろうと思ったら、過去に何人も高いところから落ちて死んでいたということを聞きました。

 今だったら大変な話なんでしょうけれど、昭和時代にはそういうことがわんさかあったようなのです。東京タワーを作っているときは毎日何人も落っこちたという話を、その現場にいた生き証人から聞いたことがあります。もちろんそういう現場ですから、ものすごく高い給料をもらっていたらしく、真面目に貯金さえしていれば、六本木に一軒家を建てることができたと言っていました。





 まあそんな話はどうでもいいとして、それだけ高所作業というのは危険な職業なので、2時間働いたら30分から1時間休憩するというのが習慣になっているわけです。これお嫁さんに言うのですが、なかなか理解してもらえない。最後には、めんどくさくなって放置するようになりました。

 嫁さんにしてみたら、私の言うことがよくわからなかったんだと思います。というのも、うちの嫁さんは登山をする関係上、岩登りやロッククライミングもやります。ロッククライミングで、2時間やって1時間休むなんて聞いたことがありませんので、高所作業の常識が通用しにくかったんだと思います。ではどうして、岩登りと高所作業に、こんな差があるのでしょうか?


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング



posted by マネージャー at 10:18| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

明日から高所作業だ

 今日も一日、壁の工事である。
 昨日は、ひたすら洗剤で壁を洗う日々だったが、今日は、ひたすら養生の作業。
 そしてヒビわれた壁にパテを塗り込む作業を一日おこなった。

 明日から本格的な工事に入る。
 結局、足場は購入せずに、手持ちの脚立とスライダーで作業することにした。
 登山・ロッククライミング・高所作業(ガラス清掃)の経験が生きることになる。
 とは言うものの、しばらく高所作業はやってないので、昔のように体が動くかどうか?


   ↑
 宿屋をやる前の私の仕事です。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 23:51| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月14日

最強の洗剤・リンレイの『ウルトラオレンジクリーナー』

 さいきんは閑古鳥が鳴く毎日なので、今日から壁の工事を再開しました。で、気が付いたことは煙草のヤニが凄いこと。うちの宿は、10年前から受動喫煙禁止法によって、全館禁煙になっているのですが、にもかかわらず壁に染みついたヤニが凄かった。平成生まれの人には、信じがたいことかもしれませんが、2010年以前の日本では、どこでも煙草が吸えた。それでは、困るので喫煙スペースを作って、そこに強力な空気清浄機を3台も設置したけれど、それでも壁がヤニがしみこんでいた。こいつを綺麗にするには、普通の壁紙用製剤ではダメで、リンレイの『ウルトラオレンジクリーナー』でないと落ちない。というか、私の知る限り、これで落ちない汚れは無い。最強の洗剤なのである。





 それはともかく、最近、煙草をすう人が減りましたね。特に若い人は、ほとんど吸わないし、家族連れの御客さんで吸う人は見たことがない。まにいても、昭和生まれの祖父だったりする。煙草も税金で価格高くなっているので、お金に余裕の無い若い人にとっては、手の届かない贅沢品になっているようです。そういえば、平成生まれの若い人たちは、煙草どころか酒もたいして飲みませんね。白米を食べる量も少なくなっている。むしろ昭和世代の祖父母の方が、大量に白米を食べますね。時代もかわりました。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:26| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月13日

オープン21周年の記念品

 この連休でスキー場が持ち直したのにホッとしています。嬬恋村のスキークーポン券も好評のうちに終了しました。しかし、その嬬恋村のスキー場が束になったも敵わなかったのが、長野原町のスノーパークスキー場。オープン早々から入場制限がかかって入れなくなるほどの人気。その理由は、ファミリー層に特化したところにあるという。息子が幼稚園だったころに、このスキー場で園で雪遊びに行っているくらいです。子供が遊べる工夫がこらしてある。

 話は変わりますが、北軽井沢ブルーベリーYGHは、オープン21周年になる。それを記念して今月から御客様に記念品を渡しているのだが、多くの御客様に「そんなに年月がたってるの?」と驚かれてしまった。何度もリホームしているので、21年もたってるように見えないらしい。特に、今月に入ってから壁を新調しているというか、抗ウイルス壁に改造しているので、新築同様に見えてしまうらしい。新規でお泊まりになった御客様は、築2〜3年ぐらいの宿だと思ったらしい。

G_0004.JPG

 そんなことを言われるとオープン21周年の記念品を渡したくなくなるではないか。余計なことを言わない方がいい・・・と思ってしまうではないか。単なる「記念品」と言って渡しちゃおうかなあ・・・・。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:48| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月12日

嬬恋村のスキークーポンは終了しました

 連休最終日です。よい天気が続いて良かったですね。スキー場にも、そこそこ御客さんが入っていたと聞いてホッと一安心しました。スキー場が潰れると、困る人が続出しますから。宿屋も困るし、近隣の商店・ガソリンスタンドも困る。特に固定費のかかる大型ホテルが困る。例えばプリンスホテルを例にとると、嬬恋村・長野原町・草津町から通勤で通っている人たちが困窮する。彼らは、ホテルが用意したマイクロバスで猛吹雪の中を毎日通勤しているのだ。だから草津から毎日通える。で、草津の若い人たちに仕事があるのだ。

 草津温泉と言えば、大観光地である。
 嬬恋村なんか吹けば飛ぶような大観光地。
 大型ホテルも林立している。
 しかし、その草津でさえ、若い人たちの仕事が無くて万座温泉まで働きに来るという現実がある。

 群馬愛郷キャンペーンが始まったとき、草津温泉に泊まりに行こうかとも考えたが、考え直して嬬恋村の宿に泊まりまくった。嬬恋村の大型ホテルに泊まって金を落とすことにした。プリンス系列にも、他の万座温泉のホテルにも泊まった。10泊以上泊まって、そこから息子を小学校に送り迎えした。とにかく金を落としまくった。同じ事をかんがえている宿屋も多く、うちにもグリーンプラザホテルの人たちが平日に泊まりに来た。にもかかわらず予算はあまりまくっていたようだった。新型コロナウイルスを恐れてか泊まり客は少なかった。どこも苦戦していた。そして外国人スタッフの解雇を行っていた。





 それはともかく、連泊で泊まるとスタッフの皆さんと仲良くなる。特に客室掃除の人たちと仲良くなり、世間話に花が咲く。草津の実情・長野原町の実情・遠方から出稼ぎに来た人たちの実情・いろいろと事情に詳しくなる。中には悲しい話も合って、そのだいぶぶんは、ここに書けないことばかりなのだが、公表できることもあるので、何年かたって、ほとぼりがさめた頃に、こっそり書いてみたいと思う。とりあえず、泊まったホテルには全て5つ星をつけておきました。

 ちなみに嬬恋村のスキークーポンは、この連休をもって終了です。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:01| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

どんな除雪機が良いのか?

 7年ぶりの豪雪になるかと思われた北軽井沢の天気ですが、15p前後の積雪でおさまりそうです。ホッとしました。明日・明後日は快晴になるみたいですから、ウインタースポーツをしに来られる御客さんにとっては、良いコンでションになりそうです。胸をなでおろしています。明日は早朝から除雪機で雪かきです。

 うちには、除雪機が2台あります。以前は、4台ありましたが、1台は数年でスクラップになりました。ハイガーです。こいつは、絶対に買ってはダメな奴です。電動除雪機もダメ。金をドブに捨てるようなものです。

 買うならホンダかヤマハのエンジン式でしょう。理由は簡単で、自分でメンテができるからです。ホンダ・ヤマハの除雪機は故障が少なく壊れない上に、大量に販売されている関係で、修理方法とメンテの方法が、インターネットで大量にアップされているからです。YouTubeで、詳しく解説してある動画がいっぱいあります。だから機械音痴の私でも簡単に修理できるし、オイル交換もできる。それが嫌ならコメリで買うといい。コメリなら軽トラを無料で貸してくれるし、契約修理工場から取りに来てくれたりする。

 私は、地元の農機具屋さんから買いました。そこで何年かに一度、オーバーフォールしてもらっていますが、キャブレターに入っているガソリンさえ小まめに抜いていれば、壊れることはありません。とにかくホンダ・ヤマハの除雪機は壊れにくい。キャブレターさえ気を付けていれば、まず壊れない。





 ただし、長年使っていると塗装がはげてきて、雪が飛ばなくなる。そういう場合はシリコンの離雪スプレーを噴霧すると、驚くように雪が飛ぶようになります。シリコンスプレーを使ったことがある人なら、御存知だと思いますが、あれは凶器そのものでか。床にシリコンスプレーを噴霧すると、床がスケートリンクのようになって、ツルンつるん滑ります。なので、雪かきにはシリコンスプレー(離雪スプレー)が欠かせません。除雪機も、スコップも、ママさんダンプも、シリコンスプレー(離雪スプレー)で、驚くほど性能がアップします。

 ちなみにブルドーザー式の小型除雪機も持っていますが、これも中々便利です。
 細かい作業に大活躍します。



 トンガの噴火で、来年以降、地球は確実に寒冷化に向かうでしょうから、雪国の人は、それも想定した準備をしてもいいかもしれません。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:56| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月09日

チェーン・スタットレスタイヤの御用意は、大丈夫ですか?

 壁の抗ウイルス化の作業が、半分ほど終わったところです。これから片付けて、明日からは連休の準備を開始します。のこりの壁は連休後にかたづける予定です。気になるのは、連休中の天気と雪です。北軽井沢にノーマルタイヤは自殺行為なのでチェーンを持参しましょう。スタットレスタイヤの人も、油断してはいけません。製造から4年をすぎると、夏タイヤと変わらなくなります。製造年月日については、タイヤの中心部に書いてあります。例えば「0121」とあれば、2021年の第一週目の製造という意味です。「3318」と書いてあれば、2018年の33週目に製造という意味です。あと、雪道での運転についてのコツも申し上げておきます。

1.時速40キロ以下で走る。
2.上がり坂で安易にストップしない。
3.充分な車間距離をとる。
4.後ろが渋滞になっていたら道を譲る。
5.チェーンは、早めに装着する。
6.日没前に目的地に到着する。
7.スリップ注意の看板がでたら速度を落とす。
8.野生動物の飛び出しにも慌てない。
9.急ハンドル・急ブレーキはさける。

 以上を心がけてください。
 いつもより、余裕をもって安全をこころがけて運転してください。





 また、北軽井沢から軽井沢方面に車で出かけられる方は、峰の茶屋の信号に注意してください。詳しい場所をいえば、国道146号線と、白糸の滝・有料道路との交差点にあたるところです。小浅間山登山道のある四差路の信号の所です。そこが峰の茶屋の信号になります。この信号は、軽井沢方面から北軽井沢に来る場合、何の問題もないのですが、北軽井沢から軽井沢に向かう場合は、酷い難所になります。

 上がり坂だからです。

 上がり坂の信号で、いったん停車してしまうと、二輪駆動の車は、スタットレスタイヤでもスリップして上がれなくなります。路面が凍結しているからです。こういう場合は、人が押してもダメです。なので、「信号が赤になりそうだな」と思ったら、だいぶ手前(できれば坂でない場所)で路肩に停車して、信号が青になるのを待つのが無難です。

 ただ、急に赤になってしまう場合もあります。その場合は、できるだけ止まらずに信号を越えた方がよいと思います。というのも、赤になっても数秒間は右折はOKなので、数秒間なら衝突の危険性は少ないです。このへんはケースバイケースなので各自で判断してください。

 ただし、地元民は四輪駆動車に乗っているので、自分の前に、地元民の四輪駆動車がいて、その車が、信号が赤で急に止まることがあります。その場合は、車間距離をあけて、やや斜めに止めると良いかと思います。そうすれば、坂の角度がゆるやかなので発進しやすいし、場合によってはUターンできます。

 また、車間距離さえあけて路肩に止めておけば、チェーンを装着できます。そこでチェーンを装着すれば、スリップせずに登れます。とにかく坂道の路面が凍結している場合、二輪駆動車はストップしないことです。ストップすると、スリップして登れなくなる可能性があります。軽井沢から北軽井沢にくる場合、峰の茶屋の信号は、下り坂になっているので、この心配はありません。ただ、それでも不用意で上がり坂で止まってしまうと、スリップして登れなくなる可能性があります。だから、できるだけ上がり坂で止まらないことです。どんなに美しい雪景色があっても、二輪駆動の車を運転しているときは、止まらないことです。いったん止まってしまうと、チェーンをつけないと動けなくなってしまいます。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 23:38| Comment(0) | スキー・雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月08日

再びボイラーについて

 再びボイラーについて語ってみたい。ボイラーには、貯湯式と直圧式の2種類ある。どの宿も、最初は貯湯式ボイラーを入れていたと思う。私のところも貯湯式のボイラーで、加熱ボイラーという会社のボイラーを入れていたが、貯湯式のボイラーは水圧が弱い。シャワーの水が弱いのである。おまけに配管がさびやすい。60〜80度という高温熱水を出せるので、便利と言えば便利なのだが、この高熱によって配管が錆びやすく、赤水がでるようになる。おまけに四六時中、タンクにお湯を温めておくので、灯油代がかかりすぎるという欠点があった。

 そして、一番の問題は、故障した場合の修理費が高額であり、新品を買うときの価格も高いのである。最低でも50万円するし、私が最初に使っていたボイラーは、100万円もしていた。で、こいつが、もし故障した場合は、設置工事に数週間かかってしまう。その間、営業ができなくなる可能性があるが、それでは困るのだ。

 で、補助ボイラーとして、直圧式ボイラーをサブでいれた。定価20万円のものが、楽天市場で5万円で売っていたので、それをネットで購入して、地元の水道業者にとりつけてもらった。取り付け費用は、3万円ぐらいだったと思う。そして、貯湯式と直圧式の2つのボイラーを使ってみたら、直圧式の方が圧倒的に便利だった。リモコンで台所で制御できるのがよかった。唯一の欠点は、48度以上の温度が出せないので、業務用食洗機が使えなくなることと、小型であるために、4ヶ所で同時お湯を使うと水圧が弱くなることだった。同時にお湯を使うのは、3ヶ所が限度だった。

 うちは客室が7つあるので、ボイラーは2台必用だと痛感し、万が一故障したときのために予備に2台。合計4台のボイラーを設置した。4台で20万。工事費含めて32万くらいであるが、これでも貯湯式の大型ボイラーを買うより、7割くらい安いし、万が一故障した場合のバックアップがあるから精神衛生にいい。

 深夜電力でお湯を沸かすタイプのエコキュートも考えたが、貯湯式というシステムが気に入らない。水道管が錆びるし、こういう機器は、寿命が短いので、1台40万もする製品は買いたくない。5万円の小型直圧式ボイラーを4台揃えた方が安くて安心である。おまけに寿命も長くて壊れにくい。その4台を厨房で集中管理できるのは非常に便利である。





 で、どこのメーカーさんのボイラーにするかであるが、複数の設備さんに聞いてみたら、どこの設備屋さんもノーリツの製品が壊れにくいとのことだった。コロナ・リンナイよりも、初期不良が少ないうえに、修理・保守の時にメーカーさんが即座に来てくれるという話だった。これは本当だった。10年以上無故障だったし、故障したときも、わりと早い時間で修理にきてくれている。まあ、たまたま、だったのかもしれませんけれどね。そういうわけで、うちの宿はノーリツの直圧式ボイラーが4台うごいています。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 23:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする